freee 公式ブログ | クラウド会計ソフト freee (フリー)

[リリースノート]新機能のお知らせ 2015年7月23日

いつもご利用いただき、ありがとうございます。
クラウド会計ソフトfreee(フリー)嶋田まゆみです。

関東も梅雨明けをし、日差しが強くなってきましたね。

先日の3連休を利用して、群馬県にあるたんばらラベンダーパークに行ってきました。高原ならではの涼しい風と、爽やかな初夏の香りを楽しむことができました。8月下旬までがシーズンとのことです。

さて、今週も新機能をご紹介してまいります。


AndroidアプリがOCRに対応

Androidアプリで、ファイルボックスからの取引登録と、OCR(画像解析しテキストデータを自動登録する機能)に対応しました。

領収書を受け取ったら、freeeのファイルボックスに登録しましょう。スマートフォンのカメラで撮影するだけで、freeeに領収書データを取り込むことができます。また、OCR機能により、領収書に書いてある内容を自動登録。ボタン1クリックで会計データとして登録ができます。

*記載されている内容は、iOSアプリでも行うことができます。

このアップデートによりできるようになったこと

  • ファイルボックスから取引を作成できるようになりました。
  • OCRによる推測に対応しました。

 

タイムライン機能リリース

freeeに、新しくタイムライン機能がリリースされ、オンラインサービスをfreeeに同期をしている場合に、明細の残高とfreeeの残高のズレが簡単に分かるようになりました。タイムラインに!マークがある場合は、登録内容に誤りがあるか、未登録の情報がありますので、修正をしていきましょう。

TKC形式での仕訳帳エクスポートに対応

「現在使っているソフトと比較したい」というニーズにお応えし、エクスポート機能を強化しています。このたび、TKC形式での仕訳帳エクスポートに対応しました。freeeからエクスポートしたCSVファイルを、そのままTKCシリーズにインポートすることができます。


お困りの際はいつでもfreeeサポートデスクへ

freee は、皆様の声をもとに、日々進化を続けております。新機能に関してご不明な点がございましたら、freeeサポートデスクまでお知らせ下さい。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

クラウド会計ソフトfreee(フリー)
嶋田 まゆみ