確定申告の基礎知識

サラリーマンが転職・退職したら「確定申告」は必要?

サラリーマンでも年の途中で転職した場合や、退職して就職活動をしている場合は確定申告が必要になることがあります。
ここでは、サラリーマンが確定申告をしなければいけないケースや、還付申告をすることで税金が戻ってくるケースなどについてご紹介します。

スクリーンショット 0028-11-22 午前11.18.34
楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

サラリーマンの所得税の精算は「年末調整」で実施

所得税は、1月1日~12月31日までの収入を対象に計算されます。
しかし、サラリーマンの場合は源泉徴収制度により、毎月の給与支払い時に、まえもって仮の所得税を納めています。それを精算する手続きが「年末調整」と「確定申告」です。
12月31日の時点でサラリーマンの場合、税金の計算は原則会社の年末調整で済むため、個人で確定申告をする必要はありません。一般的には、12月分の給与明細といっしょに年末調整の結果を記した源泉徴収票が渡されます。
毎月のお給料から源泉徴収されている所得税額の合計が、計算した1年分の所得税の金額より多すぎれば還付されます。12月分のお給料が他の月よりちょっとだけ増えていることが多いのは、給料が増えたわけではなく、払いすぎた所得税が還付されたためです。

サラリーマンが「確定申告」をしたほうがいい場合

サラリーマンが退職・転職をした場合、所得税の還付を受けるには自身で確定申告をする必要があります。

年末調整を受けていない場合

会社を辞めて、その年の12月31日の時点で求職中の場合、年末調整がないため確定申告を行います。ほとんどの場合、税金が戻ってきます。

転職先で年末調整したが、前職の源泉徴収票を提出しなかった場合

退職をして、その年の12月31日までに転職し、新しい会社で年末調整をしたものの、何らかの理由で前職の源泉徴収票を提出しなかった場合に、確定申告をすると所得税が還付されることがあります。

原則として、その年にまえの会社から受け取った給与が20万円以下であれば確定申告の必要はありませんが、20万円を超えている場合は確定申告をします。
転職後の会社から受け取った源泉徴収票の「支払金額」の欄を見て、まえの会社の分が入っていなかったら確定申告をしましょう。まえの会社から源泉徴収票を受け取っていないという方は、連絡をして発行してもらいます。なお、確定申告で源泉徴収票を提出する際は、原票が必要となります。

退職時に「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかった場合

退職の際に「退職所得の受給に関する申告書」の書類を会社に提出しないと、税金が非常に高くなります。もし提出せずに退職した場合、確定申告で還付を受けられます。

確定申告をしたほうが得になるケースは?

退職をして、その年の12月31日までにどこの会社にも所属していない場合、ほとんどの方が確定申告(還付申告)をすることで、払いすぎた税金の還付を受けられます。

所得税の計算をする際は、生命保険料控除の適用を受けることができます。サラリーマンであれば年末調整でこれらの控除の計算をしてもらえますが、退職した場合は自分で確定申告をしないと適用されません。控除対象となる生命保険や医療保険などに加入している方は、忘れずに確定申告をしましょう。

また、退職後に国民年金や国民健康保険の保険料を支払った場合は、社会保険料控除の対象になります。国民年金は控除証明書の添付が必要になりますので、準備をしておきましょう。

退職金をもらった場合は確定申告で得することも!

退職金を受け取った場合、確定申告で税金が戻ってくることがあります。退職金の金額が多いほど戻ってくる金額も多くなりますので、しっかりチェックしましょう。

「退職所得の受給に関する申告書」を提出

退職する際、会社に「退職所得の受給に関する申告書」を提出している場合は、所得税と住民税を正確に計算して源泉徴収してもらうことができます。退職所得の受給に関する申告書を提出せずに退職金を受け取った場合、退職金の額の20.42%(復興特別所得税を含む)の額が一律で源泉徴収されてしまいます。

退職金は、長年その会社に貢献した結果として受け取るものなので、税金はそれほどかからないしくみになっています。確定申告をして払いすぎた税金の還付を受けましょう。

退職金に対する所得税の計算方法

退職金の場合、本来は退職金から退職所得控除額を引いて2分の1を掛けた退職所得に対して所得税が課税されます。退職金が500万円、勤続年数が10年の場合を例にとって所得税の計算をしてみましょう。

・「退職所得の受給に関する申告書」を提出していない場合の所得税
 500万円×20.42%=102万1,000円

・「退職所得の受給に関する申告書」を提出している場合の所得税
 税金がかかる元である退職所得は次の計算式で算出します。

 退職所得=退職金の額-退職所得控除額÷2

 退職所得控除額は、以下の計算で算出します。勤続20年以下は1年ごとに40万円、勤続年数が20年を超えた場合は下記の計算で算出できます。

<退職所得控除額の計算>

勤続年数 退職所得控除額
20年以下 40万円×勤続年数
20年超 800万円+70万円×(勤続年数-20年)

注1:勤続年数に1年未満の端数があるときは、たとえ1日でも1年として計算します。
注2:上記の算式によって計算した金額が80万円未満の場合は、退職所得控除額は80万円になります。
注3:障害者となったことに直接基因して退職した場合は、上記により計算した金額に、100万円を加算した金額が退職所得控除額です。

退職金に対する所得税は下記の表で算出できます。
通常の給与やボーナスとは税率や控除額が異なります。

<平成29年分所得税額の税額表>
退職金に対する所得税額=A×B-C

A 課税退職所得金額 B 税率 C 控除額
1,000円から194万9,000円まで 5% 0円
195万円から329万9,000円まで 10% 97,500円
330万円から694万9,000円まで 20% 42万7,500円
695万円から899万9,000円まで 23% 63万6,000円
9,00万円から1,799万9,000円まで 33% 153万6,000円
1,800万円から3,999万9,000円まで 40% 279万6,000円
4,000万円以上 45% 479万6,000円

※ここで算出した所得税額については、端数処理は行いません。

参考:退職金と税|税について調べる|国税庁

勤続10年で退職金額500万円にかかる所得税額を計算してみます。
退職所得控除額:40万円×10年=400万円
退職所得:(500万円-400万円)÷2=50万円
所得税の額:50万円×5%=25,000円

このように、本来ならば25,000円の所得税のはずが、「退職所得の受給に関する申告書」を提出しなかった場合、102万1,000円も源泉徴収されていることになり、確定申告をすることで99万6,000円もの所得税が還付されます。

「退職所得の受給に関する申告書」を提出しても、確定申告で得する?

「退職所得の受給に関する申告書」を提出していれば所得税は正確に計算されていますが、それでも確定申告をすれば得になるケースもあります。

年の途中で退職をした場合、その年の収入が非常に少ないということがあります。所得税を計算する際は、給与所得から配偶者控除や扶養控除、基礎控除、生命保険料控除や地震保険料控除、社会保険料控除などを所得控除として差し引くことができます。給与所得の額が少なくて所得控除が引ききれなかった場合、余った分の金額を退職所得から差し引くことができます。

この場合も確定申告をすることで所得税の還付を受けることができますので、忘れずにチェックしてください。

まとめ

サラリーマンであっても転職・退職をした場合、確定申告をしなければならないケースや、確定申告をすることで所得税が還付されるケースがあります。転職・退職をした方はしっかり確認しましょう。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識