全てのデータをリアルタイムで確認

NPO法人 NEWVERY 小崎様

課題
複数人・複数拠点で経理データを共有

freee導入のきっかけ

社内のコーポレートガバナンス強化のために導入しました。freee導入前も他の会計ソフトを導入していましたが、各事業部ごとの売上を入力するのみで出費は把握出来ないという状況でした。

入出金管理をしっかりと行いたいと他の会計ソフトを検討している際、税理士さんにfreeeを勧められ導入しました。

freeeを導入してみての成果

場所にとらわれず複数人での作業が可能になりました

法人全体として場所に囚われない環境にも関わらず、経理に関してはどうしても社内のデスクトップ前で行う作業となっていました。freeeを導入してからは、どこにいても作業が可能となり、夜家に帰ってくつろいでいる時にチェックすることもあれば、電車を待っている時や移動中など、会社の外で業務ができるようになったというのは非常にメリットが大きいです。

また、全てのデータをリアルタイムで確認できるので、すぐに経理状況を確認できるようになりました。



浮いた時間をコーポレート強化に当てています

freeeを導入して出来た時間をビジネスユニットでの管理会計に使っています。法人全体のコーポレートガバナンス強化という方向にシフトできるようになりました。