確定申告の基礎知識

確定申告書Bの構成を理解する

個人事業主は確定申告書Bを使用して確定申告を行う必要があります。
今回の記事では、確定申告書Bの構成について簡単にご説明します。

目次

確定申告書B

確定申告書B(第一表)

確定申告書B(第一表)

まずは、確定申告書B(第一表)です。
上の図に示した通り、大きく分けて5つのブロックにわかれています。

確定申告書B(第二表)

確定申告書B(第二表)

続いて、確定申告書B(第二表)です。
こちらは6つのブロックにわかれています。それぞれ、計算して記入しましょう。

確定申告ソフトのfreeeを活用すれば、ご自身で計算することなく、ステップに沿って入力するだけで確定申告書Bの作成が可能です。
銀行口座やクレジットカードの口座とも連携、スマートフォンで領収書を撮影して経費登録も可能ですので、日々の経理業務も効率化することができます。
スマートフォンのみで確定申告を終えた方もいらっしゃいますので、ぜひご活用ください。

開業 freee

開業freeeロゴ

個人事業の開業に必要な書類を無料で、自動作成することができます。開業時の忙しい時期の作業を大幅に軽減。青色申告をしたい方は開業届の提出が必須です。そのほかに必要な書類も、ステップに沿って入力するだけで簡単に作成可能!

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識