開業の基礎知識

ネイルサロン開業に必要な資金、資格、申請について徹底ガイド

ネイルサロンで素敵なネイルアートを施してもらうと、女性であればパッと気持ちが明るくなります。そんな素敵な職業であるネイリストの方の中には、将来独立を考えていらっしゃる方も少なくないはずです。

ネイルサロンの開業は、利益率が非常に高く、開業のための特別な資格も不要です。さらに保健所の許可もいらないため、誰でも簡単に始めること可能です。

今回の記事では、ネイルサロンを開業するために必要な基礎知識をご紹介していきます。

ネイル開業

目次

開業freeeバナー

ネイルサロン開業に必要な資格

ネイルサロンを開業するためには、特に資格は必要ありません。年齢・性別に関係なく、資格も必要ない点は、ネイルサロンを開業する一番のメリットと言えるでしょう。ご自身でネイルの技術を磨き、お客様に満足していただくサービスを提供することが最も大切です。

なお、開業のための資格は必要ありませんが、ネイリストの方を対象とした検定試験があります。例えば「ネイリスト技能検定試験」や「JNAジェルネイル技能検定試験」、「JNA認定ネイルサロン衛生管理士」です。興味のある方は、受けてみてはいかがでしょう。

ネイルサロン開業の2つのタイプ

ネイルサロンの開業には、大きく分けて2つのタイプがあります。店舗を持つネイルサロン、自宅でのネイルサロンです。また、お客様の家に言って施術をする出張型のネイルサロンもあります。

店舗型のネイルサロン

店舗型のネイルサロンを開業するあたって、資金はどれくらい必要なのか気になるところです。どこまで費用をかけるかによって必要な資金は大きく異なりますが、おおむね200万円程度あればスタートできるでしょう。

・店舗賃貸費(家賃12万円):約100万円
・内装工事代:約30万円〜50万円
・家具代(3席):約20万円
・ネイル用品代:約20万円〜40万円
・宣伝広告費:約5万円〜30万円

開業当初から従業員を雇用する場合は、さらに費用が必要です。また、宣伝広告費に関しては、最低でも5万円は用意しましょう。特に自宅開業の場合は、店舗ではないため目立ちません。まずは無料のホームページやブログを作成し、SNSも活用して地道に宣伝をしましょう。検索エンジンの検索結果に表示される広告や、Facebookの広告はターゲットの居住地域や年代、興味を細かく指定でき費用対効果も高いためお勧めです。

自宅型のネイルサロン

自宅の一部をネイルサロンとして利用する場合、施術用の椅子と机、ネイル用品一式があればOKですので、30万円もあればネイルサロンの開業が可能です。
ただし、不動産によってはネイルサロンとして使用することがNGの場合もありますので、心配でしたら事前に確認しましょう。

また、自宅でネイルサロンを営む場合は、いかにお客さんを獲得してファンになってもらうかが大切です。出張型のサロンと組み合わせて、自宅だけではなくお客様のお家にもフットワーク軽く出張するなどしてはいかがでしょう。

ネイルサロン開業時に準備すること

ネイルサロンを開業する際は、ネイル用具の他に準備しておくと良いものがいくつかあります。

ネイルサロンの屋号を決めよう

開業する際に、ネイルサロンのコンセプトについてすでに決めている方もいらっしゃるかと思います。そのコンセプトを元に、ネイルサロンであることがすぐに分かってもらえるような、素敵な屋号を考えましょう。

ネイルサロンのロゴ

また、宣伝用にホームページやFacebookページなどを作成する際は、ロゴがあると便利です。知り合いのデザイナーさんや、クラウドワークス・ランサーズなどを使って、ロゴを作りましょう。

ネイルサロンの名刺

名刺は必ず作るようにしましょう。その際、表にはお名前、連絡先、ホームページURLなどを記載し、できればご自身の顔写真やイラストを入れておきましょう。裏には、簡単な自己紹介を記載することをおすすめします。仕事に関する紹介だけではなく、出身地や血液型、趣味なども記載すると親近感を持ってもらえます。

ネイルサロンのホームページ、ブログ

ネイルサロンに限らず、個人事業主の方にとって重要なのがホームページやブログです。どちらも最近は無料でデザイン性の高いものを作ることができます。
ホームページには、自己紹介、サロンの概要、メニュー、所在地などを載せましょう。もし可能でしたら、実際に施術を受けたお客様の声を掲載することをおすすめします。
ブログでは、流行りのネイルやTPOに合わせたおすすめネイル、ネイルケアに関する情報などを積極的に発信しましょう。ブログから集客してお客様になってくれることもあります。

ブログで書いた記事は、Facebook、Twitterなどで発信しましょう。文章を書くのが苦手な方にはInstagramがおすすめです。ご自身のネイルの写真を撮って投稿しましょう。その際に、文章は書かなくても英語と日本語のタグを10〜15個つければ、フォロワーを少しずつ獲得することができます。

ネイルサロン開業と税務署への届け出

法人ではなく個人事業としてネイルサロンをを開業する場合、税務署に開業を知らせる「開業届」の提出をしなければなりません。

その際、1月〜12月までの所得を計算し所得税を申告する確定申告についても簡単な知識を持っておきましょう。確定申告には青色と白色の2種類があり、節税効果が高いのは青色申告です。一般的に青色申告は難しいと思われがちですが、会計ソフトを活用すれば白色申告と手間はほぼ変わりません。むしろ、開業時に初期投資が必要なネイルサロンの場合、青色申告の大きな節税メリットを活用しない手はないでしょう。
青色申告を選択するためには、開業届を提出する際に合わせて「青色申告承認申請書」も提出しなければなりません。

「なんだか難しそう…」とお思いでしょうか?おすすめは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に開業届と青色申告承認申請書が作成できる開業freeeの活用です。

効率化と節税のポイント

開業freeeを活用すれば、3ステップに沿って必要事項を記入していくだけで、最短5分で必要書類が完成します。

image1

image2

迷いがちな職業欄の選択も選ぶだけ。

image3

想定月給を入力すると、自動で想定年収が計算され、青色申告によってどれだけ節税効果があるかもシュミレーションできます。

image9

給与を支払う人がいる場合も、上記のように入力をするだけで必要な届け出が自動作成されます。

image11

出力される書類を確認したら、「書類を確認する」ボタンを押します。

image12
郵送先も印刷されますので、封筒に貼ってポストに投函するだけで完了します。

いかがでしょう。開業のためには色々とやらなければならないことがあります。
少しでも時間と費用を節約するために、開業freee会計freeeをぜひご活用ください。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識