民泊の開業手続きが
無料・簡単に

必要最小限の簡単な質問に答えるだけで
個人事業主の民泊開業に必要な手続きが完了します。

民泊の開業準備を始める

民泊の開業に必要な書類を無料で一括作成

STEP1 許認可を取得する

民泊事業を始めるためには、自治体への許認可が必要です。
民泊開業 freeeでは、住宅宿泊事業法(民泊新法)の許認可の取得方法をフローに沿って紹介しています。

STEP2 書類を提出・確認する

事業届出書を作成し、提出することで民泊事業の許認可を得ることができます。
入力したデータは、簡単な作業を行うだけでそのまま「民泊制度運営システム」へ転記が可能です。

STEP3 開業の準備をする

個人事業主の開業届けの提出も同時に可能です。
簡単な質問に答えていくだけで書類が簡単に作成できます。

民泊事業で開業するための基礎知識

Q 民泊事業を開業するためには?

民泊を行うには、国ないしは自治体の許認可が必要です。

民泊を始めるには「住宅宿泊事業法(民泊新法)」「国家戦略特区法」「旅館業・簡易宿所」の3つの方法(法律)があります。

これから新たに民泊を始める方には、「住宅宿泊事業法(民泊新法)」からスタートするのがオススメです。

民泊新法では年間営業日数が180日以下で設定されています(上限は地域条例で設定)。

民泊新法で事業をスタートして、年180日以上営業できるようになったら簡易宿所/特区民泊の取得を検討すると良いでしょう。

民泊開業 freeeを使うメリット

1. 住宅宿泊事業法(民泊新法)の許認可の取得方法をフロー形式で紹介

民泊開業 freeeでは、住宅宿泊事業法(民泊新法)の許認可の取得方法をフローに沿って紹介しています。
準備すべきな書類の一覧や事業届出書の提出場所の案内など、流れに沿えば許認可をスムーズに済ませることができます。

2.民泊の届け出をあらゆる形でサポート

入力したデータは、「民泊制度運営システム」へ簡単に転記することができます。
各自治体によって届け出の仕方が異なる場合がありますが、ワンストップで届け出業務を代行可能な行政書士サービス「MIRANOVA」との連携も行っております。

3.必要書類作成から、開業届け提出までを完全サポート

個人事業の開業時や、これから青色申告を始めたい場合に作成が必要な「開業届」。簡単な質問に答えるだけで、すぐに必要な書類を自動で作成できます。
開業届けは提出先である最寄りの税務署への提出が必要ですが、税務署の場所の検索から、提出方法のサポートまで付いていますので、初めての方でも安心です。

4.会計freeeとの連携で、開業後も事業に専念

民泊開業 freeeでご登録いただいたID・パスワードは、そのままクラウド会計ソフト freeeでもご利用いただけます。
クラウド会計ソフト freeeは、経理の知識がない初心者でも簡単にご利用いただけるクラウド型の会計ソフトです。税理士さんとの連携も強く、多くの個人事業主の方にご支持いただいております。
初めて開業する方がつまづきがちな、開業費や助成金の入力、償却の設定などもチャットで専任のサポートが完全サポート。
初めての方でも安心して事業をスタートしていただけます。

民泊の開業に役立つ記事一覧

freeeのサービス紹介

ビジネスを始め、運営し、より強く育てていく。
スモールビジネスの各成長段階をサポートするサービスを提供しています。

会計ソフト freee

クラウド会計ソフトシェアNO.1!*個人事業主から500名規模の法人まで対応。会計の専門知識がなくても、経理をまとめて効率化。

2017年10月株式会社BCN調べ

人事労務 freee

入社手続きから給与計算、年末調整までワンストップで対応。シンプルな操作で人事事務を完結。

認定アドバイザー

freee ユーザーのサポートを行うためのスキルを持っている税理士・会計士等の士業の方を「freee 認定アドバイザー」として認定しています。freee対応税理士に相談してみましょう。