源泉徴収票・給与支払報告書の
作成を簡単に

クラウド給与計算ソフト freee (フリー) なら 平成28年の様式に対応した
源泉徴収票を簡単に作成できます。
作成した源泉徴収票は従業員が自分でPDF出力や
スマートフォンアプリで閲覧できます。給与支払報告書の作成にも対応。

導入のご相談はこちら

03-4560-9926

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)

源泉徴収票の作成が freee なら簡単に

平成28 (2016) 年の源泉徴収票の様式は、マイナンバー記載の他に、サイズの変更・レイアウトの変更があります。
クラウド給与計算ソフト freeeでは、平成28 (2016) 年の様式に対応した源泉徴収票を、はじめての方でも簡単に作成できます。

源泉徴収票をあっという間に作成

給与計算に必要な情報を入力すると freee が自動で源泉徴収票を作成します。

源泉徴収票・給与支払報告書は
給与計算 freeeでまとめて作成

源泉徴収票とは

源泉徴収票とは、その年の給与や所得税、社会保険料の額をまとめた書類です。 年末調整の計算が終わったら従業員全員に配布・税務署に提出する必要があります

源泉徴収票を自動で作成

クラウド給与計算ソフト freee なら、源泉徴収票を自動作成。 税務署用にマイナンバー記載の提出形式でPDF出力できます。 従業員も自分で出力できるので、配布は不要。

給与支払報告書も作成

源泉徴収票と同内容で、市区町村に提出する書類は給与支払報告書と呼びます。freeeはマイナンバー記載の給与支払報告書にも対応。送付先窓口の宛名ラベルも出力も一緒に出力できるので、役所への提出の負担も軽くなります。