資金繰り改善の基礎知識

銀行融資を成功させるポイントとは?

事業拡大のための設備投資や、新規取引に伴う仕入れ費の増加など、事業を運営していく上でまとまった資金が必要になることがあります。その際、資金調達の方法として有力な選択肢になるのが銀行融資です。
しかし、銀行融資は申し込めば誰でも融資が受けられるわけではなく、資料を用意し審査を受ける必要があります。
今回の記事では、銀行融資を成功させるポイントや、中小企業・個人事業主が資金調達を行う方法についてご紹介していきます。

銀行融資を成功させるポイントとは?

目次

資金繰り改善ナビ

銀行融資の審査申し込み

銀行から融資を受けるためには、まずは審査を受けなければなりません。普段から銀行と付き合いがある場合には担当者を通して融資の相談をするか、銀行の融資窓口から申し込みを行いましょう。

融資を申し込むと、審査のために決算書や事業計画書など多くの資料を提出する必要があります。

例えば、

  • 決算書
  • 試算表
  • 事業計画書
  • 月次資金繰り表
  • 会社案内、商品パンフレット

などです。

そして決算書などをもとに企業は銀行から「格付け」されます。この格付けによって金利や返済期間、そもそも融資が受けられるのかどうかが決まります。

出来るだけ有利な条件で融資を受けるためにも、格付けのポイントについて知っておきましょう。

銀行融資と企業の格付け

格付けは、決算書などの資料をもとにした「定量評価」と、定量評価では評価しにくい経営者の人柄や経営方針などの「定性評価」で構成されています。後者の定性評価は補完的な役割で、定量的評価に重きが置かれます。

定量評価の基準

具体的には、決算書のデータから「安全性」「収益性」「成長性」「債務返済能力」の四軸で企業の健全性について評価されます。

    安全性
  • 自己資本比率
  • ギアリング比率
  • 固定長期適合率
  • 流動比率
    収益性
  • 売上高経常利益率
  • 総資本経常利益率
  • 当期純利益額
    成長性
  • 経常利益増加率
  • 自己資本額
  • 売上高
    債務返済能力
  • 債務償還年数
  • キャッシュフロー額
  • インタレスト・カバレッジ・レシオ

これらの評価をもとに、銀行は企業を5つの債務区分に振り分けます。

①正常先:業績が良好で財務内容にも問題なし
②要注意先:業績低調、決算書の内容などに問題あり
③破綻懸念先:今後経営破たんに陥るリスクあり
④実質破綻先:深刻な経営難で、実質的に経営破たんとも言える状態
⑤破綻先:法的・形式的な経営破たんの状態にあり

融資を受ける際は、「正常先」に分類されることが重要です。②の「要注意先」以下に分類されると融資を受けることは難しく、仮に審査に通過しても良い条件では融資は受けられない可能性が高いです。

銀行から融資を受ける目的と返済計画

銀行融資を受ける際は、資金を何に使い、どのように返すのかきちんと説明する必要があります。「業務拡大のための設備投資」や「売上増加に伴う仕入れ資金の増加」といった前向きな理由で、どれくらいの利益が見込めるか示すことができれば、返済が滞る心配はないと判断してもらえるはずです。

これまでご紹介してきたように、銀行から借り入れを受けるためには、事業の健全性をわかってもらう資料を用意することと、資金の用途を明確にすることが重要です。判断のための多くの情報を提供する必要があり、銀行の融資担当の方と積極的にコミュニケーションを取ることも大切です。

ただ、一般的に中小企業や個人事業主などのスモールビジネスは、大企業に比べて信用を得にくいという現実があります。下記の図からも分かる通り、2008年9月のリーマン・ショック以来は特に、大企業と中小企業のファイナンス格差は拡大する一方です。このような厳しい状況下で融資を受けるためには、事前準備が重要になってきます。

大企業と中小企業のファイナンス格差は拡大

しかし、資料の準備に大きく手間取れば、資金が必要な時期を逃してしまうかもしれません。中小企業が事業の状況に合わせ、迅速に資金調達をするためにはどうすれば良いのでしょう。

膨大な資料を用意する必要や、審査を長い時間待つことなく資金を調達したい方にお勧めしたいのが、会計freeeが提供する資金繰り改善ナビです。

資金繰り・資金調達をサポート

この記事をご覧になっている方は、普段から資金繰りの状況についてチェックなさっているでしょうか。会計freeeのユーザーアンケートによると、定期的に資金状況についてチェックしている方は約50%、確認の方法は預金残高通帳です。

