開業の基礎知識

開業届を税務署に最速で提出する方法!必要書類を自動で無料作成

開業届を税務署に提出

開業届を税務署に提出することで、事業を開業し納税をすることになります。
開業届は、原則として開業から1か月以内に提出することが推奨されていますが、事業を始めたばかりの忙しい時期には、煩雑に感じる方も少なくありません。

そこで今回の記事では、開業届を最速で税務署に提出する方法をご紹介します。
開業届を含めた必要書類を自動で無料作成できますので、ぜひ活用してみてください。

目次

開業届を税務署に取りに行こう

開業届は、最寄りの税務署で受け取ることができます。
もしくは、国税庁のホームページからダウンロード可能です。
[手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続にアクセスし、「個人事業の開業・廃業等届出書」をダウンロードしましょう。
「個人事業の開業・廃業等届出書」は、開業届の正式名称です。

開業届は、税務署に提出する他、ご自身の控えのために2部ご用意することをお勧めします。
必要事項に記入・捺印した上で提出を行います。

開業届の他に必要な書類一覧

開業届を提出する際に、合わせて提出しておくと楽な必要書類の一覧をご紹介します。

青色申告承認申請書

青色申告を行う場合に必要な申請書。節税効果の高い青色申告で確定申告を行いたい場合は、こちらの申請書を開業届とあわせて提出しましょう。 なお、青色申告で確定申告をするためには、開業届の提出が必須です。

青色事業専従者給与に関する届出書

青色事業専従者給与とは、配偶者や親・子供(専従者)などを雇い支払う給与のことを言います。「青色事業専従者給与に関する届出書」を税務署に提出すると、専従者の給与を経費にすることができます。

給与支払事務所等の開設届出

給与を支払う事務所や店舗を開設した日から一か月以内に税務署に提出をします。
この届出は、新しく社員やアルバイトを雇った場合に必要なため、従業員がいない場合は提出の必要はありません。

源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書

従業員に給与から源泉徴収した所得税は、原則としてその給与を支払った月の翌月10日までに税務署に納付する必要があります。
従業員が9人以下の場合は源泉徴収した所得税を半年分まとめて納めることができる特例です。この特例の適用を受けるための届出書です。

開業届を税務署に提出しよう

必要書類の記入がすべて完了したら、いよいよ提出です。
提出方法は、直接税務署に持っていく他、郵送することもできます。
いずれの届出も、必ず二部作成し、一部は控えとしましょう。

開業届を、ミスなく最速で税務署に提出する方法

ここまで、開業届をご自身で記入し、税務署に提出する方法をご紹介してきましたが、もっと簡単に、ミスなく、確実に開業届を作成し、税務署に提出する方法があります。

開業freeeを使って開業届を税務署に最速で提出

開業届を記入する際、「職業欄には何て記入しよう?」「青色申告を選択したほうがいいのだろうか?」など、悩む方もいらっしゃいます。
また、開業当初は、自分に必要な届けについて調べるのも大変な作業ではないでしょうか。

開業freeeを利用すれば、ステップに沿って簡単な質問に答えていくだけで、開業届も、あなたの事業に必要な書類も、すべて自動で作成できます。

image13

また、書類が作成できるだけではなく、青色申告か白色申告か、どちらの申請書を選べばいくらお得かもシュミレーションできます。

image9

必要書類と一緒に最寄りの税務署の住所もプリントアウトできるため、封筒に宛先を貼って郵送すれば、提出完了です。

↓ 今すぐ「開業freee」を試したい方はこちら ↓

banner_rev02_05

いかがでしょう?
開業届を税務署に最速で提出したい場合は、無料の開業freeeをぜひ活用してみてくださいね。

開業フリー
会計フリー
知識総合トップへ戻る