確定申告の基礎知識

e-Taxで申告するメリットと事前準備

2004年に導入されたe-Taxで、所得税や法人税の申告をWeb上で行うことができるようになりました。このため、最近では、e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用して申告や納税を行う事業所が増えています。

e-Taxを利用するメリットは、申告書に直筆で書くなどの煩雑な作業が削減でき、税務署に直接持っていったり、郵送したりといった手間が不要になることです。さらに、ご利用の会計ソフト上の会計・決算データを、e-Taxと連携させることも可能になっています(ご利用のソフトが連携可能なものかをご確認ください)。今回は、e-Taxを利用した申告の流れを、国税庁のWebサイトをもとに見ていきましょう。

pixta_13917365_S
楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

e-Taxとは?

e-Tax(イータックス)とは、国税に関する申告・申請・届出・納税の手続きが行える、国税庁管轄の国営オンラインサービスです。正式名称は「国税電子申告・納税システム」といいます。e-Taxと「確定申告書等作成コーナー」を利用することで、自宅やオフィスにいながら、自分のパソコンで決算報告書や確定申告書が作成でき、申告手続きまで済ませることができます。

これを使えば、確定申告のために税務署を訪れたり、混雑の中で長蛇の列に並んだりする必要がなくなります。パソコンだけでなく、スマートフォンからでも納税など、一部の機能が利用可能です。

【e-Tax】国税電子申告・納税システム(イータックス)

e-Taxでできること

e-Taxで可能なことは、大きく分けて3つあります。その中身を見ていきましょう。

1. 確定申告

所得税や消費税、法人税の確定申告書類の作成・提出ができます。e-Taxで申告を行うと、税務署に対して社会保険料控除の証明書や医療費の領収書などの書類の提出を、省略することができます。ただし、確定申告の提出期限日から5年間は、税務署などから書類の提出を求められることもありますので、保管しておく必要があります。

2. 各種申請

e-Taxは、所得税(申告所得税関係、源泉所得税関係)や相続税、法人税、消費税、法定調書など、税務署で申請が必要な数多くの申請が可能です。個人事業主でもよく使う、e-Taxでできる申請は以下のとおりです。

  • 個人事業の開業・廃業等届出書
  • 所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書
  • 所得税の青色申告承認申請書
  • 青色事業専従者給与に関する届出・変更届出書
  • 報酬・料金等の所得税徴収高計算書

3. ダイレクト納付

e-Taxでは電子納税(ダイレクト納付)も可能です。対象となるのは消費税や所得税、法人税などの国税で、住民税などの地方税は納税できません。ダイレクト納付をするためには、予め税務署にe-Taxの利用開始手続きを行った上で専用の届出書を提出し、e-Taxを利用して電子申告等または納付情報を登録しておくことが必要です。また、ご利用の金融期間によっては、インターネットバンキングを用いた電子納税も可能となっています。

参考:利用可能手続一覧|e-Tax
電子納税手続|e-Tax

e-Taxを利用するための準備

e-Taxを利用するにあたって必要な準備についてご紹介します。これは、e-Taxのトップページにもわかりやすく書いてあります。

e-taxをご利用になる場合の流れ

引用元:国税庁

まず準備するのは、申告に使用するパソコンとインターネット環境です。以下のページを参考に、お使いのパソコンのネット環境をご確認ください。

システム利用のための環境等|e-Tax

申告書を作成するソフト等を選ぶ

e-Taxには、パソコンにインストールする「ソフト版」と、e-Taxのホームページからそのままブラウザで利用できる「WEB版」があります。

「ソフト版」はMacOSでは利用できませんが、「WEB版」はMacでもWindowsでも利用できます。下記のようにWEB版のトップページにアクセスすると、環境チェックを行ってくれますので、一度アクセスしてみてください。

国税電子申告・納税システム

環境チェック結果

引用元:国税庁

電子証明書の取得

e-Taxを始めるには本人確認も必要です。手続きを本人が行っているかを確認するため、申告・納税の際には電子証明書の取得が必要になります。電子証明書は、法務省が運営する商業登記認証局や地方公共団体システム機構などが発行するものです。

電子証明書の取得によって、以下の2点が証明されます。
・データの作成者が本人であること
・データが改ざんされていないこと

電子証明書の取得後には、ICカードリーダライタも必要となります。

電子証明書の取得|e-Tax

e-Taxの開始届出書を提出して利用者識別番号を取得

e-Taxを利用するまえに、「電子申告・納税等開始届出書」を税務署に提出して「利用者識別番号」を取得してください。電子申告・納税等開始届出書を作成すると、税務署から利用者識別番号などが記載された通知書が届きます。

開始届出書の提出|e-Tax

不安なときは「体験版」でまず試してから

これまで紹介した事前準備が終われば、e-Taxを開始できるようになります。
ただ、準備するべき事柄が多いと、たいへんそうというイメージを持つ人もいるかもしれません。そんな方は、国税庁が用意しているe-Taxの体験版をダウンロードして試してみてください。試してみれば、e-Taxは簡単に操作できることがわかると思います。

e-Taxソフト体験版|e-Tax

まとめ

e-Taxを利用するための準備が整ったら、書類を作成して提出するのみです。e-Taxにログインしたら、行いたい申告・納税はどれかを選択しましょう。余裕を持って申告・納税を行ってください。

確定申告(電子申告)を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
さらにfreeeは、電子申告にも対応。freeeから直接オンライン上で申告ができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

freeeから直接オンライン上で電子申告

e-tax_image.png

freeeから直接オンライン上での電子申告も可能です。WindowsだけではなくMacにも対応。こちらもステップに沿って情報を入力していくだけで、自宅にいながら確定申告を完了できます。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

確定申告ソフト freee


確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識