人事労務の基礎知識

給与事務の年間スケジュール

目次

給与計算と給与事務

給与計算とは

給与計算とは文字通り、社員やアルバイトなどの毎月の給料を計算する作業のことです。

給料なんて決まった額を振り込むだけでは?と思う方もいるかもしれませんが、給料は毎月変動することの方が多く、その計算は意外と複雑なのです。例えば残業を多くした、という月には残業代だけでなく、そこから差し引かれる所得税や保険料なども変わってきます。

また従業員の給料を計算するということは、国や役所に納めるべき税金の額を計算する、ということでもあります。大雑把に言えば、給与について「従業員と国との取り分をそれぞれ計算する」というのが給与計算の役割になります。

よって、給与計算を正確に行うのは従業員の為だけでなく、会社にとっての税務リスクを回避するためでもあるのです。

給与事務とは

給与計算に関する業務をまとめて「給与事務」と呼びます。給与事務には従業員の入社手続きや労務手続き、年末調整なども含みます。

給与事務の年間スケジュール

給与事務は、毎月の給与計算以外の業務について繁忙期に季節性があるので、年間のスケジュールを前もって把握しておくことが大切です。

給与事務の一般的な年間スケジュールは、次の通りです。

時期 イベント
3〜4月 従業員の入退社の処理
5〜6月 新年度の住民税の通知、適用
6月 労働保険料の年度更新
7月 社会保険料の定時決定
9月 厚生年金の保険料率改定
11〜12月 年末調整
1月 源泉徴収票/給与支払報告書の提出

人事労務 freee

人事労務freeeなら、従業員データや勤怠データから給与を自動で計算、給与明細を自動で作成。社会保険料や雇用保険料、所得税などの計算も自動化し、給与振込も効率化します。

バックオフィス基礎知識