freee(フリー)公式ブログ

利用規約の改定について

平素より「freee(フリー)」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

今後予定しております「クラウド給与計算ソフトfreee(フリー)」正式版リリースに伴いまして、2014年8月19日付で利用規約が改定されましたので、お知らせいたします。
給与計算freeeの利用に関する定めが主な改定内容となります。

具体的な変更点は、下記をご覧ください。

改定後の全文は、利用規約ページをご覧ください。

今後とも「freee(フリー)」をよろしくお願い申し上げます。

【利用規約変更点】

  • 第1条(目的)に下線部を追加しました。

本規約は、フリー株式会社(旧CFO株式会社)(以下「当社」といいます。)が提供する事業者向け「クラウド会計ソフト freee(フリー)」および「クラウド給与計算ソフト freee(フリー)」 (以下、合わせて「本サービス」といいます。)の利用に関し、当社と会員の間に適用されます。

  • 第6条(利用料金及び支払方法)に下線部を追加しました。

有料会員は、毎月、当社に対して、本サービスの利用の対価として、当社が各サービスごとに別途定める利用料金を支払います。なお、「クラウド会計ソフトfreee(フリー)」と「クラウド給与計算ソフトfreee(フリー)」の有料サービスを利用する場合、それぞれ利用料金は別に発生します。利用料金の支払がない場合、当社は会員に対する有料サービスの提供を停止し、当該会員の会員情報の全部または一部を、一定期間の経過後に削除することがあります。

  • 第7条(会員ID等)に下線部を追加しました。

4 会員は、利用者に本規約の内容を遵守させるものとします。利用者の本規約違反は、会員の本規約違反とみなし、会員および利用者は連帯して責任を負うものとします。

  • 第13条を「(会員による本サービスの解約)」とし、一部を変更、下線部を追加しました。

会員は、本サービスのいずれかを利用契約を解約する場合、当社所定の方法により解約手続きを行うこととし、当該解約手続きの完了をもって、当該サービスの利用契約が解約されるものとします。この場合 、会員は自己の責任において、当社からの解約に関する通知を確認するものとします。複数のサービスを解約する場合は、各サービスごとに解約手続きを行うものとします。

  • 第14条 (当社による契約解除)に下線部を追加しました。

当社は、会員が次の各号の一つに該当した場合には、会員に対して何らの通知催告をすることなく、本利用契約の一部または全部を解除して会員に対する退会処分を行い、または本サービスの一部または全部の提供を停止することができます。

  • 第23条 (損賠賠償及び免責)に下線部を追加しました。

当社は、本サービスに関して会員に生じた損害について、当社に故意または重過失が認められる場合には、当該損害の直接の原因となったサービスについて、当該会員から受領した利用料金の1か月分に相当する額を上限としてその損害を賠償し、それ以外の損害については一切その責任を負いません。

この件に関するお問い合せは、freee@freee.co.jpにお願い致します。


freee(フリー)公式ブログ

データ保持期間の変更について

freee から、「クラウド会計ソフト freee」のデータ保持期間変更のお知らせです。

2014年7月10日以降に「クラウド会計ソフト freee」にご登録いただいたお客様は (※)、「クラウド会計ソフト freee」にご登録いただいたデータを閲覧・修正・削除いただける「データ保持期間」が直近1ヶ月となります。

標準プランのお客様にご提供しております、「初期3ヶ月分無料」につきましては変更ございません。

データ保持期間についての詳細はこちらのヘルプページをご覧ください。

(※) 既に freee にご登録済みのお客様で、2014年7月10日以降に作成いただいた、「新規事業所」も対象になります。
(※) 2014年7月9日までに作成いただいた事業所は、今後ともデータ保持期間は3ヶ月のままご利用いただけます。

freee サポートデスク 前村


freee(フリー)公式ブログ

Apple Store 渋谷にてイベント「Mac で使えるクラウド会計を使って決算書を作成しよう」を開催しました。

Apple Store 渋谷 看板
2014年4月23日、Apple Store 渋谷にてイベント「Mac で使えるクラウド会計を使って決算書を作成しよう」を開催しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は、
①freee を使った法人の決算書の作成方法
②質疑応答&タッチアンドトライ
を中心にイベントを進行させていただきました。

