確定申告の基礎知識

税理士に確定申告などを依頼した場合、費用相場はどのくらい?

アイキャッチ

税理士に月々の仕訳や帳簿作成、確定申告などの経理業務を依頼する場合、どのくらいの費用がかかるものなのでしょうか。依頼する業務別に、いくつかのケースを例に挙げながら、一般的な費用相場を紹介していきます。さらに、税理士に任せることによるメリットにも触れていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

ケース別に見る!税理士に依頼した場合の費用相場

所税理士にどこまでの業務を依頼するかによって、必要な費用は異なります。税理士事務所によっても料金体系はまちまちですが、顧問契約に基づく顧問料と、決算・確定申告にかかる費用は別建てとなっているのが一般的です。

税理士と顧問契約を締結する場合、その訪問頻度と売上高等によって設定料金は異なり、個人事業主であれば、月々の顧問料は2万円から3万円が相場となっています。

なお、売上が増えるとともにおのずと発生する取引数および仕訳が多くなるため、年間の売上高規模によって明確に顧問料を分けている税理士事務所もあるようです。

例えば、年間売上が1,000万円未満であれば、月々の顧問料は2.5万円とし、売上が3,000万円まで上がれば顧問料も3.5万円となるケースもあります。

一方、決算および確定申告に関する業務を税理士に依頼した場合、必要な費用は、だいたい月々の顧問料の4ヶ月から6ヶ月分程度が目安となります。金額にして、だいたい10万円から15万円程度です。

月々の仕訳の作成や記帳代行を依頼するのであれば、さらに月々5,000円から1万円程度必要となる場合もあります。なお、税理士事務所によっては、顧問契約をしていない企業からは年度決算や確定申告の代行手続きの依頼は受けないところもあるようです。

税理士に任せるべき?判断基準のポイントとは

第一に、自社において、顧問や決算・確定申告などを税理士に依頼するかどうかは、まず予算との兼ね合いを考える必要があります。安く見積もったとしても、顧問料として年間で約30万円、決算と確定申告で約10万円、合計で年間40万円が必要です。

さらに、月々の仕訳作成や給与処理なども税理士に任せ、本業のビジネスに集中したければ、追加で6万円から12万円程度の年間予算も考えておかなければなりません。

税理士に支払う費用は経費処理できるため、相応の節税メリットは得られるものの、年間40万円から50万円を支払う余裕があるかどうか、慎重に見極めましょう。

第二に、事業全体において、月々の仕訳数が多いかどうかという点から判断していくことも大切です。自社内で難なく仕訳作成業務がこなしていけるのであれば、税理士に顧問や仕訳作成を依頼する必要はないといえます。

また、会計ソフトを上手に使いこなすことができれば、ある程度の経理処理時間の短縮も可能です。そのような場合には、確定申告で漏れや間違いがないようにするために、決算と確定申告書類の作成業務だけを税理士に依頼するという選択肢もあります。

信頼できる税理士に依頼することで期待できるメリット

税理士に顧問や決算などの各種業務を依頼することにより、経理処理にかかる稼働時間の削減以外にも、メリットが期待できる場合があります。

例えば、税理士にしか気づきえない仕訳処理の間違いを早めに修正できることにより、将来の追徴課税を免れるケースが考えられます。

さらに、毎月や半年ごと、あるいは四半期ごとに、税務上のアドバイスをもらうことで、支払うべき税金を最小限に抑えることができる場合もあります。

的確なアドバイスをしてくれる税理士に顧問をお願いすることにより、税務対策も万全にして、安心してビジネスに取り組むことができるでしょう。

負担しなければならない税理士費用と期待できる効果を比較しながら、自社に合った税理士との付き合い方を考えていくことが大切です。

信頼できる税理士を探す方法と見分け方

税理士を探すには、地元で評判の良い税理士事務所に直接問い合わせる以外に、事業所周辺にエリアを絞り、インターネット検索をかける方法があります。

明確な料金体系を提示しているかどうか、顧問をお願いした場合にどの程度のアドバイスをもらえるのか、確認するところからはじめてみましょう。過去の実績なども見て、自社が属するビジネス業界に強い税理士事務所かどうか、判断する方法もあります。

基本契約料は比較的安価であっても、細かくオプションメニューが設定されていて、結果として月々の税理士費用が予想外の高額になってしまうケースがあります。

事前に何をどの程度まで税理士に依頼したいのか、自身ではっきりと線引きした上で、税理士事務所が提示するそれぞれの金額と内容を比較することが重要となります。

できるだけ税理士費用を抑えたいのであれば、決算と確定申告のみを依頼できる事務所に絞って探すのもおすすめです。

まとめ

自社の経営方針を理解した上で、正確かつ分かりやすい税務アドバイスがもらえる税理士を見つけ、本業にますます集中できる環境を整えてみませんか。事業の拡大を考えているのであれば、適正な価格で顧問が依頼できる税理士の存在は重要となってきます。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識