確定申告の基礎知識

確定申告書Bの3つの提出方法

確定申告書Bの提出方法は大きく分けて3つあります。
今回の記事では、各提出方法についてご紹介していきます。

目次

確定申告書B提出方法

1)e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用する

e-tax2

e-Tax(国税電子申告・納税システム)を利用すればインターネットを通して確定申告書Bを提出することができます。
ただし、e-Taxが利用できる環境がありますので、詳細はこちらをご確認ください。

2)郵送する

郵送

申告書を作成したら、捺印とマイナンバーの記入を行い、最寄りの税務署に郵送しましょう。
その際、余裕をもって提出することが大切です。

3)住宅地を管轄する税務署に直接持っていく

税務署

税務署に直接、確定申告書を提出する方法もあります。
不明な点を質問できるというメリットがありますが、確定申告の時期の税務署はかなり混雑するので注意が必要です。

いかがでしょう。確定申告書を提出する方法をご紹介してきましたが、いずれのケースも、会計ソフトを使うことで労力を軽減することができます。
書類は自動作成可能で、プリントアウトするだけですし、入力した情報から最寄りの税務署も自動で提案してくれます。
最近では、電子申告にも対応をしているため、インターネットからの提出も可能です。
ツールを活用して、賢く確定申告を終わらせましょう。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をした方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る