freeeは自社の経営を常に把握できる最強ツール

株式会社イン・ザ・コム 代表取締役 石橋 幸一朗 氏

課題
経営の課題をリアルタイムに把握

Q.あなたの会社の事業内容や想いについて教えてください。

佐賀県中心に九州でウェブ制作・ウェブコンサルティングを行っています。


元々行政書士として起業しましたが、起業一ヶ月目に先行きの暗さを感じました。自分で行政書士事務所のウェブサイトを初心者用のソフトで作っていると、それが楽しくて独学でウェブ制作を行うようになりました。


最初の依頼が健康商材販売サイトを制作だったのですが、ブームに乗って面白いように売れました。「ウェブってすごいなぁ」と感じのめり込んでいきました。


集客・求人をやるからには成果が出るまで責任を持つという姿勢と、佐賀のIT化を推し進めたいという思いでこれまでやってきて、佐賀県内で一番ウェブサイト制作実績がある会社に成長させることができました。


株式会社イン・ザ・コム

Q. freeeを導入したきっかけは何でしたか?

6年前くらいに法人化し、それと同時にfreeeを導入しました。きっかけは無料体験版を試して使いやすかったからですね。


当時は経理について全く知らずに勘定項目の意味や請求書の消込み作業などでつまづきfreeeのチャットで何回も聞いていました。素人相手にも根気強く教えていただいて、今では経理も朝飯前です。

Q. freeeを導入いただいた後の変化について詳しく教えてください

導入前は個人事業主だったこともあり、今と比べると適当に経理をやっていたのだなと思います。年末に慌てて税理士さんの元に駆け込むこともありました。


知り合いの社長さんたちからよく聞く話では、「試算表は2ヶ月後に税理士事務所からもらえる」といったことがあるそうです。しかし私はfreeeですべて把握しているので、リアルタイムで試算表を出すことができます。


資金繰りの変化を自分で理解しようとする姿勢を持っている方はfreeeが絶対に合うと思います。


私は毎日freeeを見ながら経理を数分だけ行っています。毎日行うことで変化に気づきやすいと感じています。

freeeで経理のここが変わった

  • ・経理の時間を大幅に削減
  • ・時間・場所を問わず経理ができるように
  • ・税理士さんとの連携がしやすくなった
  • ・銀行口座やクレジットカードの明細を自動連携できるので、手間と手入力ミスが減った
  • ・請求・入金消込を効率化できた
  • ・リアルタイムで経営状態・経営課題を確認できる

Q. ぜひ今後の展望を教えてください

これまで培ってきた集客・求人についてのウェブコンサルティング知識を活かし、今後は自社サービスを展開していきたいと思っています。