確定申告の基礎知識

2018年の確定申告はいつから?申告期間と提出方法をおさらい

例年2月中旬に入ると確定申告について耳にすることが多くなります。
2018年(平成30年)の確定申告期間は、2月16日(金)~3月15日(木)の予定です。
確定申告が必要な方は、この期間に忘れずに行ってください。税務署は期日が近くなると混み合います。
スムーズに申告できるよう、提出方法についても再度確認しておきましょう。

image

目次

いつからいつまで?2017年(平成29年)の確定申告期間

2018年(平成30年)の確定申告期間は、2月16日(金)~3月15日(木)の予定です。
郵送の場合は、最終日の消印があれば期限内に申告したとみなされます。

例年初日および3月に入ると税務署は混雑します。税務署や申告会場などに直接出向いて申告を行う場合、特に期日直前ともなると、待ち時間が1~2時間になる場合も珍しくありません。また、書類の不備などの問題があらわれることもありますので、できるだけ早めに申告準備にとりかかりましょう。

確定申告書類の提出方法には3つの方法がある

確定申告書の提出方法には、税務署へ持参あるいは郵送する方法と、e-Taxを利用してインターネットで手続きを行う方法があります。

提出方法1 管轄の税務署に直接確定申告書を持参する

確定申告書を直接管轄の税務署で提出します。
確定申告書は、手書きで作成することもできますが、専用ソフトや国税庁のホームページを利用して、事前に作成してプリントアウトしておくと提出手続きがスムーズです。
また、税務署に直接足を運ばれる場合は、必要書類を持参して係員の方に相談しながら作成することもできます。

【関連サイト】
国税庁 確定申告書等作成コーナー
確定申告を圧倒的に簡単・ラクに!確定申告ソフトfreee(フリー)

提出方法2 管轄の税務署へ確定申告書を郵送する

すでに確定申告書の用紙をお持ちで、自分で記入できる場合や、インターネットの確定申告書作成コーナーにて申告書を作成する方は、できあがった確定申告書を税務署へ郵送して提出することもできます。
受理印の押された控えを郵送で返却してもらうこともできますので、希望の場合は住所を記載し切手を貼った返信用封筒を同封しておきましょう。

提出方法3 e-Tax(イータックス)を使ってインターネットで確定申告する

確定申告は自宅のパソコンを使い、e-Tax(イータックス)でインターネットから申告することもできます。最初に利用登録や電子証明書の取得が必要になりますが、申告自体の手間はかからず、税金の支払までインターネットで完結させることができます。また、還付を受ける場合に最も早い処理となるのが、e-Tax(イータックス)による申告の場合です。e-Taxは確定申告書作成コーナーから、税務署への提出方法の選択から選ぶことができます。(参考:国税庁

確定申告を圧倒的に簡単・ラクに

確定申告書類の作成には、手書き、会計ソフトの利用、国税庁の「インターネットの確定申告書作成コーナー」の利用がありますが、おすすめは会計ソフトの活用です。

例えば、クラウド会計ソフトシェアNo.1*(*2016年2月デジタルインファクト調べ)の確定申告ソフトfreee(フリー)を利用すれば、ステップに沿って質問に答えるだけで確定申告書が完成します。

「独立開業前に確定申告に大きな不安を抱えていたが、拍子抜けするほど簡単に完了できて感動した。(フリーランス/女性)」などの声も多く寄せられています。

>>確定申告ソフトfreee(フリー)について詳しく知りたい方はこちら
>>今すぐ確定申告ソフトfreee(フリー)を試したい方はこちら
stepUI
ステップに沿って質問に答えるだけで、確定申告書類が完成

税金はいつ払えばいいの?納付期限はいつ?

国税の納付期限は、2017年分は以下の通りとなっています。

  • 所得税及び復興特別所得税・・・2018年(平成30年)3月15日(木)
  • 贈与税・・・2018年(平成30年)3月15日(木)


(参考:国税庁

消費税及び地方消費税以外は、確定申告期間内に納付しなければならないと覚えておくとわかりやすいです。

確定申告を済ませても、税金の支払について、税務署から通知書などの書類が送付されるわけではありません。現金で納付する場合には、税務署または金融機関に設置してある納付書を用いて金融機関で納付します。

また、事前手続きを行っておくと、コンビニで専用納付書による納付や、預貯金からの振替納税、e-Taxの場合は電子納税も可能です。

期間内に申告しなかった場合は税金の加算も

期限に遅れてしまった場合には、申告は期限後申告として扱われます。また、期限後申告の場合や、無申告で所得金額の決定を受けた場合には、無申告加算税が追加されます。

無申告加算税は、50万円までは15%、50万円を超える部分は20%と高額です。自主的に期限後申告をした場合には5%に軽減されます。

ただし、期限から1か月以内に自主的に申告を行った場合で、期限内申告を行う意志があったと認められる場合には、無申告加算税は課されません。しかし、納付日までの延滞税は発生します。延滞税は納期限の翌日から2月までは年7.3%、以降14.6%もしくは「特例基準割合+7.3%」の低い方が適用されます。無申告や期限の遅れで税額が上がりますので、確定申告の期限には遅れないようにしたいものです。(参考:国税庁

万が一、期限までに払えない場合には、延納制度の利用も可能です。所得税の場合は、3月15日までに半分を、残りを5月31日までに支払うことが可能で、希望する場合は申告時に44と45欄を記入して提出します。延納期間中は年1.8%の割合で利子税がかかります。

贈与税の場合は延納制度のほか、物納制度もありますので詳しくは税務署へお問い合わせください。(参考:国税庁

確定申告書の提出受付は土日でも可能?

税務署は土日閉庁だが一部日曜対応日程もある

税務署は土日祝日は基本的に閉庁です。しかし、申告期間中は、税務署や合同会場にて、日曜日に確定申告の相談や申告書の提出ができる場合もあります。おおむね、2月の第3、第4日曜日があてられています。平日に時間を取るのが難しい場合はこの機会を利用するのもよいでしょう。

申告の提出だけであれば時間外も可能

記入済の申告書を提出するだけであれば、郵送あるいは、税務署の時間外収集箱へ投函しても構いません。また、e-Taxの場合は、確定申告期間中は24時間いつでも申告書の提出が可能です。(参考:国税庁

まとめ

確定申告はまだ余裕があると考えていると、あっという間に期限を迎えてしまいます。問い合わせなどは、申告受付期間前でも税務署で随時受け付けています。書類の準備と合わせて、わからない点があったら早めに解決しておきましょう。

確定申告ソフト「freee」

確定申告ソフト freeeなら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります(※50万人の個人事業主が利用しています)

知識総合トップへ戻る