資金繰り改善の基礎知識

即日融資のおすすめのビジネスローン4選!審査に通るポイントを比較

公開日:2021/01/07

ビジネスローンの金利相場と低金利で借りられるおすすめのローン5選

「即日借りられるビジネスローンを探しているんだけれど、どこがある?」
「ビジネスローンで即日融資を受けるにはどうすればいいの?」

資金繰りに苦労している経営者の方には、そんな疑問を持ってこのページを開いた人もいるのではないでしょうか。

即日融資を謳うビジネスローンはたしかにあります。
消費者金融が提供しているサービスが多いのですが、だからといって誰もが100%審査に通ってその日のうちに資金調達できるわけではありません。

すぐに融資してもらうためのコツや注意点があるのです。

そこでこの記事では、ビジネスローンで即日融資を受けられるために必要な知識をお伝えします。

これを読めば、ビジネスローンを即日借りたいときにどうすればいいかがわかるはずです。
あなたが資金繰りに詰まったときに、スムーズに借り入れできることを願っています。

1. 即日借りられるおすすめのビジネスローン4選

即日借りられるおすすめのビジネスローン4選

ビジネスローンの中には「即日融資」を謳うところがあり、「今すぐ資金を用意しないと、支払ができない」など資金繰りに詰まった経営者の駆け込み寺にもなっています。

そんなビジネスローンのうち、大手ノンバンクが提供する代表的な4つを紹介します。

1-1. アイフルビジネスファイナンス 事業者向けビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス 事業者向けビジネスローン

アイフルビジネスファイナンスが取り扱っているビジネスローンです。

ノンバンクのビジネスローンとしては最低金利が3.1%と低く、無担保で1,000万円まで融資を受けられます。
来店不要で申し込み・手続きができ、保証料や事務手数料も無料、全国のATMでいつでも借り入れ可能なので、気軽に利用できるのがメリットです。

◆アイフルビジネスファイナンス 事業者向けビジネスローン
金利 3.1~18.0%
融資限度額 1万~1,000万円
融資期間 元利均等返済 最長5年、元金一括返済 最長1年
担保・保証人 担保不要、保証人は原則不要
融資対象 法人または個人事業主 ※お申込時年齢満20歳〜満69歳まで年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方
融資ご希望の方こちら 「資金調達freee」 よりお申し込みください!

1-2. オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックス・クレジットが取り扱っているビジネスローンです。

カードローンなので、融資限度額の範囲内で自由に借り入れができ、返済方法はリボ払いか1回払いのどちらかから選ぶことができます。
業歴1年からの個人事業主でも借りられて、会員特典としてリゾートホテルやレストラン、レンタカーなどが優待価格で利用できるユニークなサービスもあります。

◆オリックスVIPローンカードBUSINESS
金利 6.0~17.8%
融資限度額 50万~500万円
融資期間 リボルビング払いの場合 最長10年2ヵ月/1回払いの場合 28日~61日
担保・保証人 不要
融資対象 20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。
・業歴1年以上の個人事業主の方。
・法人格を有する事業の代表者の方(例:○○株式会社、△△有限会社を経営する方)。

1-3. プロミス自営者カードローン

プロミス自営者カードローン

プロミスが取り扱っている個人事業主向けのビジネスローンです。

カードローンなので、融資限度額の範囲内で自由に借り入れができます。
融資限度額は300万円までと比較的少額ですが、その金額に対して返済期間が最長6年9か月と長期なので、売上の少ない個人事業主でも使いやすいと言えるでしょう。

◆プロミス自営者カードローン
金利 6.3%~17.8%
融資限度額 ~300万円
融資期間 最長6年9ヶ月
担保・保証人 不要
融資対象 年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方

