法人成りの税額診断

最短1分で法人成りした場合の税額を算出

Powered by freee

簡単な質問に答えるだけで、
個人事業主の場合の納税額と比べて、
どれだけ得するかを算出します

診断スタート

※見込み年収は税金などが差し引かれる前の収入です

以下の入力をするとより詳細に試算ができます(任意)

診断結果

こんなにお得!

法人成りの準備をはじめましょう!

個人事業主の方がお得です!

法人成りした場合

個人事業主の場合

0お得!

法人成りは会社設立freeeで
会社設立freee
法人登記に必要な書類は
会社設立freeeを使えば
無料で簡単に作成できます!
個人の起業は開業freeeで
開業freee
青色申告に必要な申請書や開業届は、
開業freeeを使えば
無料で簡単に作成できる!

診断結果の詳細

個人事業主のときの納税額
0
所得税
0
住民税
0
事業税
0
法人のときの納税額
0
法人税
0
住民税
0
社会保険料
0
事業税
0
給与に係る所得税/住民税
0
  • 法人起業(資本金200万円)と個人開業の場合を比較しています。
  • 平成30年8月の税法に基づいて法人税・所得税・住民税・事業税・国民健康保険料等の納税額を簡易計算しています。
  • 所得控除額は、医療費控除額、社会保険料控除額、小規模企業共済等掛金控除額、生命保険料控除額、地震保険料控除額、基礎控除額の6つの所得控除に限定しています。
  • 社会保険料控除額は、平成30年度東京都23区の利率を元に、「旧ただし書き方式、単身者、介護分保険料なし」の概算です。
  • 申告先の自治体や、扶養親族の人数によっては、概算金額に大きな違いが出る事があります。
  • 法人税の税率には、中小法人(普通法人のうち各事業年度終了の時において資本金の額若しくは出資金の額が1億円以下であるもの又は資本若しくは出資を有しないもの)の区分を適用しています。

お得な青色申告、フリーで簡単に

会計freee
会計freeeを使えば知識がなくても
青色の確定申告が簡単にできる!
年の収入を青色申告する場合は、
年3月15日までに青色申告承認申請書を提出しましょう。
(それぞれの提出期限についてはこちらをご確認ください)
facebookで共有 twitterで共有 LINEで共有

個人事業主の方必見!お役立ちコンテンツ