キャッシュは企業存続の命綱です。キャッシュフローや今後の資金繰り予測などは会社経営の重要な要素の一つであり、資金調達は企業継続・繁栄の重要な手段です。
ただし、資金繰りや資金調達は難しい、よくわからない。そう思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、freeeでは資金繰り・資金調達をスムーズにおこなうためのサービスを提供しています。

資金調達freee:複数の金融商品を簡単に比較・申込ができる

資金を調達したいが、なにが自社に適した調達手段なのか、借入できる商品なのかがわからないという経営者の大きな悩み。最終的には税理士の言う通りにするがこれで良かったのか?と不安がつきまといます。
資金調達freeeでは、いくつかの質問に答えれば複数の資金調達手段から、自社に最適な商品を比較できる形で紹介。サービスは即日利用が可能で、そのままオンラインで申し込みまでが可能になります。

資金調達freee画面


事業用クレジットカード:freeeカード

資金調達、資金繰りの手段として最後にご紹介したいのが事業用クレジットカード(ビジネスカード)です。
「独立する前にクレジットカードを作っておくように」と勧められたことはありませんか?一般的に、個人事業主、フリーランス、経営者などご自身で事業を運営するようになると、クレジットカードの審査に通りにくくなると言われています。

しかし、支払いを先送りする方法としてクレジットカードは有効な手段の一つです。このためfreeeでは、事業をお持ちの方に特化したクレジットカードを提供しています。ブランドはVISA、Master、American Expressといった主要国際ブランドを揃えた豊富なラインナップを揃えており、オンラインからすぐに申し込むことが可能です。


freee MasterCardライト

年会費無料の頼れるカード

freee MasterCardライト
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行
  • 銀行口座を開設前でも申し込み可能
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査 入会可能か1秒診断を試してみる
  • 事業に適した高い利用限度額

freee MasterCard ライトゴールド

ライトよりグレードの高いビジネスカード

freee MasterCardライトゴールド
  • 申し込みWeb完結、最短4営業日で発行
  • 銀行口座を開設前でも申し込み可能
  • 年会費2,000円(税抜)
    初年度年会費無料
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

freee セゾンプラチナビジネスカード

急成長ビジネスのための1枚

freee セゾンプラチナビジネスカード
  • 最上級のサービスラインナップ
  • ご利用状況に応じた年会費優遇
  • 会計freeeのデータ活用による柔軟な限度額設定
次に遷移する株式会社クレディセゾンのwebページにて申込を完了してから、当該申込にかかるクレジット契約を解約するまでの期間、クレジットカード与信審査および契約締結手続に利用することを目的として、お客様の財務情報、ユーザー情報等が、株式会社クレディセゾンに提供されることに同意します。

freee VISAカード クラシック

法人・個人事業主への賢い選択

freee VISAカード クラシック
  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費無料
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能

freee VISAカード ゴールド

クラシックよりグレードの高いビジネスカード

freee VISAカード ゴールド
  • シェアNo.1国際ブランドのVISA
  • 条件により年会費割引あり
  • 事業用特典が豊富な三井住友カードが発行
  • 電子マネー、モバイル決済などの便利な機能
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

freee MasterCard

高い限度額で年会費無料
法人利用にもおすすめ

freee MasterCard
  • 郵送申込みで最短2週間で発行
  • 法人でも限度額200万円までなら、決算書不要
  • 従業員カード、ETCカードも最大999枚発行
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる

freee MasterCard ゴールド

freee MasterCardよりもグレードの高いビジネスカード
法人利用にもおすすめ

freee MasterCard ゴールド
  • 郵送申込みで最短2週間で発行
  • 法人でも限度額200万円までなら、決算書不要
  • 従業員カード、ETCカードも最大999枚発行
  • 個人事業主、中小企業の利用実績が多いライフカードによる審査
    入会可能か1秒診断を試してみる
  • ラウンジ利用・付帯保険・ポイント還元対応

まとめ

事業を運営・拡大していく上で資金繰りに関する問題は避けて通れない道です。また、なかなか相談相手がいない話題でもあります。

資金調達freeeや会計freeeのデータを活用して、事業を効率的に運営していきましょう。

資金調達手段の利用可能性を診断できる「資金調達freee」

資金調達手段の利用可能性を診断できる「資金調達freee」

即日利用可能な複数の資金調達手段を、金額や利率・手数料、調達までの所要期間など調達可能性とともに見比べ、オンラインで申込できるサービスです。登録時間はわずか10分、一度情報を入力すれば自動診断を継続的に確認できます。

freeeカード
バックオフィス基礎知識