労働保険の年度更新を
カンタンにするソフト

労働保険(雇用保険・労災保険)の年度更新は面倒な作業です。
freeeなら保険料を簡単に計算し、申告書を作成。
そのまま電子申請をすれば、納付も完了。
日本初のe-gov連携ソフトのfreeeなら、年度更新の全てが
オンラインで完結します。

導入のご相談はこちら

03-4560-9926

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)

年度更新の申告書を自動で作成

これまで支払った賃金や雇用保険料などの簡単な情報を入力すれば、自動で申告書を作成。
確定保険料や概算保険料など、必要な計算はワンクリックで完了するので知識が無くても安心です。
常用労働者と役員、臨時労働者などの区分にももちろん対応。

そのまま電子申請と納付ができる

申告書を作成したら、そのまま画面をクリックして電子申請と納付を完了。
いちいち労働局や銀行に足を運ぶ必要はもうありません。
日本初のe-gov連携ソフトであるfreeeなら、すべての操作が画面上で完結します。

複雑な経理処理もワンクリック

労働保険料で難しいのが、申告後の経理業務。
会計ソフトfreeeとの連携で、複雑な処理がワンクリックで完了します。
立替金や未払費用、法定福利費など、面倒な仕訳はfreeeにお任せ。

算定基礎賃金集計表に対応

「算定基礎賃金集計表」は、労働保険の年度更新で申告する書類です

確定保険料の計算

過去1年間の賃金を集計し、確定保険料を自動計算。それを過去に支払った保険料と差引し、充当額や還付額まで算出します。

概算保険料の計算

今後1年間の賃金と保険料を予想し、概算保険料を自動計算。算定基礎賃金集計表における、今回の申告額に反映させます。

一般拠出金の計算

一般拠出金の計算にも対応しています。(一般拠出金とは、石綿健康被害救済法で徴収の義務が定められた拠出金です)

毎月の雇用保険料の計算にも

雇用保険料の控除

毎月の雇用保険料を自動計算、従業員の給料から控除し、給与明細に反映。従業員の年齢判定にも、もちろん対応しています。

保険料率の改定も自動

freeeはクラウド型なので、保険料率の改定にも自動対応。いちいちインストールやアップデートをする必要もなく、正確な計算ができます。

安心のサポート体制

メールサポートに加え、その場で聞けるチャットサポートをご用意。操作方法や、年度更新の疑問にもお答えします。