開業の基礎知識

雑貨屋を開業するには?コンセプト、店舗、仕入先まで完全ガイド

素敵な雑貨は生活を彩ってくれます。あなたがセレクトした素敵な雑貨を集め、雑貨屋さんを開業してみませんか?

飲食店のように設備を必要としない雑貨屋は、比較的独立開業しやすい分野といえます。しかし、しっかりとコンセプトを定め、事業計画を立てないと利益を確保することはできません。

今回の記事では、雑貨屋を開業するために必要な知識についてご紹介していきます。

雑貨屋開業

目次

開業freeeバナー

そもそも雑貨屋とは?

雑貨屋を始める前に、そもそも雑貨屋とはどういうものなのかを考えてみましょう。
雑貨屋で取り扱われる商品は、小物や生活用品、生鮮食品以外の一般食品などです。ご自身が好きなもの、売れると思ったものを仕入れ、好きな空間を作って販売することができます。雑貨が大好きな方にとっては、非常にやりがいのある仕事と言えるでしょう。

飲食店などの業種と異なり、設備を必要としないために開業費用も比較的少なくて済みます。内装をDIYすることで雰囲気を演出している店舗も少なくありません。

店舗?オンライン?雑貨屋開業のタイプ

雑貨屋を開くためには、店舗を持つ方法とオンラインストアを持つ方法があります。
それぞれのタイプについて見ていきましょう。

店舗で雑貨屋を開業

物件を借りてご自身で雑貨屋を作る場合は、

・開業資金
・備品の購入
・仕入先の開拓
・内装

などをすべて行う必要があります。自由度が高く、理想のお店を作れる点が大きな魅力です。ただし、開業のための資金は最低でも500万円は必要になります。
もし雑貨店で働いたことのない方は、店舗のオペレーションを学ぶためにも一度、実店舗で経験を積んでから開業することをおすすめします。

フランチャイズを利用して雑貨

フランチャイズに加盟して雑貨屋を開業する方法もあります。
経営ノウハウが蓄積されており、仕入れも確立したルートがあるため、リスクを軽減できる点やスムーズに開業できる点が魅力です。

ただし、展開するお店は本社のコンセプトに合わせる必要があり、自由度は低いです。フランチャイズを検討していらっしゃる方は、ご自身がイメージするコンセプトとマッチするかを事前によく検討しましょう。

ネットショップで雑貨屋を開業

実店舗を持たず、ネットショップで雑貨屋を開業する方も年々増加しています。
物件や内装、店舗に設置するレジなどの備品代を節約できるため、開業費用を大幅に抑えられる点が魅力です。

最近ではBASEという無料のネットショップサービスが人気です。可愛らしいデザインが魅力で、アプリも展開しているため集客も期待できます。
ネットショップで雑貨屋を開業するにあたり、最も重要なのはオンラインからの集客です。商品が魅力的であれば、ブログやSNSが拡散し、海外からの集客も見込めます。

雑貨屋開業のための事業計画

雑貨屋を開業するにあたり、事業計画を作成しましょう。しっかりとした事業計画を最初に立てることで、今後の店舗運営がスムーズになるはずです。

◯コンセプトとターゲット
事業計画の中でも特に重要なのが、コンセプトとターゲットです。この二つが明確になっていれば、お客さんにも「こんなお店ですよ」と説明がしやすく、仕入れや商品作りの際の判断基準になります。

考えをまとめるのが苦手な方には、赤羽雄二氏の『ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング』と『7日で作る 事業計画書 CD-ROM付』がおすすめです。A4メモ書きを活用することで簡単に思考を整理することができます。

◯ 店舗名
コンセプトとターゲットが決定したら、店舗名を考えましょう。
店舗名=屋号にする方も少なくありません。カッコいい名前、可愛い名前ももちろん良いですが、検索しやすく覚えやすい名前にすることも重要です。

店舗の物件を決める

実店舗での雑貨屋開業をご希望の方は、物件をリサーチしましょう。
いくつかエリアの候補をあげ、実際に物件やその地域にどんな人が住んでいるのかなど、朝・昼・夜、すべての時間帯で確認することが重要です。
空き物件が出ても、人気の場合は申込みが殺到し契約を逃してしまうこともあるため、こまめに不動産屋さんと連絡を取るようにしましょう。

