青色申告の基礎知識

医療費が多かった人は忘れずに!青色申告における医療費控除の意味と利用方法

b3cfdf7a2f5206f1fe6ce6082c8ef527.jpg


1年間に支払った医療費が多い場合、確定申告の「医療費控除」を利用すれば支払った医療費が戻ってくると考えている人は多いのではないでしょうか。しかし、医療費控除とは、「1年間に支払った医療費が一定額を超えた場合、その超えた部分について所得控除を受けられる」という制度であって、払った医療費が返還されるものではありません。
しかし、正しく利用すれば一定額が返ってくることは間違いないです。また、特別控除がある青色申告で確定申告をすれば、いっそう制度の恩恵を受けることができます。
制度を賢く利用するために、医療費控除の対象となるもの、控除額の算出方法、税金支払額は実際どのぐらい変わるのか、利用するにはどのような手続きが必要なのかについてご紹介します。

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

医療費控除の対象となるもの

医療費控除は、自分だけでなく生計をともにする家族や親族にかかった医療費も対象となります。
生計を一にしている家族であれば、家を出た子供にかかった医療費も合算できますし、確定申告さえ行えば、給与所得者、事業所得者(自営業者)など、働き方の違いにかかわらず、すべての人が控除を受けられます。

医療費控除の対象にならないもの

病院で支払った医療費が、すべて医療費控除の対象になるわけではありません。医療費によっては、医療費控除の対象外のものもありますので注意が必要です。

  • <医療費控除の対象となるおもな費用>
  • ・医療機関での医師・歯科医師による診療や治療にかかった医療費
  • ・処方された薬代
  • ・出産費用や定期健診などの費用、通院費
  • ・入院費
  • ・あん摩マッサージ指圧師、柔道整復師、はり師、きゅう師の施術に支払った費用
  • ・医療機関で診療を受けるための通院費
  • ・市販の風邪薬などの購入費用
  • ・子供の不正咬合のために必要とされた歯列矯正費
  • ・子供の通院に付き添う場合の交通費
  • ・介護保険制度のサービスを受けた場合の自己負担額
  • ・介護老人保健施設や指定介護老人福祉施設などへ入るための介添人の交通費
  • ・保健師・看護師・准看護師あるいは、家政婦などに病人の付き添いを依頼した場合の費用

  • <医療費控除の対象とならないおもな費用>
  • ・人間ドックやその他の健康診断費用(病気が発見されれば医療費控除の対象になる)
  • ・予防接種にかかった費用
  • ・ビタミン剤やサプリメント類の購入費用
  • ・容姿を美しくするための歯列矯正費用
  • ・美容整形の費用
  • ・入院中の子供の世話のために病院へ通う際の交通費
  • ・自家用車での通院にかかるガソリン代や駐車場料金

また、特例として「セルフメディケーション税制」という制度が設けられています。
セルフメディケーション税制とは、健康の維持・増進及び病気の予防への取組みとして導入されたもので、「スイッチOTC医薬品」(要指導医薬品及び一般用医薬品のうち、医療用から転用された医薬品)を購入した場合、購入費用について所得控除が受けられるというものです。2017年1月1日~2021年12月31日のあいだに一定の健診や予防接種などを受けている場合、1年の購入額が12,000円を超えた分だけ所得控除が受けられます(限度額は88,000円)。

医療費控除の対象額の範囲

医療費控除の対象になるのは、支払った医療費すべてではなく「一定金額を超えた分」のみとなります。 また、医療費控除の対象額の計算式は、年間の合計所得金額が200万円以上か未満かで異なります。

医療費控除額=1年間に支払った医療費-保険金などで補填される金額-10万円(合計所得金額が200万円未満の人は合計所得金額×5%)

このうち、「保険金などで補填される金額」とは、民間の医療保険や共済などから支払われる入院給付金や通院給付金、高額療養費などのことです。また、交通事故の相手方から支払われた、医療費を補うための損害賠償金も含まれます。なお、出産育児一時金として受け取った額などもこれにあたりますが、出産手当金は医療費の補填にはあたらないため、医療費控除で差し引くことはありません。

