• HOME
  • 事例紹介
  • セキュリティも信頼できるクラウドソフトがfreeeでした

セキュリティも信頼できるクラウドソフトがfreeeでした

結婚相談NPO  
代表 影山頼央様

 

「門前払いをしない結婚相談所」として運営をされている結婚相談NPO様。5期目に突入し、立上げ当初からクラウド会計ソフトfreee(以下 会計 freee)と人事労務freeeを導入。

 

NPO法人だからこそfreeeを利用した方がよい理由を語っていただきました。

結婚相談NPOについて

影山様:世界中で様々な社会問題がある中で、私にとって一番身近で解決したい課題が国内の少子高齢化問題でした。ひとつの解決策として、周りの友人達が大手結婚相談所から条件を理由に入会を断られた事に背中を押され、非正規雇用者でも利用できる相談所を作ろうと設立に至りました。

 

これまでに、ゲームソフトの会社を経営していましたので法人の設立はこちらで2度目です。

結婚相談所という特性上、行政との連携が重要と考え特定非営利活動法人(以下、NPO法人)として設立をしました。

人事労務freeeの導入について

影山様:営利企業を経営していた頃は、税理士さんに経理や給与計算は任せきりでした。でもNPO法人ではそうもいかない。本当に資金繰りが大切なんですよ。常に最新の情報を確認しておく必要がある。

 

最初はあるパッケージの会計ソフトだけがNPO対応だったので、それを使っていたんです。その後、freeeさんが対応してくれて、「自分は会計をリアルタイムで把握したいから」と税理士さんと話し合い、切り替えて導入しました。人事労務freeeは会計freeeの良さを引き出すために必要だと感じ、自然な流れで人員採用と同時に導入しています。

 

人事労務freeeは採用開始のタイミングで、勉強も兼ねてぶっつけ本番で始めました。

 

いきなり全機能を使いこなそうとするタイプでは無いので、必要な機能から利用しようと思っていました。予想とは反対に、直感的なインターフェースで予想外に使いやすかったのと、分からなくてもチャットサポートが的確で、ぶっつけ本番の導入で全く問題ありませんでした。

少数だからこそクラウドで効率化が重要

影山様:私は代表ですが、少数であるためもちろん実務も行います。

 

そのため普段オフィスにはほとんどおらず、朝は横浜、昼は大宮、夜は八王子という感じで移動がかなり多いんです。いろんな所にいて、出先ではモバイルと外出用のパソコン、オフィスには別のパソコンといった形でデバイスも場所によって様々。

 

そのため、デバイス問わず業務できるというのがとても大事。freeeもそうですが、社内チャットや営業スケジュール管理など、出来る限りクラウドで業務を完結できるよう環境を整えています。

 

少数でこれから知名度もあげていくNPO法人という立場上、なかなか採用も苦労しますがクラウドツールを利用することで従業員の働き方も工夫できています。例えば結婚を機に、オフィスに通いづらい場所に住む必要が出てきた方には、リモートワークも認めています。

個人情報を取り扱うため、セキュリティも重視

影山様:お客様の個人情報を取り扱う関係上、セキュリティにはかなり気を配っています。

 

結婚相談所の中でも個人情報の管理方法も法人や個人でそれぞれ。例えば「私は、桐だんすに紙を入れて、帯でぐるぐる巻きにして管理してるから大丈夫」という方もいる。それは全然セキュリティとは言えないですよね。

 

自分たちのノートパソコンにウイルス対策ソフトを入れて、パソコンのローカル内だけで管理しているよりも、ちゃんとセキュリティを持っているクラウドを利用するほうが断然精度は高いと思います。

 

もしパソコンを盗まれたら終わりですよね。他にもウイルス対策ソフトの更新をサボってしまったために、いきなり安全性が落ちるというのもありますよね。

 

個人情報を管理するツールはもちろん、自分たちがバックオフィス業務で使うツールもセキュリティが整っているかを重視しています。

 

もちろん、クラウドツールの中でも“TRUSTeの認証”を取っているかなど、きちんとセキュリティが万全かを見ていて、その点freeeはしっかりしているなと思います。

中小規模の法人運営に関する知識も、freeeで改めて学びました

影山様:NPO法人の立上げにあたり、経営者としての経験はあるけれどもバックオフィスの部分はまだまだ知識が足りないなと思う部分があって、freeeのebookは一通りダウンロードして読みました。

 

またfreeeを普段使っていると、「○○しましょう」とか教えてくれるじゃないですか。

 

「あ、これもうこんなタイミングなんだ」って気付かされることがあって。

(例:人事労務freeeホーム画面)

経営者として、やはり最低限把握しておかないといけない会計知識、人事労務の知識というのを、freeeはちゃんと学びながら使えるなと思います。

 

税理士さんに相談するにしても、全く知識がなくて相談するというのと、一応基礎的な情報だけは情報を理解して話すのって、やはり全然違うんですよね。なので経営者として少し成長できたかな。

 

 

【取材情報】 協力 :結婚相談NPO

人事労務 freee

人事労務 freee

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。