• HOME
  • 事例紹介
  • 複数拠点の労務管理もリアルタイムに情報を取得できて便利です

複数拠点の労務管理もリアルタイムに情報を取得できて便利です

株式会社 ファームシップ 
西川実緒 様

株式会社ファームシップについて

未来の農業を「つくる」「とどける」「育成する」を掲げたアグリテックカンパニー。
“生産と流通の合理化にICTを活用して取り組む農業サービス企業”として2014年に創業されました。現在、東京都と静岡県富士市、兵庫県伊丹市を拠点に、「植物工場事業部」、「流通事業部」、「人材事業部」を展開。


拠点も複数、子会社も設立。会社の成長に4名体制で行うバックオフィス業務の効率化は急務。どのように効率化を実現されているのか、freeeを実際にご利用頂く西川様にお話を伺いました。

人事労務 freeeの導入について

西川様:当社は代表が公認会計士資格を持っており、会計士さんと繋がりがあるのですが、「既存のソフトよりもfreeeのほうが絶対にいいよ」という勧めもあり、2017年の1月から本格的に会計freeeの利用を始めました。連動している人事労務freeeも同年の年末調整から使っています。

人も場所も増えたけど年末調整は手間をかけずに

西川様:お陰様で人員も今70名近く、拠点も増えているんですが、バックオフィスは各拠点にあるわけではなく、東京に集中しています。


そのため富士市と伊丹市の拠点に在籍する社員に、年末調整の保険額などの記入用紙を送って回収してという作業が紙ベースだととても大変なんです。全部合っていれば1回で済むんですが、間違って記入されていたりすると修正してもらうのも非常に手間がかかるんです。


今回の場合は記入状況も人事労務freeeでリアルタイムで把握でき、修正してほしい部分もお互いクラウドで確認しながら対応できるので、とても便利でした。

他社勤怠サービスと連携して人事労務freeeで給与計算

西川様:勤怠管理は大きく社員とパートさんで分かれております。


社員は基本は固定給の固定残業代です。そのため給与計算に勤怠情報はそこまで影響しません。出勤簿の予定表のような形で、人事労務freeeの勤怠画面で“来月こういうふうに働きます”というのを、前もって入力して利用しています。


パートさんについてはシフトを都度作成し実際の勤怠管理を厳密にするため、「シュキーン」という人事労務freeeに連携できる別のクラウドソフトも併用して利用しています。

新しい新人の担当者にも感覚的に使えるので教えやすい

西川様:今現在70名の従業員に対してバックオフィスは4名で行っており、そのうち1名が経理、人事労務いずれも初めての新人さんです。


知識が少なくても、感覚的に使えるので本人の理解も早いなと思います。たとえば会計なら、「売上だから収入できって」とシンプルなので教えやすい。


少ない人数でいかに効率よく回せるかは、システムの活用にかかってきます。今後も出来るだけシステムで効率化、業務をシンプルに出来たらと思っています。

人事労務 freee

人事労務 freee

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。