確定申告の基礎知識

確定申告書B「その他」欄の計算方法と記入方法

確定申告書B「その他」欄では、記入が必須の項目が限られています。
記載する場所と、計算方法、記入方法について詳しくご説明します。

目次

確定申告書B「その他」欄の計算方法と記入方法

Step1: 最低限、記入する場所について知る

この項目は、多くの場合、記載する場所は以下の通りとなっています。
「その他」で最低限記入が必要な場所

Step2: 必要事項を記入する

それでは、実際に記入が必要な項目についてみていきましょう。

配偶者の合計所得金額

あなたが配偶者特別控除を受ける場合、記入が必要です。確定申告を行う年度の、配偶者の合計所得金額を記入しましょう。

専従者給与(控除)額の合計額

青色申告決算書の「専従者給与」を、第一表の「その他」 専従者給与(控除)額の合計額の欄に転記しましょう。
専従者給与(控除)額の合計額

青色申告特別控除額

青色申告の場合、確定申告を行う年度の配偶者の合計所得金額を記入します。
青色申告特別控除額

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る