確定申告の基礎知識

高額賞金を獲得した人は要注意!懸賞賞金の確定申告について

57_アイキャッチ

当選したときの夢が広がる懸賞。当選すると飛び上がるほど嬉しいものですが、懸賞にかかる税金は一定のルールがあり、金額や立場によっては課税対象となって申告しなくてはいけないものもあります。当たって喜んでいたら、申告漏れを指摘されることも…。そうならないために、懸賞の確定申告についてご紹介しましょう。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

いくらまでの懸賞金であれば確定申告は不要か

懸賞金は、「一時所得」という扱いになります。一時所得とは、営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得かつ労務や役務の対価としての性質や資産の譲渡による対価としての性質を有しない一時的な所得のことで、懸賞や福引きの賞金品や、競馬や競輪の払戻金がこれに該当します。確定申告が必要かどうかは、下記で計算可能です。

(当選金額-必要経費-50万円)×0.5=課税所得

たとえばネットで懸賞に応募(必要経費は0円)した人が、30万円当選したとしましょう。

(30(当選金額)-0(必要経費)-50万円)×0.5=0円

以上のことから、課税されないことがわかりました。また、給与所得を一か所から受けていて、給与所得および退職所得以外の各種所得が20万円以下であれば、確定申告は必要ないという規定もあります。

「一時所得」には50万円の特別控除が認められる

上記の数式で、50万円が引かれていることに疑問を感じた方も多いでしょう。一時所得は50万円までの特別控除が認められています。つまり懸賞金が50万円までであれば、申告しなくても良いということになります(所得税法第34条第3項)。それを超える場合は、上記の数式に則って申告が必要です。

ただし、50万円以上の賞金でも、宝くじとスポーツ振興くじ「toto」は、「非課税所得」の扱いになります。これらに当選した場合は、金額の多寡に関わらず非課税です。しかしそれによってマイホームや自動車など高額なものを購入すると、税務署から問い合わせが来る場合があるので、当選の際に「当選証明書」を発行してもらっておくと安心です。

支出した金額(必要経費)

前述のインターネットから応募した懸賞の場合、必要経費を0円としましたが、安くはない金額がかかっているケースは申告した方が良いでしょう。たとえばハガキ代、切手代、ボールペン代があれば、それらの領収書をとっておけば必要経費として申告することができます。

そのほかにも馬券などを買った金額も該当しますが、外れたものに関しては計上できないので注意してください。たとえば競馬で12万円の馬券を買い、10万円分の馬券によって、100万円が当たったとしましょう。使うのは最初に出てきた数式と同じです。

(100万円(当選金額)-10万円(必要経費)-50万円(特別控除))×0.5=20万円

以上の計算から20万円が課税対象になります。12万円で馬券を購入していますが、2万円ははずれた分なので計算しません。賞金に当選することは頻繁にないので、この式はあまり使わないかも知れませんが、一度覚えてしまえばとてもシンプルです。

総合課税とは

これまでお話してきた「一時所得」は、ほかからの収入と合算して「総所得」として課税されます。このことを「総合課税」と言います。もし上記の馬券を当てた人がほかから給与をもらっていない専業主婦だった場合、上記の課税対象の20万円から38万円の基礎控除が受けられるので、結果的に課税額がなくなり、申告の必要はありません。

また、本来であれば確定申告をする必要がない給与所得者も、給与所得や退職金以外の所得が20万円を超えると確定申告が必要になります(所得税法第121条第1項第1号)。つまり懸賞金額から、特別控除の50万円と必要経費を引いた金額が20万円を超えた場合には、確定申告の必要があるのです。上記の馬券を当てた人が、サラリーマンなのであれば、確定申告をしなくてはならないということになりますね。

賞品の収入金額の評価

現金ではなく、商品が当たった場合はどのように計算するのでしょうか?自動車のような高額なものから、お米や特産品などの少額なものまでさまざまですが、主に3つに分けることができます。

(1)現金や商品券の場合
現金はそのままの金額、商品券はその額面の金額になります。

(2)自動車やお米、特産品など一般的な商品の場合
通常の小売販売価格(現金正価)の60%の金額になります。

(3)宝石や貴金属の場合
受け取った日に第三者に売却すると仮定し、そのときの処分見込み額=商品の金額になります。

たとえば1万円分のハガキで応募して、現金正価300万円の車が当選したとすると、課税対象の金額はこのようになります。

(300万円(現金正価)×0.6-1万円(必要経費)-50万円(特別控除))×0.5=64.5万円

まとめ

懸賞金が当たるとあまりの嬉しさに「何に使おう?」ということばかりが思い浮かびがちですが、その前に一度、課税対象の金額を計算してみましょう。こういうラッキーなことが起きたときほど、冷静でいたいものですね。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識