ユビレジ(iPadレジ)と同期し、会計ソフトへの売上入力を自動化

factory 西原様

業種

従業員数

利用サービス

導入の効果

いままでものぐさだったので、クラウド会計ソフト freee(フリー)に入力する売上データは、月ごとでまとめていました。本来は日々入力するべきなんですが。

いまでは、freee(フリー)とユビレジを同期させているので、日々の売上げデータが会計ソフトに、自動で登録されるので非常に楽です。

売上データの入力時間は極端に言えば、0秒になりました。

基本的には、月ごとに売上げデータはまとめているのですが、もし毎日売上のデータを入力していたって考えると、一日あたり、10分〜15分はかかっていたと思います。

営業が終わって、締めの作業をして、そっからユビレジのデータを手入力で freee に入力すると考えると、スムーズにやったとしても、mac立ち上げて、アプリ立ち上げてってなるとそのくらいだと思います。

その作業が今は、極端に言えば0秒でいいので、非常に楽です。

日々の売上の入力っていう地味な作業ですが、閉店後に疲れているときにやらなきゃいけないことを考えると、10分や15分というちょっとした時間ですけど、個人事業主にとってはかなり嬉しい同期だと思いますね

現金売上・カード売上などの情報も自動取得

factoryでは、大きくお金の種別を 「現金」「カード」「売掛金」の3つに別けているんですが、その3種類を分けてfreee(フリー)が同期してくれます。

今までは、毎回入力してたんですが、freee(フリー)とユビレジを同期させてからは勝手にやってくれるので、すごく便利です。

手間が減ったのはもちろん、月ごとに入れていた会計情報が日々入力されているのっていうのは健全に経営をする上で非常に助かっています。

【取材情報】 協力:factory 西原典夫 さん