日本の田舎を若者が活躍できるまちへ!地域おこし協力隊から起業したローカルベンチャーがfreeeと共に挑む未来

合同会社オフィスくりおこ 代表社員CEO 石井翔馬氏・業務執行役員 高橋毅氏

課題
初心者でも経理や労務を簡単に

都会から北海道栗山町へ移住し、地方創生、町の関係人口拡大に熱意を捧げる二人の若者がいます。人口減少や高齢化の進行が著しい地方で、地域外の人を積極的に受け入れ、地域の課題解決に共に取り組む最長3年間の制度、「地域おこし協力隊」を通じ出会った、石井翔馬氏と高橋毅氏は、協力隊任期中に地域商社『合同会社オフィスくりおこ』を起業しました。地場産品を活用した飲食店、町の滞在拠点となる宿泊施設、行政からの委託事業 ふるさと納税業務などを主軸とした、地域密着型ビジネスを通し、地方でもビジネスにチャレンジ出来る、新しいスタンダードを作りたいと語るお二人に、描いた未来を実現していく方法を聞いてみました。

自分の経験を生かして、好きな場所で働いてみたい

代表社員CEO 石井翔馬氏 僕は、埼玉県出身で大学では栄養学を専攻していました。


卒業後は病院で管理栄養士の仕事をしていたのですが、「ごちそうさま」や「美味しかった」と言われると嬉しかったので、対面でお客さんとコミュニケーションが取れる仕事を求め、都内の飲食店に転職、店舗マネージャーとして調理や店舗運営を経験しました。その後、新しいことにチャレンジしてみたいと思い、栗山町地域おこし協力隊と出会いました。もともと北海道が好きで移住を検討していたので、迷うことなくすぐ申し込みました。管理栄養士の他に、調理師、北海道フードマイスターなどの資格や、これまでの自分の経験を生かして、北海道の美味しい農産物を使い、地方創生に取り組みたいと考えていたところ、無事合格となり、栗山町に移住しました。任期中はふるさと納税のPRや役場と一緒になって地域おこしの仕事に取り組みました。


“代表社員CEO


本気でやるには起業という選択肢しかなかった

業務執行役員 高橋毅氏 私は神奈川県出身で、高校卒業後、進学のため北海道に渡りました。そのまま北海道で旅行情報誌の出版社に就職、東京のIT企業を経て、栗山町地域おこし協力隊として栗山に移住してきました。


町で出会った人達や栗山町という町の居心地が良かったので、任期終了後独立し、この町に定住し、地域活性を行う手段として、任期3年のうち2年目には石井くんとローカルベンチャーの起業を選択し、事業計画を立て始めました。


私たちは飲食店がやりたいのではなく、栗山町の地方創生活動拠点、関係人口拡大拠点を作りたかった。そのため「ヒト・モノ・情報」が集まりやすい飲食店の形態をとることにしたのです。遠方からのヒトも滞在できるよう宿泊施設を併設することにしました。飲食店も宿泊施設も、可能な限り自分たちでDIYしてリノベーションを行いました。


“業務執行役員


地域おこしの先進事例をfreeeと共に実現する

“会社設立freeeのプロダクトイメージ”


会社を設立するにあたり、準備を始めました。


その中で知ったのが登記に出す書類がとにかく多いということ。そこで、僕たちのビジネスアドバイザーの勧めもあり、会社設立freeeを利用することにしました。起業が初めての人にもわかりやすいガイドがついていて、入力していけばフォーマットを出してくれるのでかなり助かりました。おかげで、登記も2週間ほどで終わり、その他の膨大な業務に専念できました。


そのまま会計freeeも使用していますが、使いやすいし、分からないことは情報共有して税理士さんに相談ができるし、自動入力の機能が充実しているので、会計処理にかかる時間がは少ないと思います。2人だけの会社で、会計処理の他にもやることに忙殺されている僕らには、思いを実現する伴走者のような存在です。税理士さんもfreeeを通じて知り合った方にお願いしています。とても親身になって対応してくださる方で、心強いです。

ふつうの僕たちでもできるから、自分もできると思って欲しい

“代表社員CEO


都会でないと新しいビジネスにチャレンジ出来ないなんてことは無いと思います。むしろ今は、地方の方がたくさんのビジネスチャンスがあるのでは、とも感じます。僕たちはそれを証明していきたいです。


僕たちは特別優秀なわけでも、能力が高いわけでもありません。ただ、それぞれの武器となる得意分野がまったく異なっていて、自分たちができることをそれぞれ精一杯やってきただけです。そんな僕たちの活動に賛同してくれたメンバーが新たに集まってきてくれて、今年新たな事業をローンチする予定です。


起業は日々新しいことにトライできるし本当に面白いです。いま、起業を考えている人がいたらきちんと計画を立てて、是非、チャレンジしてみてほしい。今は、便利なツールがたくさんある時代だし、興味あるなら、チャレンジしないともったいないですよ。


僕たちは、これからも田舎の可能性をこの町で追求していきます。知名度も低い、有名な観光地も特産品もない北海道栗山町で、持続可能なビジネスを展開出来れば、きっと日本中の田舎で応用できると思っています。


「日本の田舎で若者が活躍できる」未来を実現するため、僕たちは走り続けていきます。


オフィスくりおこHP
cafe&barくりとくらFacebook