freeeがあれば経理がいなくても会社が回る

ブレーメン株式会社 代表取締役 野口一仁 氏

課題
請求・入金消込を自動化

Q. あなたの会社の事業内容や想いについて教えてください。

弊社はウェブデザイン会社です。コーポレートサイトやブランドサイト、採用サイトなどクライアントの様々な想いを形にしながら、スタッフとクライアント一緒に成長してきました。
これまでウェブ制作を8年間ひた向きに続ける中で、中小企業の魅力をPRすることに心血を注いできました。そんなさまざまな取り組みが噛み合って現在は採用サイトと求人媒体との連携させるパッケージサービス「人事部長」を提供しています。求職者に企業の魅力を100%届けたい!そんな想いから生まれたサービスを大きく育てることにいま僕たちは夢中になっています。

Q. freeeを導入したきっかけは何でしたか?

2期目となり入金管理と経費処理業務が重たくなりはじめたころ、freeeかマネーフォワードの導入で悩みました。その時freeeにいた友人からの紹介もあって、freeeさんとのお付き合いが始まりました。
毎月月初には、平日にはなかなか時間がとれないため、週末土日を両日使っての請求書発行、経費処理業務で心も体もすり減っていました。また、入金の突合せも一人で行っていたため確認漏れが多く、ご入金いただいたお客様に「未入金ですけど……」とご連絡いれてしまい、クレームを起こしてしまう事態もありました。本当に頭をかかえ、営業に100%集中できない状態でした。

Q. freeeを導入いただいた後の変化について詳しく教えてください

年商1億を超えるようになった現在も弊社には社内に経理がいません。案件管理・請求書発行boardというSaaSを利用し、カード経費精算、入金管理にて会計freeeを活用させていただいてます。


freeeのさまざまな機能をまだ完全に使いこなせていませんが、あの頃エクセルで入金の突合せをし、通帳にボールペンで斜線を入れ、経費を手入力していた消耗される日々を脱することができて、経営のスピードが著しく向上しました。


また、税務調査が来たときも問題なくクリアできて、還付金まで返ってきたのはfreeeで完璧に収支を管理できたことが要因でした。


freeeで経理のここが変わった

  • ・経理の時間を大幅に削減
  • ・税理士さんとの連携がしやすくなった
  • ・銀行口座やクレジットカードの明細を自動連携できるので、手間と手入力ミスが減った
  • ・請求・入金消込を効率化できた


ブレーメン株式会社 社内風景

Q. よろしければ今後の事業やあなた自身の展望、想いについて教えてください

HR領域において自社開発SaaSにて6年以内にIPOを目指します。
参入余地が十分ある市場であり、企業と求職者のミスマッチの改善、企業の魅力をダイレクトに求職者に届ける術にはまだまだ伸びしろもあります。


これからの組織拡大、サービスの拡充に伴った裏方で経理処理、入出金管理などをfreeeさんにきっちりと守ってもらうことで僕たちは本業に専念させてもらうつもりです!これからも末永くよろしくお願いいたします。


ブレーメン株式会社 代表取締役 野口一仁 氏