確定申告の基礎知識

確定申告の基本 これって必要経費として処理していいの?その2

フリーランスとして独立する場合、経費として処理できるものとできないものを理解しておくことが大切です。
経費として処理できないものを経費算入してしまうと、後になって税務署から確定申告の修正を求められることもありますし、その場合には税金を追加で徴収されてしまうケースもあります。
また、本来は経費として処理できるものを見逃してしまうと、予想外の税金の負担の大きさに資金繰りが圧迫されてしまうということも考えられます。(住民税や健康保険は翌年に納税となりますので稼いだ分のお金をとっておかないと大変なことになります)
ここではフリーランスの方が気をつけておくべき経費の範囲について具体的な項目ごとに解説します。

freelanc

どんな支払が経費として認められる?その2

旅費交通費
事業主の方や、従業員の人が仕事のために交通機関や自動車を利用した場合の支出は「旅費交通費」として経費処理することができます。
問題となるのはどこまでが「仕事のために」支払ったお金であるということができるか?です。
ここでは単純に「その支出をすることで会社の売り上げに貢献する可能性があるか」を基準に考えましょう。
会計のルールでは、基本的には事業の経費として認めることができるかどうかは「それに対応していると言える売上があるか」をもとに考えます。
例えば遠方のお客さんに商品を届けるためにトラックで移動したというのであればそのガソリン代や高速道路代は経費として処理して大丈夫です。
一方で、事業主の人が隣町に住む友人と会食するために電車に乗ったという場合の電車賃は経費とはできません。
もちろん、その友人に仕事の紹介をしてもらえる可能性があるというケースであれば旅費交通費として経費処理しても問題ないということになります。

家賃や水道光熱費
フリーランスの方の場合、自宅を事務所として仕事をしている方も大勢いらっしゃいますよね。
賃貸で借りている自宅の家賃や、水道光熱費を経費として処理するときには、支払った全額を経費として処理することはできません。(経費として処理できるのは「仕事として使っている」と言える場合のみです)
従って、自宅の家賃や水道光熱費に関しては支払い総額のうち仕事利用分を計算して経費として申告することとなります。
生活のスペースと仕事のスペースを厳密に分けているという方の場合であれば、住宅全体のうち仕事のために使っているスペースの面積の割合で按分(あんぶん)して経費処理するというケースもあります。
たとえば広さ60平米の自宅スペースの3分の2をしめる部屋を仕事のスペースとして利用しているという場合であれば、支払い家賃×3分の2の金額を経費として処理するといった具合です。

経費にできないもの

経費として処理することができない支払いとしては以下のようなものがあります。

社会保険料の支払い
国民年金や国民健康保険料のような社会保険料の支払いは、経費として処理することができません。
 (経費としては処理出来ませんが、扶養控除などと同じ所得から差し引く対象です。)

所得税や住民税の支払い
所得税や住民税などの支払いも経費として処理することはできません。
これらは売上 – 経費で計算される所得の金額から計算されるものであるためです。
ただし、税金のすべてが経費として処理できないというわけではなく、事業に関して購入した収入印紙や、固定資産税の支払いなどは「租税公課」として経費として処理することができます。

まとめ

以上、フリーランスの方が理解しておくべき経費の範囲について解説させていただきました。
経費の処理は税金の負担額に直接的に影響しますので、経費として処理できるものがないかどうかチェックしておくようにしましょう。
逆に、本来経費として処理するべきではない支出を事業の経費として処理してしまうことは税務調査時に修正を指示されるリスクを高めてしまいます。
修正申告と追徴課税の指摘をうけると思わぬ事務作業の負担と資金繰りの悪化を招くことにもなりかねません。
本文で解説させていただきました通り、個人事業の経費の範囲は「支出に対応する収入があるかどうか」で判断すれば大きなミスになることは少ないです。
また、友人関係など説明が難しい支払いについては第三者に説明できるよう根拠資料を残しておく事が大事です。
該当する支出について家事支出として行なっている割合がないかどうかも常にチェックしておくようにしましょう。家事費が混在するような支払いについては、100%経費として処理せず数%除外するなどの処理をあえて行うのも一つの方法です。

_doi5591_torimi

執筆: 田本 啓(税理士)

個人事業主の皆様、確定申告で大切な時間を割いていないでしょうか?業務に専念するお時間を割かないためにも、確定申告の処理方法や手続きの作業は我々プロにお任せ下さい。 領収書など経費がわかる書類やメモを頂ければ、様々な節税対策をご提案いたします。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識