給与計算・労務管理の基礎知識

年末調整とは?その流れと必要な作業

給与事務の中でも1大イベントである年末調整について解説していきます。

目次

年末調整とは

年末調整とは、かんたんに言うと「1年間の所得税の帳尻合わせ」です。
所得税は毎月従業員から源泉徴収を行っていますが、あくまでもそれはざっくりした計算です。年末調整では「本来徴収すべき金額」を再計算し、それを「これまで実際に徴収した合計額」と比較します。

このように本来徴収すべき額とこれまで徴収した額の間にズレが生じるのは、次のような理由からです。

  • 毎月の所得税計算は、ざっくりと計算式にあてはめているだけだから
  • 年末調整で初めて適用される計算があるから
  • その他、家族構成等の変化

年末調整の流れ

年末調整の作業を行うのは、だいたい11月〜1月下旬です。具体的には、次のような流れになります。

11月上旬: 源泉徴収票の回収

転職者がいる場合は、前職の源泉徴収票を回収する必要があります。源泉徴収票はすぐには発行できない場合も多いので、早めに呼びかけましょう。

11月下旬〜12月: 従業員による申告書類記入

従業員全員に、「扶養控除等申告書」などの申告書の記入をおこなってもらいます。申告書は、結婚しているか、生命保険や地震保険に入っているか、住宅ローンに加入しているか、等によって必要となる書類の数が異なります。

全ての申告書を回収し、記入が正しいかを確認して、はじめて年末調整の計算を開始できます。

12月: 年末調整

集まった申告書をもとに、年末調整の計算をします。ここでは下記のような、年末調整で初めて登場する所得控除が発生します。

  • 給与所得控除
  • 基礎控除
  • 配偶者控除
  • 配偶者特別控除
  • 生命保険料控除
  • 地震保険料控除
  • 住宅借入金特別控除
  • 勤労学生控除

これらの控除を全て計算し、本来払うべき源泉徴収税額を再計算します。

そして実際に徴収した源泉徴収税額と比較。還付金が出た場合(= 実際には余分に支払っていた場合)は、それを12月に払う給料にプラスして従業員に還付します。

1月末まで: 源泉徴収票や給与支払報告書の作成

年末調整の計算が終わったら、本来払うべきだった所得税の金額を源泉徴収票や給与支払い報告書といった提出書類に記入します。これらの書類は、1月末までに税務署や市区町村に提出する必要があります。以上が年末調整の流れとなります。

>> 関連記事: 源泉徴収票の見方と数字の理解

詳しくは年末調整ガイドで

freeeでは、より詳細な年末調整の業務を開設した「年末調整ガイド」をご用意しております。 年末調整ガイドでは、

  • 各種申告書の記入方法
  • 年末調整の計算方法
  • 各種提出書類の作成方法
等をご案内していますので、ご希望の方はこちらからお申し込みください。

クラウド給与計算ソフト freee

給与freeeロゴ

クラウド給与計算ソフトfreeeで、マイナンバー対応の年末調整を圧倒的に効率化。従業員が迷わずに情報を入力できるフローで、調整の計算は自動で行なわれるため、年末調整にかかる時間を短縮します。源泉徴収票・給与支払報告書の作成にも対応しています。

知識総合トップへ戻る