確定申告の基礎知識

所得と給料の違いから所得税の計算方法までざざっと説明します

給与明細に書いてある「所得」という金額。
毎月見ている数字だけれど、ちゃんと理解できていない人も実は多いと思います。

実際に銀行口座に振り込まれている金額とはだいぶちがうけど、これは一体何だ?税金がいろいろ引かれているのか?と疑問に感じている方もおられるかもしれません。

給与明細にある「所得」というのは収入(額面金額)から経費を差し引きした金額のことをいいます。
フリーランスの方の場合は実際に使った経費をそのまま経費として計算しますが、サラリーマンの方の場合の経費は法律で自動的に決まっている金額を差し引きします。(こちらを給与所得控除といいます)

今回は、所得と給料の違いについて解説しますね。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

給与所得とは

給与所得とは、会社員の方が勤務先から受け取ったお給料による所得のことを言います。所得税の金額はこの給与所得の金額に基づいて計算します。
給与所得を計算するための式は以下のようになっています。
給与の金額 ー「給与所得控除」=給与所得
ここで、「給与所得控除」というのは、法律で決まっている必要経費の金額です。
個人事業主の方の「事業所得」の場合には、売上から実際に支出した経費の金額を差引き算をして所得を計算しますが、 給与所得の場合にはこの経費の金額があらかじめ法律によって決められているというわけです。

ちなみに給与所得控除の金額は受け取る給与の金額によって決まります。気になるところがあればさくっとお読み下さい。

(1)給与の金額が180万円以下
給与所得控除=収入額×40%(65万円未満の場合は65万円)

(2)給与の金額が180万円〜360万円
給与所得控除=収入額×30%+18万円

(3)給与の金額が360万円〜660万円
給与所得控除=収入額×20%+54万円

(4)給与の金額が660万円〜1000万円
給与所得控除=収入額×10%+120万円

(5)給与の金額が1000万円〜1200万円
給与所得控除=収入額×5%+170万円

(6)給与の金額が1200万円以上
給与所得控除=230万円

例えば、給与の金額が500万円の方は上記の(3)に該当しますので、給与所得の金額は以下のように346万円と計算できます。
給与所得=給与の金額ー給与所得控除
給与の金額=500万円
給与所得控除=500万円×20%+54万円=154万円
給与所得=500万円ー154万円=346万円

給与所得に対する所得税の計算の仕方

ひとまず上記の計算から「給与所得」の金額を計算できます。
それに対して、所得控除を引き算してその後の金額に一定のパーセントをかけると所得税の金額が計算できます。

このことを計算式にすると以下のようになります。
(給与所得ー所得控除)×所得税率=所得税の金額

ここで「所得控除」というのは、年間で支払いをした社会保険料の金額や、生命保険料の金額から計算した一定の金額のことをいい、具体的には以下のようなものがあります。

社会保険料控除
あなたが実際に支払った健康保険料や厚生年金の保険料の金額が、社会保険料控除の金額となります。

生命保険料控除
実際に支払った生命保険料の金額から最大12万円の控除を受けることができます。

地震保険料控除
実際に支払った地震保険の保険料の金額から、最大5万円の控除を受けることができます。

配偶者控除や扶養控除
配偶者がいる人は38万円、扶養している家族がいる場合には1人あたり38万円の控除を受けることができます。
なお、平成23年以降は児童手当をもらっているために16歳未満の人の扶養控除は廃止されています。

所得控除を認めてもらうために必要な書類

所得控除を認めてもらうためには、毎年保険会社から送られてくる「控除証明」を年末調整をしてもらう勤務先に提出しなくてはなりません。
配偶者控除や扶養控除を認めてもらうためには、勤務先に対して「扶養控除等申告書」を提出しましょう。(通常は年始に提出を求められます)
その年中に家族に異動が生じたときにはそのつど扶養控除申告書を提出する必要があります。

まとめ

以上、所得と給料の意味の違いについて説明しました。
給与所得の金額は実際に受け取った給料の金額から、給与所得控除という必要経費の金額を差し引きして計算します。 (給与額ー給与所得控除=給与所得)
給与所得の金額は所得税の金額がいくらになるかを決定する重要な金額ですので、計算の仕方について理解しましょう。

また、やっぱり難しいや。と思われた方はひとまず、所得控除の対象になる保険等の控除証明書をしっかりと保管して頂き、年末調整時に忘れずに会社に提出しましょう!

_doi5591_torimi

執筆: 田本 啓(税理士)

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理方法や手続きの作業は我々プロにお任せ下さい。 領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識