1-4. アコム ビジネスサポートカードローン

アコム ビジネスサポートカードローン

アコムが取り扱っている個人事業主向けのビジネスローンです。

業歴1年以上であれば利用できるので、独立間もない方でも利用できるという利点があります。
契約は自動契約機「むじんくん」でもできるので、店頭に行きたくない人、行けない人にも便利です。
融資限度額は300万円までですが、1万円から自由に借り入れられて、融資期間も8年7か月と長いのが特徴です。

◆アコムビジネスサポートカードローン
金利 12.0%~18.0%
融資限度額 1万~300万円
融資期間 最長8年7ヵ月
担保・保証人 不要
融資対象 業歴1年以上の個人事業主の方で当社基準を満たす方

2. 即日ビジネスローン社を比較

即日ビジネスローン社を比較

即日借りられるビジネスローンと言っても、金利や融資上限額など、それぞれに違います。
そこで前述の4つを比較してみましょう。

  融資対象 金利 融資限度額 融資期間 担保・
保証人
アイフルビジネスファイナンス
事業者向けビジネスローン
法人または個人事業主
満20歳〜満69歳まで
3.1~
18.0%
1万~
1,000万円
元利均等返済 最長5年
元金一括返済 最長1年
担保不要
保証人は原則不要
オリックス
VIPローンカードBUSINESS
20歳~69歳までで以下のいずれか
・業歴1年以上の個人事業主
・法人格を有する事業の代表者
6.0~
17.80%
50万~
500万円
・リボルビング払い:最長10年2ヵ月
・1回払い:28日~61日
不要
プロミス
自営者カードローン
年齢20歳以上、65歳以下の自営者 6.3%~
17.8%
~300万円 最長6年9ヶ月 不要
アコム
ビジネスサポートカードローン
業歴1年以上の個人事業主 12.0%~
18.0%
1万~
300万円
最長8年7ヵ月 不要

まず、融資対象者を見てみると、 法人が利用できるのはアイフルビジネスファイナンスのみで、オリックス・クレジットの場合は法人の代表者であれば融資を受けられます。

一方、個人事業主は4社いずれも利用可能です。

また、 最低金利を比べると、アイフルビジネスファイナンスがだんぜん低い3.1%です。
金利上限はオリックス・クレジットとプロミスが17.8%、アイフルとアコムが18.0%ですが、こちらは4社ともあまり差はありません。

融資限度額は、アイフルがもっとも多く1,000万円、個人事業主のみを対象とするプロミスとアコムは300万円と低めです。

これらを総合的に比較して、どこを利用するか考えてください。

即日でなくても
数日以内に借りたい場合の金融機関の探し方

また、「即日でなくても数日以内に借りられればいいので、もっと金利が低いところはないかな?」「銀行や政府系金融機関なども含めて事業向けローンを検討したい」などの場合は、「資金調達freee」をぜひご利用ください!

ウェブ上で希望の融資条件などを入力するだけで、複数の金融機関のローン商品を比較できるだけでなく、実際に融資を受けられるかどうかの「調達可能性診断」も表示されるので、「希望に合っていて、なおかつ借りられる可能性が高いローン」を探すことができます。

「資金調達freee」は登録・利用無料ですので、まずはここからご利用可能な金融機関を探してください。

3. 即日でビジネスローンを借りられるポイント

即日でビジネスローンを借りられるポイント

即日で借りられるビジネスローンはありますが、せっかく申し込んでも審査に落ちてしまう恐れもあります。
また、審査に手間取って、即日融資が間に合わなくなってしまったら意味がありません。
そこで、即日でビジネスローンを借りるためのポイントを以下に挙げましょう。

3-1. 複数社に同時に申し込む

まず、申し込みは1社だけでなく、複数社に同時に申し込みましょう。

「即日融資」のビジネスローンを探しているということは、今すぐ融資を受けられないと経営が危機に陥るような逼迫した状態でしょう。 そんなときに、「融資の審査に落ちてしまった」となると、資金繰りが行き詰ってしまいます。
そこで、借りられる可能性をできるだけ上げるために、複数社への申し込みが必要なのです。

