開業の基礎知識

移動販売を開業するには?徹底ガイド

クレープや焼きそば、コーヒー、お弁当など、場所を選ばず自由に移動できる移動販売
初期費用を抑えながらやりたいことができる人気の事業です。
今回の記事では、移動販売での開業を検討している方に向けて、開業までの基礎知識をご紹介します。

mobile catering_1.jpg

目次

開業freeeバナー

移動販売を開業するメリットとは

移動販売での開業をスタートする前に、その特徴を踏まえた上で事業計画を考えましょう。
移動販売は、店舗を持つ飲食店と比較して開業費用を大幅に抑えられる点が大きなメリットです。飲食店やカフェを開業する場合、物件費用と設備費用を合わせて1,000万円近い初期投資が必要なケースもあります。それに比べると移動販売は、物件費用を抑えることができ300万円程度の資金からでも開業できます。開業後も店舗ほど固定費がかかりません。

また、店舗の場所を移動できる点も魅力の一つです。飲食店の売上は立地に大きく左右されるため、物件の選定は慎重に行なわければなりません。しかし、それでも失敗してしまうこともあります。この点で、移動販売の場合は場所を移動できるため魅力的です。時間帯や時期によって人が集まる場所も異なりますので、可動性が高い点は強みと言えるでしょう。

移動販売の開業に必要な資格や許可

一方で、移動販売で開業する際に大変なのが許可や資格の取得です。

まず、その地域の保健所から営業許可をもらう必要があります。許可がなければ、移動販売で開業をすることはできません。
許可申請の際には「食品衛生責任者の資格」と移動販売で使用する車の申請が必要です。
調理師や栄養士の資格がない方は、事前に保健所が実施する講習会を受講しましょう。1日で資格は取得できます。

また、車の申請には「食品営業自動車」と「食品移動自動車」の2種類があります。
食品営業自動車は、簡単な調理加工を行えます(生ものは扱えません)。クレープ屋さんが該当します。食品移動自動車は、予め包装されたものを販売する業態で、調理加工は行なえません。お弁当屋さんなどが該当します。

先ほど、店舗の場所を移動しながら開業できる点がメリットと記述しましたが、それぞれの地域に営業許可の申請が必要ですので注意が必要です。

移動販売の開業に必要な費用は?

移動販売をする際に最も重要なのは車です。販売だけではなく、車内で調理を行う場合は車の改造が必要になります。ゼロから車を入手しようとすると初期費用がかかりますので、中古車の購入やレンタルがお勧めです。

クレープ、お好み焼き、ワッフル…扱う商材によって適切な車は異なりますので、購入してから後悔しないようしっかり選びましょう。

また、どんなトラブルがあるか分かりませんので、保険には必ず入りましょう。車をレンタルする場合は、その車が保険に入っているかどうかをしっかりと確認する必要があります。

最後は会計(レジ)です。最初はすべて現金対応でも良いかもしれませんが、事業運用の効率化を考えるとiPadと連携したSquareやAirレジなどの導入を検討したいところです。会計ソフトと連携しているサービスも多いため、経理をする上でも役立ちます。

移動販売の開業を宣伝しよう!

移動販売開業の準備が整ったら、宣伝を行いましょう。移動販売は特定の店舗を持ちませんが、どこで商売を行うかを公知するツールにもなります。

まずはホームページを

移動販売の特徴や料金、どこで主に販売を行っているかを記載したホームページを作成しましょう。
ブログ記事も合わせて発信すると記事が営業にもなります。クーポンをHP上に掲載するのもお勧めです。

SNSで発信

ホームページを作成したらFacebookやTwitter、InstagramなどのSNSで発信をしましょう。また、LINEでアカウントを作成しお客さんと友だちになり、その日によってクーポンをプレゼントしたり場所をお知らせする方法も有効です。

移動販売の開業に必要な届出とは

最後に、営業許可の他に必要な届出についてご紹介します。個人事業主として移動販売を開業する場合、「開業届」を最寄りの税務署に提出する必要があります。
また、開業届と一緒に「青色申告承認申請書」も提出することをおすすめします。
個人事業主は毎年2月〜3月に確定申告を行い、納税をする必要があります。その際に、青色申告か白色申告のどちらかで申請を行いますが、青色申告を選択すれば大きな節税効果があります。この青色申告のために必要な届出が「青色申告承認申請書」です。

届出はどこで入手するの?

届出は、最寄りの税務署や国税庁のホームページからもダウンロード可能ですが、「どうやって記入したらいいかわからない」と迷う方がほとんどです。
そこでおすすめしたいのが開業freee。ステップに沿って記入していくだけで、開業に必要な書類を最短5分で作成可能です。

開業freeeで開業届を作ろう

開業freee」を使用すれば、画面の内容に沿って簡単な質問に答えていくだけで、以下の書類を自動作成することが可能です。

・開業・廃業等届出書(開業届け)
・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)

ステップに沿って必要事項を記入!


「準備」「作成」「提出」の3ステップで完了!

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけです。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。

また、ご自身の事業にぴったりな確定申告の種類をシュミレーションし、選ぶこともできます。

image9

「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。
その際、1ページ目には提出先の税務署への宛名も記載されていますので、切り取って封筒に貼りつければすぐに郵送することができます

image12

開業届などの各種届出が完了したら、確定申告に向けた準備をする必要があります。

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があり、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。


確定申告ソフトのfreeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を作るまでのステップをご紹介します。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!


STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

開業 freee

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識