今回のイベントが 会計・経理効率化の一助になれば幸いです。
お忙しい中、朝早くから参加していただき誠にありがとうございました。

今後も freee はユーザーさまにあったイベントを開催していく予定です。
是非ご参加下さい。

なお、イベントに関する情報は、freee 公式 facebook ページ、もしくは freee に登録したアドレスを中心に告知しております。
今後 freee が開催するイベントに参加したいという方は、両方ともチェックすることをオススメ致します。


freee(フリー)公式ブログ

プライバシーポリシーの改定について

平素は、「freee(フリー)」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

2014年4月5日付でプライバシーポリシーを改定いたしますので、お知らせいたします。

プライバシーポリシー内に、一部曖昧な記述がございましたため、より詳しく記述致しました。

具体的な変更点については、下記をご覧ください。

改定後の全文は、プライバシーポリシーページをご覧ください。

今後とも「freee(フリー)」をよろしくお願い申し上げます。

【プライバシーポリシー変更点】

  • 「3 ログファイル・クッキー・ウェブビーコン等の技術的情報について」に、下線部分を追加しました。

当ウェブサイトでは、ログファイルの収集、クッキーの送信(広告の効果測定を目的とした第三者サーバーからのクッキー送信を含む)、ウェブビーコンの設置などにより皆様のIPアドレス、アクセス回数、ご利用ブラウザ、OSその他利用端末などの情報を収集しています。クッキーは皆様がご利用のブラウザの設定によって受け入れを拒否することができますが、その場合にはウェブサイトのサービスの一部がご利用頂けなくなる可能性があります。これらの情報は、当ウェブサイトの利用傾向の分析や問題発生時の原因究明を目的に収集しており、個人を特定する目的の利用はしておりません。

この件に関するお問い合せは、freee@freee.co.jpにお願い致します。


freee(フリー)公式ブログ

利用規約・プライバシポリシーの改定について

平素は、「freee(フリー)」をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

近日中のスマートフォン用アプリの公開に伴いまして、2014年2月10日付で利用規約およびプライバシーポリシーを改定いたしますので、お知らせいたします。

規約の適用範囲がアプリにも拡大される点や、アプリの利用に関する定めを追加しております。

具体的な変更点は、下記をご覧ください。

改定後の全文は、利用規約ページおよびプライバシーポリシーページをご覧ください。

今後とも「freee(フリー)」をよろしくお願い申し上げます。

【利用規約変更点】

  • 第2条(定義)に下線部分を追加しました。

(5) 本サイト

当社が本サービスを提供するために運営するウェブサイトをいいます。本サービスは、本サイトまたは次号に定義する本ソフトウェアを介して利用者に提供されます。

  • 第2条(定義)に新しい第6号 本ソフトウェアを追加し、既存の第6号は第7号に、第7号は第8号に、第8号は第9号に、第9号は第10号に、第10号は第11号に、第11号は第12号に変更しました。

(6) 本ソフトウェア

当社が本サービスを提供するために作成・公開するアプリケーション・ソフトウェアをいい、アップデート版、修正版、代替品および複製物を含みます。

  • 第6条(利用料金及び支払い方法)に、下線部分を追加しました。

3 本サービスを利用するために必要となる通信費(本ソフトウェアのダウンロードおよび利用のために発生する通信費を含む)、および通信機器等は、会員の負担と責任により準備するものとします。ただし、会員の使用する通信機器等において、本サイトおよび本ソフトウェアが正常に動作することを保証するものではありません。

