freeeを使いこなせれば、管理業務が最低限で済む

株式会社 バイオセラピー開発研究センター 代表取締役 豊田 剛史 様

課題
経営の課題をリアルタイムに把握

【事業内容】食品・化粧品原料の販売、アイスクリームショップ

freee 導入の背景

融資拡大に伴う、金融機関とのやりとりを削減

会計freeeの導入を決めたのは、新規事業としてアイスクリームショップを出店した際です。事業拡大を進めていく上で、金融機関とどのようにして密にコミュニケーションをとっていくかを検討している最中、取引先の金融機関より紹介を受けました。


それまでは、金融機関とのやり取りで自社の業績を報告する際、わざわざ既存ソフトから試算表を出力して持っていったり、逆にこちらに取りに来てもらったりしていました。それが、会計freeeを使えばクラウド上で金融機関の担当者に財務状況をいつでも確認してもらえます。金融機関への行き来の時間が節約でき、加えて会計ソフトのコストも10分の1近くに下がることもあって、すぐ導入を決めました。


請求業務が、システムに統合されていることも魅力でしたね。それまでは、見積書も請求書もエクセルを使って出力し、過去分を確認するときはリングファイルにとじた紙を見ていましたから。


ちなみに、アイスクリームショップをオープンするタイミングで、会計freeeと併せて会計freeeに連動するPOSレジの導入も行いました。

会計freeeを導入して

経理スタッフ1名で複数店舗管理を実現

会計freeeの導入効果を最も感じるのが、会社が急拡大したのに、経理スタッフが1名で済んでいることです。拠点や取引先が日々増えていっていますが、経理スタッフは引き続き1名のみで経理業務を行っております。


また、リアルタイムに確かな数字を確認できる点も会計freeeの魅力ですね。


例えば、エクセルで行っていた資金繰り管理も、現在は手間をかけることなくリアルタイムに確認することが出来ます。それまで、取引が発生した段階で売掛買掛が確定しているのに、資金繰りがすぐ明確にならず、もやもやしたストレスがありました。


しかし、請求業務もキャッシュフローも、今は会計freeeで“見える化”できています。


経理担当者には、スマホで領収書を撮影すると仕訳を作ってくれる機能が好評です。各拠点の経費は、それぞれの社員に領収書を撮影してもらいっています。税理士とも会計freee共有しており、会計freee上にアップロードされた帳票写真を見ながら相談できることに、経理担当者は助けられているようです。


会計freeeを活用することで、今後更なる事業拡大の際にも、無理なく経理部門を大きくすることができるでしょう。


もし、会計freeeがなければ、事業拡大にあわせてバックオフィスの人員を増やしたにもかかわらず、業務は空転するという悪夢のような状態だったのではないでしょうか。