会社設立freeeイメージ図

会社設立に必要な定款が
無料で作成可能

電子定款にも対応。会社設立の書類作成をサポートいたします。

会社設立freee内での定款の作り方

1 必要な情報の入力

必要な情報の入力

定款の作成に必要な情報を会社設立freeeに入力していきます。上から順番に入力していくと、定款に必要な情報が全て入力され、定款の認証に必要な書類や、印鑑も準備できます。

2 定款の認証方法を選択する

定款の認証方法を選択する

作成した定款は、公証役場で認証を受ける必要があります。電子定款と紙定款の2通りの認証方法から、自分に合うものを選びましょう。電子定款の利用は手数料が5,000円かかりますが、紙定款では印紙代(約4万円)が生じるため、トータルで考えると電子定款の方が費用の負担が安く済みます。

3 定款の認証を受ける

定款の認証を受ける

公証役場にて、作成した定款の認証を受けます。紙定款の場合は自力で提出しなければなりませんが、電子定款の場合は提出まで行政書士が代行してくれます。

4 定款認証後の作業へ移行

定款認証後の作業へ移行

定款の認証後には、出資金の払い込みや登記書類を法務局へ提出するなどの作業が必要となります。さらに、年金事務所や税務署などに書類を提出する必要もありますが、そのような準備も会社設立freeeで完結します。

電子定款の作成も会社設立freeeで

定款サンプル

会社設立freeeでは電子定款での会社設立にも対応(5,000円)。
紙定款で生じる印紙代(約4万円)のコスト削減が可能です。

定款作成後の会社設立手続きもサポート

定款の作成だけではなく、登記手続きや、法務局・年金事務所などの各省庁に提出する書類に関しても会社設立freeeで作成可能。

会社設立freeeでは書類の作成だけではなく、会社設立に必要な法人印のセットや法人口座・法人カードの申し込み手続き、会計ソフトや給与計算ソフトの案内も行っております。

定款の基礎知識

起業家の負担を軽減し、
いち早く本業にフォーカスできるよう

会社設立を目指す多くの人にとって、手続きは大きな負担となっています。
約半数の人は手続きに課題を感じ、およそ3割の人は設立するまでに3ヶ月もの時間を要しています。

設立の困難さから、会社設立をする人々を開放したい。会社設立freeeはテクノロジーを活用することで、いち早く本業にフォーカスできるよう、会社設立をする皆様を手厚くサポートいたします。