開業の基礎知識

ラーメン屋を開業するための徹底ガイド

日本人の国民食とも言えるラーメン。様々な種類のラーメン屋があり、安価に色々な味を楽しむことができます。ラーメン本やラーメンブログも人気です。SNSで自分が食べたラーメンを発信している方も。中には、ラーメンが大好きで自分でラーメン屋を開業したいと思う方もいらっしゃいます。また、会社員を辞めて自分のお店を持ちたい方にとって、他の飲食業と比べて初期投資を抑えられるラーメン屋は魅力的です。

今回の記事では、ラーメン屋さんを開業したい方に向けて必要な基礎知識を徹底解説します。

ラーメン屋開業

目次

開業freeeバナー

ラーメン屋の経験を積もう

ラーメン好きが高じて、ご自身でもラーメン屋を始めようとする方は少なくありません。
この場合に大切なのは、ラーメン屋で実際に働いた経験があるかどうかです。
ラーメン屋を開業をする前にあらかじめ働いて経験を積むことで、美味しいラーメンの作り方や仕入先、経営ノウハウなどを得ることができます。
事業に失敗するリスクを大幅に減らすことができるでしょう。修行の期間は最低でも1年、未経験の場合は数年かかることもあります。しかし、激戦のラーメン業界を生き抜くためには、まずはしっかりと現場での経験を積んでから独立することが大切です。

フランチャイズでラーメン屋を開業

ラーメン屋での修行に長い時間をかけられない、すぐに自分のラーメン屋を持ちたい……そういった方にお勧めなのが、フランチャイズでのラーメン屋の開業です。
ラーメンの作り方、店舗運営に沿ってお店を経営していけば良く、特別な技術や知識も必要なく、未経験でも気軽に始められる点が魅力です。

また、会社によっては研修の実施や、内装や設備の費用を負担してくれる場合もあるため、開業資金を安く抑えられるというのもメリットの1つです。

デメリットは、オリジナリティや柔軟性が低い点と、ロイヤリティといって本部に支払わなくてはいけない金額が定められていることです。

ラーメン屋を開業するまでの流れとスケジュール

ここからは、フランチャイズではなくご自身でラーメン屋を開業場合のざっくりとした流れと、重要なポイントをご説明します。

・事業計画書の作成
・コンセプトの作成
・競合店のリサーチ
・メニュー作成
・資金調達
・物件の調査・契約
・仕入先の決定
・各種届出の提出
・従業員を雇用
・販促ツールの作成

ラーメン屋を開業するための資金

ラーメン屋は他の飲食業と比較して、比較的少ない開業資金で済む点が大きな特徴です。
店舗の内装費や看板などの外装費、厨房設備費などが必要で、店舗の大きさによって金額が異なりますが、中古機材を活用したり、工夫することで大幅に初期費用を抑えることができます。

○店舗とラーメンを作る設備
物件を借りる場合は家賃が発生します。また、厨房で必要になる設備や備品も揃える必要があります。お勧めは中古機材の活用です。中古であっても機能を保ったまま、費用も数十万円程度に抑えることが可能です。また、元ラーメン屋の居抜き物件探せば、設備がすでに設置されているため、場合によっては100万円程度の費用でラーメン屋を開業することができます。

○店舗の内装・外装
店舗の内装・外装にこだわりを持ちたい場合は、その費用も考えておきましょう。


○広告・宣伝費用
新たにラーメン屋を開業した際は、それをアピールするための新装開店の装飾をしましょう。新しいお店であれば、人の目を惹くためお客さんを呼び込むことができるでしょう。
また、チラシやホームページ、クーポン、ポイントカードなどの広告宣伝にも力をいれましょう。最近は無料で作れるホームページもあるため、ぜひ活用したいところです。

自己資金だけでは不足する場合には、公的融資などを活用して開業資金を調達しましょう。

ラーメン屋開業のための事業計画を考えよう

ラーメン屋を開業するにあたっては、最初の段階でしっかりとした事業計画を立てておくことが大切です。事業計画書をベースに、お店のコンセプトや開業にかかる費用、開業時の資金調達、開業後の売上見込みなどを算出しましょう。

事業計画書を作成したことがない、どうやって作成したらいいかわからない……そんな方におすすめなのが、経済産業省が後援するDREAM GATEです。専門家への無料相談や、事業計画書の作成に関するノウハウ公開など、これからラーメン屋を開業したい方に役立つ情報を無料で得ることができます。

