開業の基礎知識

塾開業の基礎知識

子どもが好きな方、教育に興味がある方にとって、「塾の開業」は大きな魅力があります。ご自身でカリキュラムや教育方針が決められるためです。
受験や資格獲得などの目標を掲げ、生徒に寄り添って目標を達成したときの充実感は何事にも変えられないはずです。
今回の記事では、塾の開業に必要な情報をご紹介します。

pixta_5658158_S.jpg

目次

開業freeeバナー

塾の開業に必要な資格

塾の開業に特定の資格は必要ありません。個人事業主として開業する方は、開業届を税務署に提出さえすればOKです。

ただし、ご自身で塾を開く前に大手の塾で講師経験を積んだり、教員免許を取得して教育実習を経験している方が多いようです。
塾の開業は飲食店などの他の業種と異なり、「在庫を持たなくて良い」「魅力があればたくさんの生徒が集まってくる」などのメリットがあります。

特定の資格は必要ありませんが、最も大切なことは子供が好きかどうか情熱を持って教えることができるかです。たとえ教員資格を持っていなくとも、子供たちの目標達成のために先生自身が学ぶことを怠らなければ良いのではないでしょうか。

また、塾の先生も「教育者」です。ただ勉強を教えるだけではなく、子供の人生に少なからず影響を与えます。教え方について試行錯誤するだけではなく、自分の何気ない言葉や行動が、関わる子供たちに何かしらの影響をあたえることを常に頭に置いておきましょう。

塾開業の前に事業計画を

塾の開業を考えていらっしゃる方は、「こんな塾にしたい」と、ビジョンをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
開業をする前に、どのようなカリキュラムを提供する塾で、どのような子供を対象にしているのか、生徒数はどれくらいを想定していて月謝はいくらにするかなどを事業計画書に落とし込んでみましょう。

塾の形態

一言で「塾」といっても様々な形態があります。ある程度の集団に教える「集団塾」、少人数に絞った「グループ指導塾」、マンツーマンの「個別指導」が主な形態です。その地域にある競合の学習塾のサービスも鑑みた上で、どの形態で授業を実施するかを決定しましょう。

塾の開業に必要な費用は?

物件を借りて教室を持つこともできますが、自宅を塾にすることも可能です。一軒家の1階を使ったり、なかには実家が持っている倉庫をリノベートして教室として使っている方もいらっしゃいます。

教室にするか、自宅を塾にするかはご自身の塾の形態にもよるでしょう。
集団塾の場合は人数が多いため、教室を借りる必要があります。その場合、最低でも300万円程度の資金を想定しましょう。また、椅子や机、ホワイトボード、PCやコピー機などのオフィス用品の資金には100万円程度が必要です。
少人数のグループ指導や個別指導の場合は、自宅の一室を教室として活用することもできます。

いずれの形態をとるにしても、広告宣伝は必須です。後ほど詳しくご説明しますが、最近ではホームページは無料で作れますので、最低限に抑えることができるでしょう。

また、こういった開業に関わる初期準備をゼロからご自身で考えることが大変…という方にはフランチャイズもおすすめです。

塾の開業を宣伝しよう!

塾開業の準備が整ったら、宣伝を行いましょう。まず宣伝しないことには生徒は集まりません。

まずはホームページを

ご自身の塾の特徴や料金、場所が記載されたホームページを作成しましょう。
その際に、教育や受験、資格取得に関するブログ記事も合わせて発信すると、「こんなことが教えられます」というアピール(営業)にもなります。
また、検索エンジン経由で記事を読んだ方がお問い合わせをしてきてくれることもあります。

SNSで発信

ホームページを作成したらFacebookやTwitterなどのSNSで発信をしましょう。ただページを作っただけでは見てもらうことはできないためです。

紹介制度を作ろう

生徒が集まってきたら、紹介制度を作りましょう。紹介してもらったら授業料割引、子供たちには何かしらのプレゼントをする、などお礼を用意することが大切です。

塾の開業に必要な届出とは

最後に、塾の開業に必要な届出についてご紹介します。個人事業主として学習塾を開業する場合、「開業届」を最寄りの税務署に提出する必要があります。
また、開業届と一緒に「青色申告承認申請書」も提出することをおすすめします。
個人事業主は毎年2月〜3月に確定申告を行い、納税をする必要があります。その際に、青色申告か白色申告のどちらかで申請を行いますが、青色申告を選択すれば大きな節税効果があります。この青色申告のために必要な届出が「青色申告承認申請書」です。

届出はどこで入手するの?

届出は、最寄りの税務署や国税庁のホームページからもダウンロード可能ですが、「どうやって記入したらいいかわからない」と迷う方がほとんどです。
そこでおすすめしたいのが開業freee。ステップに沿って記入していくだけで、開業に必要な書類を最短5分で作成可能です。

開業freeeで開業届を作ろう

開業freee」を使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することが可能です。

・開業・廃業等届出書(開業届け)
・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。

また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

image12

開業届などの各種届出が完了したら、確定申告に向けた準備をする必要があります。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識