青色申告の基礎知識

確定申告書の記入方法

確定申告書の記入方法

青色申告をする個人事業主の方は、確定申告書Bを使います。今回の記事では、確定申告書の記入方法について解説していきます。なお、用紙は以下のURLから入手できます。

リンク:確定申告書B(国税庁)

目次

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

確定申告書B(第一表)の書き方

第一表、確定申告書Bの一枚目の書き方から、紹介します。このページは、収入・所得、各種控除をまとめるページです。

確定申告書B-1解説

①:収入と所得

ここは青色申告決算書の「売上(収入)金額」「所得金額」を転機するだけです。記入する場所は、それぞれ「収入金額等」欄の一番上、「所得金額」欄の一番上です。基本的にはこれだけです。 事業所得以外の所得がある場合には、該当するところに記入します。

②:所得控除

所得控除を記入する欄です。所得控除は、色々なものがありますが、記入を忘れると税金が高くなりますので、忘れないようにしましょう。各控除の解説はこちらにあります。

③:税金の計算

ここでは、所得控除を差し引いた所得から税金を計算します。そして、受けられるものがあれば、税額控除も記入します。税額控除も所得控除と同様、忘れると税金が高くなりますので気をつけましょう。

税金の計算方法を以下、解説します。

・まず、所得の合計額から所得控除の合計額を引きます。
それを課税される所得金額㉖の欄に入れます。

・次に、以下の所得税の速算表を使い税額を計算します。
㉖の数字から、図表の控除額を引き、税率をかけます。

・復興特別所得税を計算します。計算方法は、カンタンで所得税額の2.1%です。

・税額は、100円未満を切り捨てします。

所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% なし
195万円を超え 330万円以下 10% 9万7500円
330万円を超え 695万円以下 20% 42万7500円
695万円を超え 900万円以下 23% 63万6000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 153万6000円
1,800万円超 40% 279万6000円


これだけでは、わかりにくいと思うので、計算例を示します。
所得の合計が700万円、所得控除の合計が100万円の例を考えます。

・課税される所得金額:700万円ー100万円=600万円
これを㉖の欄に記入します。

・所得税:(600万円ー42万7500円)×0.2=111万4500円
この42万7500円、0.2(20%)は所得税の速算表で確認できます。これを㉗の欄に記入します。

・復興特別所得税:111万4500円×0.021=2万3404円
所得税に2.1%をかけるだけです。これを㊶に記入。

・所得税と復興特別所得税の額:111万4500円+2万3404円=113万7904円
100円未満を切り捨て、113万7900円となります。


④:専従者給与、青色申告特別控除額

家族に支払った専従者給与、青色申告特別控除額(65万円、または10万円)を記入します。青色申告決算書に記入してる数字と同じ数字を転記しましょう。

以上で、確定申告書B(第一表)の1ページ目は終わりです。青色申告決算書が完成していれば、その数字からちょっとした計算をするだけで終わります。自分が受けられる控除を忘れないようにだけ気をつけましょう。

確定申告書B(第二表)の書き方

確定申告書Bの第二表は、第一表の詳細です。
確定申告書B-2解説

①:源泉徴収された所得を記入

ここには、源泉徴収された収入(給与所得等)を記入します。源泉徴収票から転記します。なければ空欄にします。

②:雑所得

配当所得、年金以外の雑所得、譲渡所得、一時所得がある場合は、ここに記載します。

③:所得控除

当てはまる所得控除の詳細を記入します。
参考:所得控除まとめ

④:青色専従者給与

青色専従者として家族に給与を払っていれば、ここにその家族の情報、支払った給与を記載します。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!

STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

まとめ

いかがでしょう。今回の記事では、確定申告書Bの書き方について解説しましたが、会計ソフトのfreeeを活用すれば、日々の経理業務や、確定申告時の必要事項の入力を行うだけで簡単に確定申告書Bを作成することができます。スマートフォンだけで確定申告を完了した方もいるほどですので、ぜひ活用してみてくださいね。

青色申告ソフト freee


青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識