また、事業計画を立てるにあたって、最低限考えたい項目について説明します。

○ラーメン屋の立地とターゲット
「ラーメン屋で最も重要なのは立地」と言い切る方も少なくありません。物件の候補をいくつか挙げ、人の流れを観察しましょう。例えば、住宅街であれば「外食ほど贅沢でないけれど、コンビニよりは贅沢なご飯」としてお客様の食事の選択肢になり得ます。飲み屋が多いところに出店するのであれば、飲み会の締めの1杯を食べるために深夜に来店する方が多いはずです。お店を始めたらとにかく利益を確保する必要があります。自分が作りたいラーメンとそれが受け入れられる地域と良い立地の不動産を確保しましょう。

○提供する商品と価格
店舗とターゲットが決まったら、メニューとその価格を決めましょう。サイドメニューで人気のトッピングは、利益率が高いものと低いものがあるので注意が必要です。
また、ビールなどお酒の提供をする場合は、お客さんが長居して回転率が下がる可能性もあるため、混雑する時間帯はメニューから外すなど、提供する時間を制限するなどの工夫をしても良いでしょう。

○利益計画
ラーメン屋を開業する前に、利益計画も立てましょう。 たとえば、年間営業日数300日、客単価800円、客数/日70人を目標とする場合、年間の売上は1,680万円、月に140万円の売上です。1ヵ月の必要経費を70万円とすると、70万円が営業利益となります。

予め計画を立てておいて、状況に応じて客単価を上げるような施策を取ったり、回転率を上げる工夫をするなどが必要になってきます。

ラーメン屋を開業するために必要な資格

ラーメン屋を開業するためには、最低限「食品衛生責任者」の資格が必要です。

「食品衛生責任者」は食品衛生上の運営管理を職務とします。ラーメン屋を開業する場合は必ず各店舗に一人いなければなりません。この資格は1日講習を受けるだけで得ることができます。費用は1万円程度です。

食品衛生責任者の資格があれば、ラーメン屋を開業することが出来ます。調理師免許も必要ありません。

販促ツールを作成しよう

お店の開業前後に、販促ツールも作成しましょう。

○ホームページの用意
お店の魅力をアピールするためにもホームページを用意しましょう。初期費用を抑えるためにも、まずは無料で作成できるホームページをおすすめします。
半年以上運営し、お金をかけてしっかり作りたいと思った際に、作り込むことをおすすめします。

○SNSアカウントの用意
Facebook、Twitter、Instagram、もし可能であればLINEのアカウントを開設し、月に2〜3回は更新を心がけましょう。それぞれのSNSを利用している層は微妙に異なります。インターネットを使ってお店の魅力をアピールするためにもSNSはぜひ活用したいところです。

○ポイントカードやDMの準備
ラーメン屋の場合は、1000円で1Pなど、ポイントカードを作ることでお客さんのリピートを促進することができます。また、開店割引や目玉メニューをお知らせするDMも作っておくといいでしょう。

ラーメン屋を開業する時に必要な届出は?

ラーメン屋を開業する際は、事業を始めたことを申請する「開業届」の他に、保健所への届け出が必要です。

○保健所
ラーメン屋の開業・営業許可を得るためには、保健所に「食品営業許可申請」を出す必要があります。店舗が完成する10日ほど前までに提出するようにしましょう。書き方がわからない場合は、管轄の保健所に相談に行くことをおすすめします。

○税務署
開業したことを知らせる開業届を提出しましょう。その際、青色申告承認申請書も一緒に提出しておくと、確定申告で青色を選択したい方は便利です。

ラーメン屋開業後にやること

ラーメン屋を開業したら、3月15日までに提出をしなければいけない確定申告の準備を始めましょう。
確定申告には、青色と白色の2種類があり、「青色申告は難しい」と敬遠されがちですが、会計ソフトを使用すれば、実は労力はほぼ変わりません。このため、節税効果が高い青色申告を選択することをおすすめします。

ラーメン屋開業時に必要な届けの一つに「開業届」がありますが、この開業届の提出時に青色申告承認申請書も一緒に提出すると、スムーズにその後の確定申告が進みます。

おすすめは、開業freeeを使って無料で届け出を作成する方法です。開業時に必要な書類に書ける労力を最低限にするために開発されたのが開業freeeです。ステップに沿って記入していくだけで、簡単に開業に必要な届け出を作成することができます。

効率化と節税のポイント

開業freeeを活用すれば、3ステップに沿って必要事項を記入していくだけで、最短5分で必要書類が完成します。

image1

image2

迷いがちな職業欄の選択も選ぶだけ。

image3

想定月給を入力すると、自動で想定年収が計算され、青色申告によってどれだけ節税効果があるかもシュミレーションできます。

image9

給与を支払う人がいる場合も、上記のように入力をするだけで必要な届け出が自動作成されます。

image11

出力される書類を確認したら、「書類を確認する」ボタンを押します。

image12
郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了します。

いかがでしょう。開業のためには色々とやらなければならないことがあります。
少しでも時間と費用を節約するために、開業freee会計freeeをぜひご活用ください。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識