2024年11月から施行

freeeなら
『フリーランス保護法』
ラクラク対応
(フリーランス新法・正式名称:特定受託事業者に係る取引の適正化等に関する法律)

\ フリーランス保護法への対応をまとめました /

資料ダウンロード

\ フリーランス保護法への対応を支援します /

話を聞いてみる

フリーランス保護法とは?
(フリーランス新法)

フリーランスの安定した労働環境を整備することを目的とし、
フリーランスと発注者との間の取引を適正化するために
様々なルールが新たに法律として定められました。

それが『フリーランス保護法』です。

主に発注者側に対して、
業務委託における遵守事項などが定められています。

本LPの記載内容は2024年3月末時点での法令の定めに基づくものです。本プロダクトの機能は、現時点において、今後策定予定の政令やガイドライン等に遵守するものをお約束するものではありません。

施行後に変わること

フリーランスと取引する
全企業が対象になる

発注者側の企業に取引における
義務・ルールが定められる

フリーランスの就業環境の
整備・配慮が必要になる

フリーランス保護法への対応をまとめた
最短攻略ロードマップをご活用ください

フリーランス保護法への対応方法について
速報を弁護士が無料セミナーで解説します

フリーランス保護法開始までに
対応すべきこと

01 まずフリーランス保護法の
遵守対象になるかを確認

下記の項目に該当する方は、フリーランス保護法への対応準備が必要です。

フリーランスとの取引がある
(自営業・副業問わず)
従業員を雇っていない
1名企業との取引がある

02 準備スケジュールを確認

2024年11月1日の施行までに
対応準備が必要です。

※フリーランス保護法は2023年4月に成立し2024年11月1日に施行予定。2024年10月までには準備を整えておくと安心です。

フリーランス保護法準備期間 2024年4月~20224年10月 2024年秋頃(施工日未定)

03 下記やることリストの対応を進行

フリーランス保護法で新たに定められるルールを遵守するためには
主に下記の項目について、短期間のうちに検討と対応を進めなければなりません。

フリーランス保護法の対象となる
取引先を整理をする
契約書・発注書フォーマットを
フリーランス保護法に対応させる
取引義務を考慮した
業務フローに変更する
就業環境の整備と
社内へのルールの周知を行う

\ フリーランス保護法への対応をまとめました /

資料ダウンロード

\ フリーランス保護法への対応を支援します /

話を聞いてみる

freee業務委託管理を使えば
フリーランス保護法への対応が
ラクラクに

01 フリーランスの情報を一元化できる

社内全体でどのフリーランスと
取引しているのか把握ができていない…

「タレマネ機能」を使えば、
取引するフリーランスを可視化することで
情報統制が可能に!

02 法令に対応した発注書の発行が可能になる

フリーランス保護法に対応した発注書を
作成できているか不安…

法令に対応した発注フォーマット
入力するだけで簡単発行!

※下請法にも対応!

03 請求管理機能を完備!支払漏れが防げる

今までルーズに対応していたから、
受領日から60日以内に支払いできるか不安

発注情報に紐づけて請求管理ができるので、受領日の管理と支払い漏れを防止!
未請求のフリーランスへの
自動リマインド機能もあるので安心。

フリーランス保護法への対応以外にも
日々の取引や情報管理を早く・安全に進めるための機能が
たくさんあります!

機能一覧はこちらから

フリーランス保護法への対応は
freeeにお任せください!

フリーランス保護法への対応をまとめた
最短攻略ロードマップをご活用ください

フリーランス保護法への対応方法について
速報を弁護士が無料セミナーで解説します

フリーランス保護法への対応を
支援します