会社設立の基礎知識

会社設立前後で提出が必要となる書類一覧をまとめました

会社設立時には、多くの書類を提出する必要があります。どれも重要なものですが、なかなか全ての書類を覚えて提出することを覚えているのは難しいものがあります。今回は、会社設立時と会社設立後に必要な書類をまとめて整理しやすい形で記していきたいと思います。

定款の認証に必要な書類

  • ・定款3通(電子定款の場合は1通)
  • ・発起人全員分の印鑑証明書
  • ・収入印紙(電子定款の場合は不要)
  • ・発起人の実印、代理人の場合は認印と委任状
  • ・身分証明書


定款の認証であるため、定款を持っていくところはおわかりいただけると思います。事前に確認をもらっておくと書類を渡すだけで作業が済みます。また、定款が3通必要なのは、公証役場が控えとして持っているものと、会社に保管するもの、登記の申請に利用するものの3通です。

登記申請に必要な書類

  • ・登記申請書
  • ・登記免許税納付台紙
  • ・払込を証する書面
  • ・OCR用紙(もしくはCD-R)
  • ・定款
  • ・発起人決定書
  • ・就任承諾書(代表取締役、取締役、監査役)
  • ・取締役全員の印鑑証明書
  • ・印鑑届出書


公証役場でもらった定款のほか、登記を申請するための書類が必要となります。

払込を証する書面とは?

払込を証する書面とは、発起人から定款に記載されている額の資本金が振り込まれていることを証明するために作成する書類です。具体的には、払込総額と払込があった株数、1株あたりの払込金額が書いてある書面と通帳のコピーを添付した書類となります。

OCR用紙とは?

OCR用紙とは、登記すべき事項を法務局に電子データとして登録するための用紙で、データ処理が行われて法務局に保存されるものです。

Wordなどを利用して作り、印刷して紙に起こし、それをまた紙からデータにするという二度手間の作業が発生するため、法務局ではOCR用紙の配布を中止し、CD-Rでの提出を推奨しています。とくにこだわりがなければCD-Rに登記すべき事項のファイルを入れて登記申請することをおすすめします。

登記後、税務署に届け出が必要な書類

  • ・法人設立届出書
  • ・給与支払事務所等の開設届出書
  • ・青色申告の承認申請書
  • ・源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書


上の3つに関しては基本的に届け出が必要な書類となり、下2つは特例や優遇を受けるために提出する書類となります。

書類に関する説明

まず、法人設立届出書は、会社の概要を税務署に伝える書類となります。この提出によって税金に関する書類が会社に届くようになります。

また、給与支払事務所等の開設届出書を提出することで、所得税の納付に関する書類が会社に届くようになります。税金の納付漏れを防ぐ意味でも提出をしておいたほうがよいでしょう。

青色申告の承認申請書についてですが、個人事業主だけでなく、法人にも法人税の納付方法に青色申告があります。赤字の繰越や、法人税額の控除などを受けることができます。法人税の納付に関する書類の提出は義務付けられているので、提出を忘れずにしておきましょう。

最後に、源泉所得税の納金の特例に関する申請書の説明ですが、こちらは、従業員数が10名以下の事業所であれば、毎月の源泉徴収の納付を年2回にまとめて行うことができるという特例です。毎月の納付は負担となりますので、申請しておくとよいでしょう。

登記後に市区町村の自治体に提出が必要な書類

  • ・定款の写し
  • ・登記事項証明書


地方自治体には地方税の支払をするために、開業の届け出を提出する必要があります。

労働基準監督署とハローワークに届け出をする書類

労働基準監督署とハローワークには、労働保険の加入の手続きをするために書類を提出する必要があります。労働保険とは労災保険と雇用保険の2つの総称で、労災保険の手続きは労働基準監督署、雇用保険の手続きはハローワークで行う必要があります。

労働基準監督署で必要な書類

  • ・労働保険保険関係成立届
  • ・労働保険概算保険料申告書

ハローワークで必要な書類

  • ・雇用保険摘要事務所設置届
  • ・雇用保険被保険者資格取得届

年金事務所に届け出をする書類

年金事務所には、社会保険の加入手続きをするたえに書類を提出する必要があります。社会保険もいくつかの保険の総称となっていますが、こちらは年金事務所のみですべての手続きが完了します。

法人であれば加入は必須であり、近年取締りが厳しくなっていることもあるので、忘れずに届け出をしましょう。

社会保険の加入のために必要な書類

  • ・健康保険・厚生年金保険新規適用届
  • ・健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届
  • ・健康保険被扶養者届

まとめ

会社設立前後に提出が必要な書類はかなり大量にあります。義務付けられている届け出がほとんどですので、忘れずに提出しましょう。

会社設立を簡単に行う方法

会社設立時には、多くの手続きが発生します。

準備が煩雑である、販路の確保や売上を上げることに集中することができないなど、お悩みではありませんか?

起業時の手続きは会社設立freeeを使うことで、大幅に短縮できます。

数項目を入力するだけで書類が作成できる

社名や資本金などの会社設立に必要な項目を入力することで、会社設立に必要な書類が自動で作成できます。

1度入力するだけで、11種類の書類の出力が可能で、転記が必要ありません。

会社設立freee 入力画面

会社設立freeeで出力できる書類の一部を紹介します。

その他、出力可能な書類はこちらのリンクをご確認ください。

電子定款の作成も可能、キャンペーンで費用が無料に

コストを削減したいなら紙定款よりも、収入印紙代がかからない電子定款がおすすめです。

会社設立freeeは電子定款の作成にも対応しています。機器の用意がなくてもOK。約3.5万円コストを削減できます。

今ならクラウド会計ソフトfreeeもしくは人事労務ソフトfreeeの年間契約で電子定款の作成代行費用5,000円が無料になるキャンペーンを実施中。ぜひ電子定款を利用して会社設立をしてください

電子定款認証代行費が通常5,000円から0円に!

ガイドに沿って手続きすれば設立完了

会社設立時には公証役場や法務局、年金事務所など様々な場所で手続きをする必要があります。必要書類と提出先などを調べるだけでも非常に時間がかかります。

会社設立freeeでは、書類の受取・提出場所もご案内。どの書類をどこに提出すればよいのか何度も調べる手間はなくなります。

会社設立freee ガイド画面

設立後の準備もサポート

書類作成・提出以外にも起業家の負担になる準備・手続きは多くあります。

例えば、以下の準備が会社設立freeeから可能です。

  • 会社運営に必要な印鑑のセット
  • 法人用の銀行口座
  • 法人用のクレジッドカード
  • 決算や日々の経理業務に必要な会計ソフト

これらの準備も会社設立freeeから可能です。

起業・会社設立の準備をお考えの方は、会社設立freeeを是非お試しください。

会社設立 freee

会社設立freeeなら、会社設立に必要な書類が無料で作成できます。

バックオフィス基礎知識