金融業者によって、融資審査の基準は異なります。
少なくとも2~3社申し込んでおけば、A社がだめでもB社には通るかもしれません。

もし複数社の審査に通った場合は、金利や融資額などが希望に合った1社だけと契約し、あとはキャンセルすればいいだけです。
キャンセル料などは発生しませんので、安心してください。

3-2. 情報は正しく記入する

申込書など必要書類に記入する際には、書き洩らしや書き間違いなどのないよう正しく記入しましょう。

ノンバンクのビジネスローンでは、ウェブ上で申し込みできたり、融資までウェブ上で完結できるものもあるので、キーボードの打ち間違いによる誤字脱字には特に注意が必要です。
連絡先、電話番号が間違えていると、連絡が取れずに手間取ってしまうかもしれませんし、企業情報や年商の数字などが異なると、審査が滞って即日融資に間に合わなくなる恐れもあります。

情報を記入・入力する際には、複数人で確認するようにしましょう。

3-3. 必要書類は事前に用意しておく

また、申し込みに必要な書類は事前に揃えておくことも重要です。

「審査に必要な書類が足りず、翌日にならないと用意できない」「審査には通ったけれど、申し込みに必要な書類が揃っておらず、即日融資に間に合わなかった」となるリスクがあるためです。
審査や申し込み手続きをスムーズに進めるために、事前に必要書類を調べて用意しましょう。

どんな書類が必要かは、各金融機関のホームページなどで確認できます。
主に求められるのは、以下のような書類です。

  • 本人確認書類:運転免許証、パスポート、マイナンバーカード、健康保険証
  • 決算書、確定申告書など
  • 事業計画書などの事業関連書類
  • 収支内訳書
  • 資金計画書 など

中にはすぐに用意できないものもあるかと思いますので、申し込み時までに必要なものがすべて揃うように準備しましょう。

4. 即日ビジネスローンを利用する際の注意点

即日ビジネスローンを利用する際の注意点

即日融資を利用する際、うっかりミスや心得違いなどで「こんなはずじゃなかった」という残念な結果になってしまうケースもあります。
そこで、この章では即日融資で気を付けたい注意点を指摘しておきます。

4-1. 「即日審査」ではなく「即日融資」を確認する

ビジネスローンの中には、「即日融資」ではなく「即日審査」をアピールしているところもあります。
同じ「即日」という文字に目を奪われて、両者を混同してしまいがちですが、実はまったく違う意味なので注意してください。

「即日融資」は、審査から融資までをその日のうちに行うということです。
融資を受ける側は、申し込んだその日に融資金を手にできるわけです。

それに対して「即日審査」は、「その日のうちに審査までします」という意味です。
ということは、審査結果はその日に出ても、融資が行われるのはその日とは限らないのです。
むしろ、「即日審査・即日融資」と謳っていないということは、即日融資は受けられない可能性が高いと思われます。

「すぐに資金が必要」という場合は、「即日審査」では間に合わない恐れがあります。
かならず「即日審査ではなく即日融資」のビジネスローンに申し込んでください。

4-2. 午前中に申し込む

即日で融資までこぎつけたいのであれば、申し込みは午前中なるべく早い時間にしてください。

スピード感を売りにしているビジネスローンでも、やはり審査や手続きに多少の時間はかかります。
また、時期によっては融資の申し込みが多数集中してしまい、すべてを処理するのに手間取る可能性もあります。

もし書類に不備があれば、それを確認する間は審査が止まってしまいますし、融資が銀行振り込みであれば、15時を過ぎると当日中には入金できません。

これらさまざまなリスクを考えると、なるべく早い時間に申し込むのがよいでしょう。
金融業者に「何時までなら即日融資されるか」を確認しておくとさらに安全です。

4-3. できるだけ少額・短期間の利用にとどめる

即日融資を希望するということは、資金繰りが厳しいはずです。
それならビジネスローンの利用は必要最低限の少額に抑え、返済期間もできるだけ短くしましょう。

というのも、ビジネスローンの金利は一般的な融資よりも高いからです。
経営状態がひっ迫しているときに、高金利を長期間支払い続けるのは危険でしょう。
即日融資で一時的にしのいでも、金利と返済のせいで逆に資金繰りが悪化してしまえば元も子もありません。