  • 第12条(禁止行為)に、下線部分を追加しました。

(2)  本利用契約に基づき当社から提供された本サイト、および本ソフトウェアを含む情報および役務を本サービスの目的以外のために使用する行為

  • 第14条(当社による契約解除)に、下線部分を追加しました。

(2) 第12条および第18条に定める禁止行為のいずれかを行うなど、本規約に違反する行為を行った場合において、当該違反の性質からして事後の是正が困難であるとき

  • 新たに「第6章 本ソフトウェアの提供」を設け、新しい第17条〜第20条を追加し、既存の第6章は第7章に、第17条は第21条に、第18条は第22条に、第19条は第23条に、第20条は第24条に、第21条は第25条に、第22条は第26条に、第23条は第27条に、第24条は第28条に変更しました。

第6章 本ソフトウェアの提供

第17条(使用許諾)

当社は、本サービスの利用に際して本ソフトウェアをダウンロードした利用者に対し、本規約に従うことを条件に、非独占的な使用を許諾します。なお、本ソフトウェアの著作権は当社に帰属します。

第18条(ソフトウェアに関する禁止事項)

会員は、本ソフトウェアの利用にあたり、第12条に定める事項の他、次の各号に定める行為を行ってはいけません。

(1)本ソフトウェアの複製、翻訳、翻案等の改変を行うこと

(2)本ソフトウェアの販売、配布、再使用許諾、公衆送信(送信可能化を含む)、貸与、譲渡、またはリースその他の処分を行うこと

(3)本ソフトウェアに設けられたコピーガード等の技術的な保護手段を回避する方法で使用すること

(4)本ソフトウェアの一部または全部のリバースエンジニアリング、逆コンパイルもしくは逆アセンブルを行い、またはその他の方法でソースコードを抽出すること

(5)第三者が複製できるように本ソフトウェアを公開すること

(6)前各号に定める他、本ソフトウェアの利用目的に照らして当社が不適切と判断する行為

第19条(利用制限)

次の各号に定める場合、会員による本ソフトウェアの利用の一部または全部が制限されることがあります。

(1)利用資格等の確認を目的としたライセンス認証、会員ID等の認証機能において、利用資格等の確認ができない場合。

(2)インターネット接続ができない場所において本ソフトウェアを利用する場合

(3)リアルタイム通信ができない通信状況において本ソフトウェアを利用する場合

2 当社は、本ソフトウェアに関するサポート、修正版(アップデート版を含みます)の提供を行う義務を負いません。またあらかじめ会員へ通知を行うことなく、本ソフトウェアの修正、変更、アップデート、または提供の終了を行う場合があります。

第20条(退会に関する注意事項)

会員が退会を希望する場合には、第13条に定める手続きをとらなければならず、使用される端末上で本ソフトウェアを削除または廃棄しただけでは、退会手続きは完了しません。

【プライバシーポリシー変更点】

  • 「3 ログファイル・クッキー・ウェブビーコン等の技術的情報について」に、下線部分を追加しました。

当ウェブサイトでは、ログファイルの収集、クッキーの送信、ウェブビーコンの設置などにより皆様のIPアドレス、アクセス回数、ご利用ブラウザ、OSその他利用端末などの情報を収集しています。クッキーは皆様がご利用のブラウザの設定によって受け入れを拒否することができますが、その場合にはウェブサイトのサービスの一部がご利用頂けなくなる可能性があります。これらの情報は、当ウェブサイトの利用傾向の分析や問題発生時の原因究明を目的に収集しており、個人を特定する目的の利用はしておりません。