例えば、所得が100万円で医療費を15万円支払い、保険金で30,000円受け取っていた場合、医療控除額は70,000円(15万円-30,000円-50,000円)となります。
対して、同じ条件で所得が200万円だった場合、医療控除額は20,000円(15万円-30,000円-10万円)となります。

なお、受け取った保険金の額が実際に支払った医療費を上回っていた場合でも、他の医療費から差し引くことはせず、対象の医療費のみで考えます。例えば、1年間に交通事故の治療に医療費が20万円、その他の医療費が10万円かかり、相手方から治療費用にと慰謝料30万円が支払われた場合でも、余った慰謝料の10万円はその他の医療費10万円と相殺されることはありません。

また、確定申告の際にまだ保険で補填される金額が定まっていない場合は、受け取る予定のおおまかな保険金額を見積もって医療費から差し引きます。

医療費控除を利用すると納税額はどれぐらい変わる?

厚生労働省の「平成26年度 国民医療費の概況」によると、2014年度の人口1人あたりの国民医療費は約32万円でした。これを目安に、年間所得が780万円、年間医療費が32万円、医療保険の保険金を12万円受け取った場合の所得税額をシミュレーションしてみます。

参考:
平成26年度 国民医療費の概況│厚生労働省

この場合、医療費控除額は、年間医療費32万円-保険金12万円-10万円=10万円となります。

ここで仮に、医療費控除や社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、基礎控除など、確定申告書第一表(A・Bともに)の「所得から差し引かれる金額」の合計額が90万円であったとすれば、課税される所得金額は「所得780万円-控除総額90万円=690万円 」となります。
所得税額は「課税される所得金額690万円×0.2(税率20%)-控除額42万7,500円=95万2,500円」となります。

<所得税の速算表>

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円超330万円以下 10% 97,500円
330万円超695万円以下 20% 42万7,500円
695万円超900万円以下 23% 63万6,000円
900万円超1,800万円以下 33% 153万6,000円
1,800万円超4,000万円以下 40% 279万6,000円
4,000万円超 45% 479万6,000円

参考:
所得税の税率│所得税│国税庁

<医療費控除を行わなかった場合>
もし、医療費控除を行わなかった場合、「所得から差し引かれる金額」の合計額は医療控除額の分だけ減って80万円となりますから、課税される所得金額は「所得780万円-控除総額80万円=700万円 」となります。
所得税額は「課税される所得金額700万円×0.23(税率23%)-控除額63万6,000円=97万4,000円」となります。

つまり、確定申告を行って医療費控除を利用すると、21,500円分 も納税額が減ることがわかります。

医療費控除を利用するのに必要な手続き

【確定申告書A】                             【確定申告書B】

 medical_1.png

引用元:国税庁                              引用元:国税庁

医療費控除の制度を利用するには、個人事業主・給与所得者を問わず確定申告を行う必要があります。青色申告者・白色申告者は、通常の確定申告の際に医療費控除に関する部分を記入して、確定申告書提出期限内に所轄の税務署に提出するだけで問題ありません。給与所得者は会社任せにせず、自分で確定申告を行う必要があります。申告書類提出の際は、医療機関の領収書や交通費の明細などの添付が必要になりますので、こちらも普段から保管しておきましょう。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!

STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

まとめ

交通費などは、領収書がなくてもきちんと記録してあれば医療費控除の対象になります。会社員の場合も、まず本人及び家族が1年間にかかった医療費を合算し、医療費控除が受けられる場合は必要書類を添えて確定申告を行いましょう。

なお、「手書きでの記入は難しい」とお考えの方は、ぜひ確定申告ソフトのfreeeをご活用ください。ステップに沿って簡単な質問にこたえるだけで、確定申告書類が完成します。プリントアウトして郵送するだけですので、簡単に確定申告を終えることができます。

青色申告ソフト freee


青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識