高金利のビジネスローンはなるべく早めに返済して、長期的な資金繰りには銀行や日本政策金融公庫など低金利の融資を利用するようにしましょう。

5. 即日融資を受けられなかった際の対処法

即日融資を受けられなかった際の対処法

即日融資を受けられるビジネスローンに申し込んでも、100%借り入れができるわけではありません。
審査に落ちて融資を受けられない恐れもあります。
では、そんなときはどうすればいいのでしょうか?
この章では、融資審査に通らなかった場合のために、別の資金繰りの方法を紹介しておきましょう。

5-1. ファクタリングを受ける

急ぎで資金が必要であれば、融資とともに検討したいのがファクタリングです。

ファクタリングとは、「売掛債権を買い取って現金化する金融サービス」のことです。
手元に未回収の売掛金がある場合、それをファクタリング業者に買い取ってもらうことで現金を調達する方法です。

たとえば、A社が「来月になれば売掛金500万円B社から入金されるが、いますぐ300万円の資金が必要」という状況に陥ったとします。
そこで、A社がB社の売掛金を債権としてファクタリング業者に譲渡します。
A社は売掛債権額から手数料をファクタリング業者に支払って、残りの金額を受け取ることができます。

譲渡した売掛債権は、期日までにB社から直接ファクタリング業者に振り込まれるか、一旦A社に入金されA社からファクタリング業者に入金します。

ファクタリング業者の中にも「即日審査、即日現金化」を謳っているところがあるので、急ぎで資金調達したいときには利用を検討するといいでしょう。

5-2. 資産を売却して資金を作る

会社の資産で売却してもよいものがあれば、それで資金を作るのもひとつの手です。

たとえば活用していない土地や建物などの不動産、社用車、設備機器などはないでしょうか?
また、投資用に保有している有価証券、ゴルフ場などの会員権、特許権なども売却できます。

ただ、不動産など資産価値の大きなものを売却る場合は、代金が手元に入るまで時間がかかるでしょう。
即日で売却できる資産がないか、検討してみてください。

5-3. 返済延期を交渉する

すでに融資を受けて返済中の借り入れがあれば、その金融機関と交渉して返済期間を延期してもらい、資金繰りに余裕をつくるという方法もあります。

たとえば銀行や信用金庫から借り入れている場合、返済期間を長くして月々の返済額を下げてもらえる可能性があります。
これを「融資のリスケジュール」と呼んでいます。
リスケジュールしたいときは、銀行の担当者に相談をして、もし要求されれば必要書類を提出して契約を結びなおします。

即日には間に合いませんが、今後の資金繰りを楽にするためには、早めに交渉してみるといいかもしれません。

短期間で借り入れできるビジネスローンを探すなら
「資金調達freee」へ

登録・利用無料ですので、まずはここからご利用可能な金融機関を探してください。

資金繰り・資金調達をサポート

この記事をご覧になっている方は、普段から資金繰りの状況についてチェックなさっているでしょうか。会計freeeのユーザーアンケートによると、定期的に資金状況についてチェックしている方は約50%、確認の方法は預金残高通帳です。

キャッシュは企業存続の命綱です。キャッシュフローや今後の資金繰り予測などは会社経営の重要な要素の一つであり、資金調達は企業継続・繁栄の重要な手段です。
ただし、資金繰りや資金調達は難しい、よくわからない。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、freeeでは資金繰り・資金調達をスムーズにおこなうためのサービスを提供しています。

