会社を伸ばす攻めのバックオフィスクラウドERP freee
クラウドERP

クラウドERPとは?
特徴を解説します

ERPとは統合基幹業務システム

ERPは、企業活動で必要な経営資源や情報を一元的に管理し、限られた資源を効率的に活用しようという考え方「Enterprise Resources Planning(企業資源計画)」の略語です。

ERPとは

一つのシステムで管理するメリット

システムが統一されていると自動連携させた処理が可能に。経営判断に必要な情報の把握もしやすくなります。

ERPとは

ERPはもう大企業だけのものじゃない
~オンプレミス型とクラウド型の違い~

オンプレミス型ERP

オンプレミス型 ERP

  • サーバーなどのハードウェアを自社で用意し、システムインストール、定期メンテナンス、セキュリティ対策を自社で行う
  • 必要な機能を選択して利用可能
  • 歴史が長く、比較的規模の大きな企業で導入されてきた
クラウド型ERP

クラウド型 ERP

  • インターネット環境とデバイスがあれば使い始められる
  • メンテナンスやセキュリティ対策はサービス事業者が行う
  • 他のクラウドサービスとの連携が可能
  • 一般的にはインストール型よりもトータルのコストを低減可能 ※機能・構成にもよります

クラウドERPだからこそ解決できる課題

非効率な業務やミスを減らす

情報の転記をなくし、重複入力のミスや時間コストを減らします。

業務の属人化を防止する

例えば担当者のPCにあるExcelマクロで処理していた場合、その開発者以外に処理内容が分からないことも。ERPを導入すれば、誰でも使えるように作業の標準化が可能です。

ミスと手間の温床の紙を減らす

マイナンバーなどよりセキュアな管理が必要なものも、紙に記載する必要がなく、よりセキュアに、管理コストがより小さくなります。

迅速な経営判断の手助け

個別のシステムでは業務ごとに情報が分断され、優先順位付け・投資の経営判断が難しくなります。システム全体が繋がっているERPは迅速な経営判断の助けになるでしょう。

freeeのクラウドERPは
成長企業・上場企業でご利用いただいています

導入企業ロゴ

GMOペパボ株式会社様

会計フローを一本化、
月間約70時間を削減

GMOペパボ様 / JASDAQ
(Webサービス運営, 従業員101名〜)

株式会社アトラエ様

内部統制と効率化を両立、
経営陣へもリアルタイム報告

アトラエ様 / 東証一部
(人材サービス, 従業員〜100名)

株式会社N-Village様

グループ会社にfreee導入、グループ全体の経理業務刷新へ

野村HD様・N-Village様 / 東証一部
(金融/保険, 従業員101名〜)

お役立ち資料

クラウドERP freee ご紹介資料

freeeのクラウドERPがどのようにバックオフィスを変革するかご紹介します。
事業拡大や上場に耐えうる管理体制のためのfreeeの特長を始め、 お客様事例や料金プランまでご覧いただけます。

クラウドERPについてのよくある疑問

Q. 会計ソフトとERPはどう違うのですか?
A. カバーしている領域が違います。会計ソフトは財務諸表作成や会計処理などの経理業務に特化しており、ERPは経費精算や勤怠管理なども含めた業務効率化を行えるツールです。
Q. 情報流出が心配です
A. クラウドERPは24時間365日の監視態勢が一般的で、脆弱性にもいち早く対応します。こうした対応を中小企業が自社でまかなうのは現実的ではなく、むしろクラウドサービスのほうが安全に運用できるでしょう。
Q. すでに使っている他のサービスとスムーズに連携できますか?
A. クラウドERPでは、多くの場合APIを介して連携が可能です。クラウドERP freeeなら、Salesforceやkintoneなど約60種類のサービスと自動連携できます。