この件に関するお問い合せは、freee@freee.co.jpにお願い致します。


freee(フリー)公式ブログ

基本的な操作と用語

freeeでは事業に関連する現金や預金の動きで、登録する収支を「取引」と呼んで入力していきます。
「取引」の入力は、

(1)ネットにある情報を利用して入力する「自動で経理」
(2)全て手動入力する「取引を登録」

の2つがあり、(1)のネットにある情報をfreeeへ取込む方法として、

(A) freeeが自動で取込んでくれる「同期」
(B) 手動で取込む「明細アップロード」

の2つがあります。


freee(フリー)公式ブログ

全自動のクラウド型会計ソフトfreeeなら税務申告も簡単にできます 〜税理士事務所向け〜

freeeとNTTデータ「達人」を同期させると申告用データも自動で作成できます

freeeは、NTTデータの税務申告を簡単にできるソフト「達人」と同期させることができます。

操作方法

freee✕達人
  • ホーム上部ののメニューバーから「決算」→「申告データの作成」をクリックします
  • 「インポート用ファイルのダウンロード」をクリック

これだけで、達人にインポートするデータができます。
これを達人にインポートすれば、簡単にできます。

決算期に多くの案件を抱えている税理士事務所などの方は、是非この機能を活用してみてください。


freee(フリー)公式ブログ

freee が「イノベーション東北」のサポーター企業になりました

イノベーション東北
全自動のクラウド会計ソフト「freee(フリー)」が、「イノベーション東北」のサポート企業に、なりました。
「イノベーション東北」は、Google がサポートするインターネットを通じて東北のビジネスやコミュニティの復興を支援するプロジェクトです。
詳しくは、Google 公式ブログをご覧ください。


freee(フリー)公式ブログ

freeeとユビレジを同期させましょう

売上がすぐに会計ソフトfreeeに同期される

飲食店経営者など、小売店向けのPOSレジサービスユビレジとfreeeは、同期させることができます。
ユビレジとfreeeは同期させることにより、売上をリアルタイムで帳簿に反映させることができます。
今日は、そのやり方を紹介したいと思います。

操作方法

まず、freeeにログインしたら、ホームから、左側の「+口座を登録」をクリックします。
スクリーンショット 2013-11-17 18.17.42
すると、下の「その他各種サービス」のところに、「ユビレジ」をクリックします。
ユビレジ
次に、ユビレジのログインIDを入力したら、「タグのマッチングをしましょう:設定」というボタンがホーム画面に現れます。
スクリーンショット 2013-11-17 18.22.38
最後に、ユビレジのタグをfreeeの勘定科目のどれに対応させるかだけ選択します。
スクリーンショット 2013-11-17 18.23.34
たったこれだけの操作で、ユビレジとfreeeを同期させることができます。

またfreeeユーザーでユビレジをお使いでない方は、ユビレジの月額料金5000円が3ヶ月無料で使えますので、これを機会にユビレジを試してみてはいかがでしょうか?
詳細は、こちらからご覧いただけます。


freee(フリー)公式ブログ 機能紹介

株主資本変動計算書もfreeeで出力できます

freee機能紹介として今日は、株主資本変動計算書もfreeeで出力できるということをご紹介したいと思います。

株主資本変動計算書とは?

株主資本変動計算書とは、貸借対照表のうち、純資産の部分の変動を詳しく記述する財務諸表の1つです。freeeを使えば、この株主資本変動計算書も簡単に作成することができます。

freeeで株主資本変動計算書を出力する方法

⇒「決算」から「決算書の作成」を選択し、「決算書の出力設定」の部分で、「株主資本変動計算書」を横形式で選択します。
株主資本変動計算書,設定画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。
⇒「株主資本変動計算書の編集」をクリックすると編集ができます。(ここで、損益計算書を下に”新株の発行””剰余金の配当””当期純利益”といった項目を埋めて下さい。期首と期末の純資産の残高は左上のボタンから自動取得できます。)

株主資本変動計算書,編集画像はクリックすると拡大してご覧いただけます。
⇒「決算」から「年度締め」を選択し、年度締めを行います。(*必ず、年度締めをする前に、株主資本変動計算書を”横形式”で出力できるようにしておいて下さい)
⇒あとは、決算書を出力するだけ「株主資本変動計算書」が作成できます。

このように、全自動のクラウド型会計ソフトfreeeを使えば、法人であっても財務諸表を簡単に作成することができますので、是非ご利用下さい。