確定申告の基礎知識

所得から差し引かれる金額(所得控除)の計算方法と記入方法

所得から差し引かれる「所得控除」には13の種類があります。
今回の記事では、それぞれの計算方法と記入方法について詳細をご紹介します。

目次

所得から差し引かれる金額(所得控除)の計算方法と記入方法

1)雑損控除

雑損控除の計算と記入

2)医療費控除

医療費控除の計算と記入

3)社会保険料控除

社会保険料控除の計算と記入

4)小規模企業共済等掛金控除

小規模企業共済等掛金控除の計算と記入

5)生命保険料控除

生命保険料控除の計算と記入

6)地震保険料控除

地震保険料控除の記入と計算方法

7)寄附金控除

寄附金控除の記入と計算方法

8)寡婦、寡夫控除

寡婦、寡夫控除の計算と記入

9)勤労学生控除

勤労学生控除の計算と記入

10)障害者控除

障害者控除の計算と記入

11)配偶者(特別)控除

配偶者(特別)控除の計算と記入

12)扶養控除

扶養控除の計算と記入

13)基礎控除

基礎控除の計算と記入

いかがでしょう。今回の記事では各所得控除の計算と記入方法についてご紹介しましたが、「自分で記入できるか不安」と感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
そんな方におすすめしたいのが確定申告ソフトのfreeeです。
ステップに沿って記入をしていくだけで、確定申告書が完成します。もちろん、控除の計算も自動で行います。
確定申告の手間を少しでも軽減するために、ぜひ会計freeeをご活用ください。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

開業届を提出したら確定申告に向けた日々の経理作業が始まります。確定申告ソフト freeeなら、面倒な経理、確定申告を圧倒的に簡単・ラクにできます。スマホを活用して領収書の管理も可能です。スマホだけで確定申告を完了した方も!50万人の個人事業主が利用する会計ソフトを試してみませんか?

知識総合トップへ戻る