開業費用について

実店舗を持つ場合は、仕入れ費用、広告宣伝費に加え

・物件取得費用
・内外装工事費
・什器、備品費用

などが必要です。
自己資金でまかなうことが難しい場合は、融資や助成金の活用を検討しましょう。しかし、その際も30~60%は自己資金が必要です。また数か月間赤字が続いても生活していける費用も確保しておきます。

開業資金は、物件のエリアや大きさ、内外装費用をどれだけかけるかによっても異なるので、一概には言えませんが、500万円前後の費用が必要になると考えたほうが良いでしょう。融資や助成金を活用する場合は、返済計画も立てる必要があり、前述した事業計画書が重要になります。

仕入れをする

雑貨屋では、ご自身で作ったものを販売する方もいらっしゃいますが、仕入れをする方法もあります。ここでは、仕入れルートについてご紹介します。

◯展示会での仕入れ
東京ビッグサイトなどで開催されるギフトショー。多くのメーカーが出店してますので、その場で取引交渉や連絡先を入手しましょう。

◯雑貨問屋から仕入れる
雑貨を扱う問屋さんから仕入れましょう。売れ筋商品などをおしえてもらえることもあります。

◯ ネットで仕入れる
ネットから問い合わせをして仕入れをしましょう。アマゾンを活用したり、海外の雑貨を個人輸入する方法も人気です。

雑貨屋を広告・宣伝しよう

実店舗を持つにしても、オンラインショップを展開するにしても、広告宣伝はとても重要です。最低限実施したい広告宣伝について解説します。

ホームページを作成する

お客さんがお店の名前を検索した際、確実に見つけてもらうためにホームページを作成しましょう。プロに頼むと最低でも20万円近くかかってしまいますが、最初は無料で作成することをおすすめします。運営に慣れてきて、「こんなホームページを作りたい」という気持ちが固まったらプロに依頼しましょう。

検索されることが重要ですのでGoogleが無料で提供するキーワードプランナーなどを活用し、どんなキーワードに検索ニーズがあるのかを事前に把握しておきましょう。

ホームページには、実店舗がある場合は、所在地や営業時間などのお店の基本情報、スタッフ紹介などを記載します。

SNSを運用しよう

余裕がある方は、ホームページ以外にもぜひSNSアカウントを持ちましょう。
Facebook、Twitter、きれいな写真を撮れるのであればInstagramもお勧めです。それぞれ利用層が異なり、情報発信だけではなくお客様とのコミュニケーションにも活用できます。

雑貨屋であればコンセプトを伝えるのにInstagramが最適です。実際、魅力的な写真を投稿することで、国内だけではなく、海外からも問い合わせが来た、という事例が多くあります。

ポイントカードやDMを作成しよう

300円で1Pなど、ポイントカードを作成したり、お店の魅力を伝えるためのDM作成も重要です。特に、手書きのDMはホームページとはまた違った良さがあり、親近感を与えることができます。

雑貨屋を開業するために必要な手続きとは

最後に、雑貨屋を開業するために必要な手続きについてご紹介します。個人事業主として開業するのであれば、税務署に届出をしなければなりません。

税務署への届け出

税務署には「開業届」を提出しましょう。開業届とは、その名の通り新しく事業を開業したことを知らせる届出です。
また、個人事業主が避けて通れない確定申告に関しても、税務署に届出をする必要があります。

確定申告には青色と白色の2種類があり、節税効果が高いのは青色申告です。一般的に青色申告は難しいと思われがちですが、会計ソフトを活用すれば白色申告と手間はほぼ変わりません。むしろ、青色申告の大きな節税メリットを活用しない手はないでしょう。
青色申告を選択するためには、開業届を提出する際に合わせて「青色申告承認申請書」も提出しなければなりません。

「なんだか難しそう…」とお思いでしょうか?おすすめは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に開業届と青色申告承認申請書が作成できる開業freeeの活用です。

効率化と節税のポイント

開業freeeを活用すれば、3ステップに沿って必要事項を記入していくだけで、最短5分で必要書類が完成します。

image1

image2

迷いがちな職業欄の選択も選ぶだけ。

image3

想定月給を入力すると、自動で想定年収が計算され、青色申告によってどれだけ節税効果があるかもシュミレーションできます。

image9

給与を支払う人がいる場合も、上記のように入力をするだけで必要な届け出が自動作成されます。

image11

出力される書類を確認したら、「書類を確認する」ボタンを押します。

image12
郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了します。

いかがでしょう。開業のためには色々とやらなければならないことがあります。
少しでも時間と費用を節約するために、開業freee会計freeeをぜひご活用ください。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識