開業の基礎知識

開業届けを郵送するときに絶対おさえたい注意点

開業届けは郵送が可能です。
直接の提出ではなく郵送する場合は、間違えることなく一度で開業届けの提出を完了したいところです。
そこで今回の記事では、開業届けを郵送する際の注意点をご紹介していきます。
注意点を読むよりも、「確実にミスなく、簡単に開業届けを作成して郵送したい!」という方は、「開業freeeでミスなく、最速で開業届けを郵送」をご覧ください。

開業届けを郵送するときの注意点

目次

1.開業届けの提出期限

開業届を郵送する前に、開業届の提出期限について確認しておきましょう。
開業届の提出期限は、原則として開業してから1か月以内です。

期限を過ぎてしまっていても罰則はありませんし、開業当初は何かと忙しいとは思いますが、できるだけ手早く届を用意し捺印した上で提出しましょう。

2.開業届けを入手しよう

開業届けの正式名称は「個人事業の開廃業届出書」です。
国税庁のホームページ([手続名]個人事業の開業届出・廃業届出等手続)からダウンロードすることもできますし、最寄りの税務署で受け取ることもできます。

最寄りの税務署で直接受け取りたい場合は、「地名+税務署」で検索するか、国税庁ホームページの「地図から税務署を調べる」を活用しましょう。
その際、ご自身の控えのために1部余分に届出をもらっておくことをお勧めします。

3.開業届けの郵送先をすぐに調べる方法

提出先は最寄りの税務署になりますので、国税庁のホームページ(「地図から税務署を調べる」)から検索するか、ご自身で「地名 税務署」などのキーワードを使って検索して調べましょう。

4.もれなくチェック!郵送物一覧

新たに開業する際に必須の提出書類は「個人事業の開廃業届出書(開業届け)」ですが、そのほかにも、青色申告を選択した方や、従業員を雇う予定の方は別途届出が必要です。
例えば、開業届けと合わせて郵送したい届出には、下記があります。

  • ・開業・廃業等届出書(開業届け)
  • ・青色申告承認申請書(青色申告を行う場合)
  • ・青色事業専従者給与に関する届出書(家族に給与を支払うか、家族への給与を経費にする場合)
  • ・給与支払事務所等の開設届出(給与を支払う場合)
  • ・源泉所得税に納期の特例の承認に関する申請書(給与を支払う場合)


なお、どの届出が必要かどうかは、人によって異なるため、注意が必要です。

5.開業freeeでミスなく、最速で開業届けを郵送

ここまで、開業届けを郵送する際の注意点をご紹介してきましたが、おすすめは、開業freeeを使って自動で開業届けと必要な書類をすべて作成する方法です。
開業freeeを使えば、ステップに沿って作成するだけで必要な書類がすべて作成完了します。
「もれなくチェック!郵送物一覧」で、どの届出が必要かは人によって異なりますとご紹介しましたが、開業freeeでは、その人に必要な書類のみ作成・出力されます。

↓ 今すぐ「開業freee」を試したい方はこちら ↓

banner_rev02_05

ステップに沿って必要事項を記入するだけ

開業freeeのステップは、準備・作成・提出の3ステップ。
何を書いたらいいか迷いがちな項目(例えば、職業・仕事の種類)も、多彩なプルダウンメニューから選ぶだけで完了します。

設問に答えていくだけで書類ができあがります。



「書類を確認する」ボタンを押すと、あなたに必要な書類が控えも含めて自動でPDFに出力されます。

image12


プリントアウトして判子をおせば完了です。
中には登録から5分で開業届の作成が完成した!という方もいらっしゃいます。

さらに、青色申告か白色申告か迷っている方は、シュミレーションでどの申告が一番お得かを計算できます。

image9


開業freeeは無料で利用できるサービスですので、ぜひ活用してみてください!

確定申告を簡単に終わらせる方法

確定申告には青色申告と白色申告の2種類があります。どちらを選択するにしても、期限までに書類を作成し納税をすることが重要です。
青色申告と白色申告の違いを知りたい!という方は、こちらもご参照ください。「青色申告と開業届の基礎知識!青色申告のメリットと白色申告との違い
書類の作成には、手書きのほか、国税庁の「確定申告等作成コーナー」や会計ソフトで作成する方法がありますが、「確定申告書の作成は難しいのでは?」と苦手意識をお持ちの方も多いでしょう。
そこでお勧めしたいのが、確定申告ソフト「会計freee」の活用です。


会計freeeは、会計の知識がないから不安だという方でも、質問に沿って答えていくだけで簡単に書類を作成することができます。
以下に書類を完成させるまでのステップをご紹介します。

5stepで確定申告書が完成

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動入力!

1年分の経費の入力はとても面倒。会計freeeなら、銀行口座やクレジットカードを同期することで自動入力にできます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので、作業時間と手間を大幅に省くことができます。

確定申告の金額や科目を自動入力

溜め込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくても手軽に入力できる!

会計freee現金での支払いも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけととても手軽です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

難しい簿記を学ぶ必要なし

有料のスタータープラン(年払いで月額980円)、スタンダードプラン(年払いで月額1,980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

価格・プランについて確認したい方はこちら。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

質問に答えるだけで税金の計算ができる

税金の計算も○×の質問に答えるだけ


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は、税金が安くなります。それらの難しい税金の計算も、会計freeeなら、質問に答えるだけで自動算出。確定申告のために、わざわざ税金の本を買って勉強をする必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

会計freeeを使って確定申告書を自動作成したら、税務署へ郵送もしくは電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダの用意があれば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ【2019年(令和元年)10月最新情報】

簡単に確定申告書が完成

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトの会計freeeには、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」というたくさんの声をいただいています。

税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円ほど、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほどという場合がほとんどです。会計freeeなら、月額980円〜でステップに沿って質問に答えるだけで、簡単に確定申告を完了することができます。

余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など
税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる