確定申告の基礎知識

定年退職したら確定申告は必要?確定申告が必要なケースとは

定年退職後の確定申告

定年退職後、確定申告が必要か考えたことはありますか?確定申告をすることで還付金がもらえるなど、メリットのあるケースもあります。
今回は、定年退職後に確定申告が必要なケースについて、理解を深めていきましょう。

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

退職金について

定年退職に伴い退職金が発生する場合、勤務先に所定の手続きをしていれば、原則確定申告の必要はありません。
所定の手続きとは、退職金の支払を受けるまでに、「退職所得の受給に関する申告書」を支払者に提出することです。
これにより、源泉徴収のみで所得税及び復興特別所得税の課税関係の精算を済ませることができます。
「退職所得の受給に関する申告書」は、会社側から提出を求められることが多いです。しかし、中には何も言われないケースもありますので、退職金が発生する際には忘れないようにしましょう。
「退職所得の受給に関する申告書」の提出を忘れると、退職金の収入金額から一律20.42%の所得税及び復興特別所得税が源泉徴収されてしまいます。その場合は、確定申告を行い精算しましょう。

ちなみに退職金を受け取る本人が亡くなり、亡くなった後3年以内に支払が確定した退職金を相続する者が受け取った場合、その退職金は相続税の課税対象となります。ただし、すべてが課税対象となるわけではありません。課税対象となるのは、「500万円×法定相続人の数」を超えた部分です。
このケースですと、所得税及び復興特別所得税は課税対象になりません。

年の途中で定年退職した場合の確定申告

年の途中とは、12月末日以外のことです。12月末日まで働いていた場合、会社が年末調整を行ってくれるため確定申告の必要はありません。
また、年の途中で定年退職しても再就職して働いている場合、新しい会社で年末調整が行われていればこちらも確定申告の必要はありません。

確定申告が必要となるのは、年の途中で定年退職し、その後収入がない場合です。
この場合、年の途中まで働いて源泉徴収税として天引きされていた所得税が精算されていません。確定申告で各種控除を受けることにより、この分の所得税が還付される可能性があります。

定年退職後確定申告が必要な場合

定年退職後でも確定申告が必要な3つのケースについてまとめてみました。

1.公的年金等の収入金額の合計額が400万円を超す場合
複数から受給している場合は、その合計額が対象となります。

2.公的年金等に係る雑所得以外の所得金額が20万円を超す場合
ここで言う雑所得以外の所得とは、給与所得・雑所得(公的年金等以外)・配当所得・一時所得などです。
給与所得の場合は、給与収入が85万円を超える場合、所得金額が20万円を超えることになります。
雑所得は個人年金や原稿料など、配当所得は株式の配当など、一時所得は生命保険の満期返戻金などが挙げられます。

3.各種控除を受けたい場合
具体的には以下の通りです。
・医療費を多く支払い、医療費控除を受ける場合
・自然災害や盗難、横領により資産に損害を受け、雑損控除を受ける場合
・社会保険・生命保険・地震保険などの控除を受ける場合
・扶養親族等申告書※の提出を忘れたが各種控除を受けたい方

※扶養親族等申告書とは
日本年金機構は、毎年老齢年金を一定額以上受け取る所得税の課税対象となる方に向け、扶養親族等申告書というものを送っています。申告することで、源泉徴収の段階で各種控除が受けられるようになります。

住民税について

会社勤めをされていた方は、今まで住民税は給与から天引きされていたことでしょう。
しかし、定年退職し再就職されなかった方は、納入通知書が送られてくることになります。今後はこれに従い、自身で支払うことになります。
一方、定年退職後再就職された場合は、基本的に引き続き新しい職場の給与から天引きされます。

還付申告に必要な書類

確定申告の義務のない方でも、これまでに紹介したような納め過ぎている所得税がある場合は、確定申告をすることにより所得税の還付を受けることができます。これを還付申告と言います。
還付申告をするのに必要な書類は以下の通りです。

・確定申告書A
・源泉徴収票
・各種控除証明書
(医療費控除を受けたい場合は医療費の領収書)

還付申告の期限

還付申告の期間は、通常の確定申告の期間と異なります。
還付申告は、その年の翌年の1月1日から5年間提出することが可能です。申告を忘れていた方やこの記事を読んで申告の必要を知った方も、5年経っていなければ間に合います。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

まとめ

定年退職時には確定申告を行うケースがあるので、自身がそのケースに当てはまるか確認してみましょう。
また、定年退職後も確定申告をすることで還付金を受け取れる可能性があります。申告の期限も通常の確定申告より長く設けられていますので、記事を読んで該当する項目があった方は、今からでも申告してみてはいかがでしょうか。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識