資金調達freee:複数の金融商品を簡単に比較・申込ができる

資金を調達したいが、なにが自社に適した調達手段なのか、借入できる商品なのかがわからないという経営者の大きな悩み。最終的には税理士の言う通りにするがこれで良かったのか?と不安がつきまといます。
資金調達freeeでは、いくつかの質問に答えれば複数の資金調達手段から、自社に最適な商品を比較できる形で紹介。サービスは即日利用が可能で、そのままオンラインで申し込みまでが可能になります。

資金調達freee画面


事業用クレジットカード:freeeカード

資金調達、資金繰りの手段として最後にご紹介したいのが事業用クレジットカード(ビジネスカード)です。
「独立する前にクレジットカードを作っておくように」と勧められたことはありませんか?一般的に、個人事業主、フリーランス、経営者などご自身で事業を運営するようになると、クレジットカードの審査に通りにくくなると言われています。

しかし、支払いを先送りする方法としてクレジットカードは有効な手段の一つです。このためfreeeでは、事業をお持ちの方に特化したクレジットカードを提供しています。ブランドはVISA、Master、American Expressといった主要国際ブランドを揃えた豊富なラインナップを揃えており、オンラインからすぐに申し込むことが可能です。


freee MasterCardライト

年会費無料の頼れるカード

freee MasterCardライト
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行
  • 銀行口座を開設前でも申し込み可能
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査 入会可能か1秒診断を試してみる
  • 事業に適した高い利用限度額

freee MasterCard ライトゴールド

ライトよりグレードの高いビジネスカード

freee MasterCardライトゴールド
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行
  • 銀行口座を開設前でも申し込み可能
  • 年会費2,000円(税抜)
    初年度年会費無料
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

freee セゾンプラチナビジネスカード

急成長ビジネスのための1枚

freee セゾンプラチナビジネスカード
  • 最上級のサービスラインナップ
  • ご利用状況に応じた年会費優遇
  • 会計freeeのデータ活用による柔軟な限度額設定
次に遷移する株式会社クレディセゾンのwebページにて申込を完了してから、当該申込にかかるクレジット契約を解約するまでの期間、クレジットカード与信審査および契約締結手続に利用することを目的として、お客様の財務情報、ユーザー情報等が、株式会社クレディセゾンに提供されることに同意します。

freee VISAカード クラシック

法人・個人事業主への賢い選択

freee VISAカード クラシック
  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費無料
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能

freee VISAカード ゴールド

クラシックよりグレードの高いビジネスカード

freee VISAカード ゴールド
  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費割引あり
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

freee MasterCard

高い限度額で年会費無料
法人利用にもおすすめ

freee MasterCard
  • 郵送申込みで最短2週間で発行
  • 法人でも限度額200万円までなら、決算書不要
  • 従業員カード、ETCカードも最大999枚発行
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる

freee MasterCard ゴールド

freee MasterCardよりもグレードの高いビジネスカード
法人利用にもおすすめ

freee MasterCard ゴールド
  • 郵送申込みで最短2週間で発行
  • 法人でも限度額200万円までなら、決算書不要
  • 従業員カード、ETCカードも最大999枚発行
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

6. まとめ

いかがでしたか?
ビジネスローンで即日融資を受けるにはどうしたらいいか、よくわかったかと思います。

では、記事のポイントをもう一度振り返ってみましょう。

◎即日でビジネスローンを借りられるポイントは、

◎即日ビジネスローンを利用する注意点は、

これを踏まえて、あなたが即日ビジネスローンを上手に利用できるよう願っています。

資金調達手段の利用可能性を診断できる「資金調達freee」

資金調達手段の利用可能性を診断できる「資金調達freee」

即日利用可能な複数の資金調達手段を、金額や利率・手数料、調達までの所要期間など調達可能性とともに見比べ、オンラインで申込できるサービスです。登録時間はわずか10分、一度情報を入力すれば自動診断を継続的に確認できます。

freeeカード
バックオフィス基礎知識