開業の基礎知識

保育園開業の基礎知識

子供が好きで独立志向がある方にとって、「保育園の開業」は有力な選択肢の一つです。待機児童問題などから保育園のニーズも年々高まっています。社会的な意義も大いにあるといえるでしょう。

今回の記事では、保育園の開業までに必要なことや条件、資格をご紹介していきます。

nursery_1.jpg

目次

開業freeeバナー

保育園の開業に必要な資格

保育園を開業する方に必須の資格はありません。まったくの未経験から保育園を開業し成功している方もいらっしゃいます。

ただし、保育施設自体には一定数の資格保有者が必要です。具体的には、保育士、嘱託医、調理員など。保育士に関しては、児童の年齢と人数に応じて必要な人数が決まっていますので、事前にしっかり確認しておきましょう。特に、小規模認可保育園や認証保育所など、補助金・助成金の支給を受たい場合は設置基準を必ず満たす必要があります。

保育園開業の前に事業計画を

保育園の開業を考えていらっしゃる方は、ビジョンをお持ちの方が多いのではないでしょうか。開業をする前に、どのような形態で、どんな方を対象にしているのかを事業計画書に落とし込んでみましょう。

保育園の形態

保育園の形態は大きく分けて「認可保育園」と「認可外保育園」の2つです。それぞれに特徴があります。

「認可保育園」は市町村から助成金が出ます。このため経営の安全性の面でメリットがあると言えるでしょう。「認可外保育園」は助成金はありませんが自由度が高く、こんな保育事業をやりたいという具体的なビジョンがあるのであれば大きなメリットとなるでしょう。

保育園経営のメリット

保育園の形態に限らず、事業としての保育園経営のメリット、デメリットについても知っておきましょう。まず、保育園の開業は飲食店などの他業種と比べると初期投資が小さくて済み、在庫を抱えるリスクも必要ありません。保育園開業の費用に関しては後述しますが、初期段階でリスクを抑えられる点は大きな魅力です。

また、一度園児たちが入園してくれれば、卒園までは在籍してくれるため経営面でもある程度安定しています。社会的なニーズもあるため、やりがいも大きいと言えます。

保育園経営のデメリット

魅力も大きい保育園経営ですが、新設の保育園は児童を集めで苦労します。このため、どこに、どんな保育園を開業するかがとても重要になってきます。
また、開業後も事故や感染症には最大限の注意を払わなければなりません。

コンサルタントやフランチャイズの活用

保育園経営のメリット、デメリットを踏まえた上でゼロから開業する場合、経営予測や商圏分析、設備投資、広告宣伝、優秀な人材の雇用など、様々なことを考えなければなりません。ご自身で全て行うことに不安がある方は、ノウハウを蓄積したコンサルタントやフランチャイズの活用も有力な選択肢の一つです。

保育園の開業に必要な費用は?

物件や設備など、保育園の開業に必要な費用について具体的に解説します。費用を抑えたとしても最低で500万円は確保しておきたいところです。
※20人前後の児童を想定

不動産取得費用:150万円前後

不動産取得費用は、地域や立地、その物件自体の状態によって異なりますが、賃貸料などを含め最低限150万円の初期費用を想定しておきましょう。
物件を選ぶ際は、設置基準・指導監督基準に適合したものを選ぶ必要があるため注意が必要です。

また、大切なお子さんを預かる場ですので、実際に足を運び、周辺の交通・治安・公園の有無もしっかりと確認する必要があります。その際に、競合となる他保育園の状況も調査しておきましょう。

不動産費用は固定費ですので、いかに需要がある場所で費用を抑えた物件を獲得するかはとても重要です。

内装工事費用:100万円前後

不動産を取得したら、子供が安心して時間を過ごせるように内装工事を施します。事業を始める際はできるだけ初期費用を抑えることが大切です。こだわりすぎず、手を抜きすぎず、適度なバランスで内装工事を行いましょう。

備品・事務用品など:50万円前後

保育園開業後に、スタッフや児童が使用する備品です。子供が遊ぶおもちゃ、それらを収納する用具、絵本、椅子、テーブル、お散歩のためのグッズ、掃除用品や電話、PCなど…。
予めリストアップし、開業後に困らないよう揃えておきましょう。

広告宣伝費:20万円前後

開業の準備が整ったら、早速広告宣伝を行いましょう。こちらの費用には、ホームページやSNS運用、チラシ、広告費用が含まれます。

保育園開業のための雇用

保育園の運営のためには、ただ保育士資格を持っている人を採用すれば良いという訳ではありません。子供を預かる以上、雇用する保育士の質もとても大切です。
子供のちょっとした変化に気づいたり、気遣いを持って接することができる人材を採用しましょう。また、大前提として子供が好きかどうか、愛情を持って接することができるかどうか、素直で伸びしろがあるかも重要です。

保育園の開業を宣伝しよう!

保育園開業の準備が整いましたら、さっそく宣伝を行いましょう。まず宣伝しないことには生徒は集まりません。

まずはホームページを

ご自身の保育園の特徴や料金、場所が記載されたホームページを作成しましょう。
その際に、保育に関するブログ記事も合わせて発信すると、営業にもなります。検索エンジン経由で記事を読んだ方がお問い合わせをしてきてくれることもあるでしょう。

SNSで発信

ホームページを作成したらFacebookやTwitterなどのSNSで発信をしましょう。ただページを作っただけでは見てもらうことはできないためです。

その際に注意したいのは、事前にホームページやSNSに写真を掲載する了承を取ることです。勝手に子どもの写真をインターネット上にあげないよう、最大限の注意を払いましょう。

保育園の開業に必要な届出とは

最後に、塾の開業に必要な届出についてご紹介します。保育園を新規に開園するには、各自治体への届け出が必要です。また、保険会社との契約も行いましょう。 個人事業主として保育園を開業する場合、「開業届」を最寄りの税務署に提出する必要があります。 また、開業届と一緒に「青色申告承認申請書」も提出することをおすすめします。 個人事業主は毎年2月〜3月に確定申告を行い、納税をする必要があります。その際に、青色申告か白色申告のどちらかで申請を行いますが、青色申告を選択すれば大きな節税効果があります。この青色申告のために必要な届出が「青色申告承認申請書」です。

届出はどこで入手するの?

届出は、最寄りの税務署や国税庁のホームページからもダウンロード可能ですが、「どうやって記入したらいいかわからない」と迷う方がほとんどです。
そこでおすすめしたいのが開業freee。ステップに沿って記入していくだけで、開業に必要な書類を最短5分で作成可能です。

開業freeeで開業届を作ろう

開業freee」を使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することが可能です。

・開業・廃業等届出書(開業届け)
・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。

また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

image12

開業届などの各種届出が完了したら、確定申告に向けた準備をする必要があります。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識