確定申告の基礎知識

確定申告が終わったら、その年の帳簿作成や領収書整理をしておこう

64_アイキャッチ

確定申告が済めば、ひとまず終わりと思ってはいませんか?個人事業主であれば、帳簿作成や領収書整理のほか、税務署からの問い合わせ対応などやるべきことはたくさんあります。今回は、確定申告後にやっておきたいことをご紹介します。

所得税や消費税など資金を用意しておこう

個人事業主においてかかってくる主な税金は、「所得税及び復興特別所得税」、「消費税及び地方消費税」になってくるかと思います。ちなみに消費税は、2年前の売上が1000万円以上ないと課税されないものです。それぞれ、定められた納付期限は、3月15日と3月31日。所得税の方が早めに支払い日が設定されています。

3月15日ということは、確定申告提出と同様の期限。確定申告と同時に支払いを行うスタンスで進めなければなりません。申告額は確定申告書の計算で分かるので、あらかじめ用意して、すぐに納付できるようにしておきましょう。なお、通常の納付であれば、納付について税務署から別途通知が来ることはありません。自身で納付書を作成する必要がありますので、税務署などにおいてある用紙に記入して、金融機関で支払いを済ませておきましょう。

なお、すぐに用意ができない場合は、振替納税を利用する方法もあります。約1か月後の4月中旬から下旬に指定口座から引き落としを行う手続きで、納付期限までに金融機関へ申請書の提出が必要です。H27年分確定申告分の所得税の振替日はH28年4月20日、消費税の振替日が4月25日でした。振替日は前後する可能性があるので国税庁のHPなどでご確認下さい。

確定申告書は保存しておこう

確定申告書等は、住宅ローンなどで収入証明の代わりに使用されることがあるものです。控えとしてしっかりと保存しておきましょう。また、税務署へ提出を行う際は、受付印があるものを控えとして残しておくと良いです。改ざんのない、正式な書類として使用することができます。

領収書や請求書も保存しよう

特に青色申告の場合は、領収書や銀行の通帳をはじめとした書類は7年、請求書や見積書などの書類は5年の保存義務が定められています。紛失しないように、しっかり保存しておきましょう。各書類は、分かりやすいようにまとめてファイリングしておくと良いです。後々確認する際にも、スムーズにチェックすることができます。

白色申告の場合も、法定帳簿は7年、請求書、領収書などは5年の保存義務が定められています。

税務署からの問い合わせについて

提出した確定申告書に不備がある場合や経費などで確認する事項がある場合などは、税務署から直接問い合わせが来ることがあります。確定申告後、一定期間は税務署から問い合わせを受ける可能性もあるということで心構えをしておくと良いでしょう。

例えば、不備がなかった場合でも雑収入や雑損など分かりにくい経費や収入があがっている場合、どう説明するのかというのも心構えとして大切です。そのためには、確定申告書の控えのほか、領収書や請求書などの種類を確認することもあると思いますので、問い合わせのためにもしっかり準備や整理をしておきましょう。

還付がある場合は確認しよう

申告の際、所得税の還付があった場合は、還付金が振り込まれているか確認することも大切です。還付金は、確定申告後1~1か月半程度、e-taxの場合は2~3週間が目安となっています。2か月ほど経過しても還付が行われていない場合は、税務署に電話をして直接確認してみましょう。

総勘定元帳を整理しよう

総勘定元帳は、勘定科目別の内訳を示したものです。青色申告の場合も白色申告の場合も、総勘定元帳含めた帳簿の保管が7年間義務づけられています。パソコンに保存しておくだけでなく、電子データ保存の申請をしていない場合は、書類の印刷が必要です。くまなく印刷を行い、ファイリングし、整理しておきましょう。このほか、固定資産台帳も保存義務のある帳簿として印刷をしておくことが大切です。

間違いがないかチェックしよう

確定申告書類や総勘定元帳など帳簿を確認しているとおかしな点があったり、また新たに帳簿を作成していたりすると過去の領収書などの書類が出てくることもあります。もし間違いがある場合は、修正申告が必要となってきますので、提出が完了したものも念のためチェックを行っておきましょう。

修正が必要であったにも関わらず、税務調査を行った際に修正が必要と判断された場合は、過少申告加算税が加算される可能性もあるので注意しましょう。なお、税金を納め過ぎている場合は、特に処罰の対象にはなりません。

新年度の帳簿を作成しよう

確定申告が終わった後も、事業は継続して行われているはずです。事業の継続に伴い、経理処理も継続して行わなくてはなりません。確定申告後の書類整理などがある程度終わったら、次は新年度の帳簿作成をはじめていきましょう。

会計ソフトなどを利用する際は、次年度繰り越しが問題なく行われているか、残高に変化はないか確認したうえで作成を行っていくのがポイントです。

また、帳簿の作成は遅れれば遅れるだけ、後々面倒な作業を残してしまうことになります。さらに、事業の状況についてもリアルタイムで確認することができません。経営的な面でも、こまめに帳簿作成を行うことをおすすめします。

まとめ

確定申告が終わったからといって気を抜かずに、最後までぬかりなく準備をすることが大切です。さらに、前年度の整理が終わったら、次年度の帳簿が待っていますので、気を引き締めて取り組んでいきましょう。

確定申告ソフト freee

確定申告ソフト freee なら、面倒な確定申告が圧倒的に簡単・ラクになります。ぜひお試しを!

バックオフィス基礎知識