青色申告の基礎知識

確定申告書の記入方法

最終更新日:2021/02/25

確定申告書の記入方法

個人事業主の方が確定申告をする場合、「白色申告」と「青色申告」の2種類の方法があります。青色申告を選択すると、白色申告と比べて帳簿の記帳方法や届出などで手間が生じますが、白色申告にはない税制上のメリットを受けることができます。

ここでは、青色申告で確定申告をする場合に必要な書類と、その書き方について紹介します。

なお、青色申告をする個人事業主の方は、確定申告書Bを使います。申告に必要な書類は、国税庁Webサイトからダウンロードが可能です。

2021年提出版(2020年・令和2年分)確定申告のポイントをチェック!

▷確定申告の期間延長
・ 確定申告期限・納付期限
申告所得税、個人事業者の消費税、贈与税の申告・納付 : 2021年(令和3年)4月15日(木)
・ 振替納税の振替日 
申告所得税 : 2021年(令和3年)年5月31日(月)
個人事業者の消費税 : 2021年(令和3年)年5月24日(月)


▷青色申告特別控除はe-Taxによる申告等で65万円の控除
青色申告特別控除額が65万から10万円引き下げられ、55万円になりましたが、e-Taxによる申告(電子申告)又は電子帳簿保存を行うと、引き続き65万円の青色申告特別控除額が受けられます。

▷多くの人の基礎控除が10万円引き上げ
一律38万円控除されていたものから合計所得金額が2,400万円以下の人は10万円引き上げされ、48万円になりました。
逆に、2,400万円を超える人は、基礎控除の額が段階的に引き下げられました。

▷サラリーマン(年収850万円以下)の給与所得控除が10万円引き下げ
給与収入850万円以下の会社員の場合、改正前の給与所得控除額から10万円の引き下げとなりました。
(給与所得控除額が少なくなると通常、増税となりますが、基礎控除の額が10万円増えるので、合計でみると影響はありません。)

▷配偶者控除・扶養控除の判定基準となる合計所得金額の引き上げ
・ 控除を受けるための配偶者や扶養親族等の合計所得金額が38万円以下だったものが10万円引き上げとなり、48万円以下となりました。
・ 配偶者特別控除を受けるための合計所得金額も10万円引き上げとなりました。

▷ひとり親控除は婚姻歴がなくても受けられる
ひとり親控除が創設され、シングルマザーもしくはシングルファーザーであれば、婚姻歴がなくても要件を満たせば35万円の控除が受けられることとなりました。

詳細は国税庁ホームページ(令和二年分 確定申告特集)等からご確認ください。

目次

初めての確定申告でも安心の会計freeeのサイトバナー

確定申告書B(第一表)の書き方

確定申告書Bは第一表と第二表からなりますが、まずは第一表の書き方を見ていきましょう。第一表には、収入金額や所得金額、各種控除額、税額などを記入します。 確定申告書B 記入例
参考|国税庁「令和二年分以降用 確定申告書B

① 収入と所得

「収入金額等」と「所得金額等」の欄には、青色申告決算書の「売上(収入)金額」「所得金額」を転記します。記入する場所は、それぞれ「収入金額等」欄の一番上、「所得金額」欄の一番上です。基本的にはこれだけです。事業所得以外の所得がある場合には、該当するところに記入します。

② 所得控除

「所得から差し引かれる金額」欄は、各種所得控除を記入する欄です。社会保険料控除、生命保険料控除、扶養控除、基礎控除など、適用される控除がある場合にはすべて記入するようにしましょう。
各控除の解説は、下記の関連記事で詳しく解説しています。

【関連記事】
所得控除の種類はこんなにある!漏れなく控除を受けるには

③ 税金の計算

「税金の計算」欄では、課税される所得金額の計算と、課税される所得金額に対する税額(納付する所得税の金額)を計算します。配当控除や住宅借入金等特別控除など、該当の税額控除がある場合には忘れずに記入しましょう。

【関連記事】   
税額控除まとめ

納付する所得税の計算は、下記の手順で行います。

<所得税の計算方法>

  1. 所得金額の合計額から所得控除の合計額を差し引きます。その金額を「課税される所得金額(30)」の欄に記入します(1,000円未満の端数は切り捨て)。
  2. 所得税の速算表を参照して、該当する税率を「課税される所得金額(30)」に掛け合わせます。
  3. 「2」で計算した金額から、該当する控除額を差し引きます。
  4. 算出した金額を「上の(30)に対する税額(31)」欄へ記入します。

■所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
1,000円 から 1,949,000円まで 5% 0円
1,950,000円 から 3,299,000円まで 10% 97,500円
3,300,000円 から 6,949,000円まで 20% 427,500円
6,950,000円 から 8,999,000円まで 23% 636,000円
9,000,000円 から 17,999,000円まで 33% 1,536,000円
18,000,000円 から 39,999,000円まで 40% 2,796,000円
40,000,000円 以上 45% 4,796,000円

引用|国税庁「No.2260 所得税の税率

税額の具体的な計算方法を、下記の例で見てみましょう。

例)   
「収入金額等」と「所得金額等」の合計が700万円、「所得から差し引かれる金額」(所得控除)が100万円の場合

1. 所得金額の合計額から所得控除の合計額を差し引く
700万円-100万円=600万円
この600万円が、課税される所得金額(「課税される所得金額(30)」欄に記入する金額)となります。

2. 速算表を参照して該当の税率を掛け合わせる
600万円は「330万円以上695万円未満」に該当するので、税率は20%。
600万円×0.2(20%)=120万円

3. 速算表を参照して該当の控除額を差し引く
600万円は「330万円以上695万円未満」に該当するので、控除額は42万7,500円。
120万円-42万7,500円=77万2,500円

この77万2,500円が、課税される所得金額に対する税額(「上の(30)に対する税額(31)」欄に記入する金額)となります。

なお、2013年分から2037年分までの確定申告では、復興特別所得税(2.1%)も併せて申告・納付する必要があります。計算方法は、「上の(30)に対する税額(31)」から税額控除の合計額を差し引き、2.1%を掛け合わせます。計算式は下記のとおりです。

復興特別所得税の税額=
(課税される所得金額に対する税額-税額控除の合計額)×0.021


例えば、課税される所得金額に対する税額が77万2,500円で、税額控除の合計額が35万5,000円の場合、復興特別所得税の税額は下記のように計算します。

(77万2,500円-35万5,000円)×0.021=8,767円
※1円未満の端数は切り捨て。

④ 専従者給与、青色申告特別控除額

「専従者給与(控除)額の合計額」欄には、配偶者や親族に支払った専従者給与を記入。
「青色申告特別控除額」欄には、青色申告決算書に記入している青色申告特別控除額と同じ数字を転記しましょう。

【関連記事】
家族への給与で節税対策ができる「青色事業専従者給与」とは   
【2020年最新】青色申告特別控除で65万円と10万円の控除額を分ける要件と令和2年分からの控除額改正の対応方法

以上が、確定申告書B(第一表)の主な記入項目です。青色申告決算書の作成が済んでいれば、該当箇所から金額を転記したり、簡単な計算をしたりするだけで記入することが可能です。

確定申告書B(第二表)の書き方

続いては、確定申告書Bの第二表の書き方を見てみましょう。第二表では、第一表で記入した金額の内訳や詳細を記入します。 確定申告書B(第二表)記載例
参考|国税庁「令和二年分以降用 確定申告書B

① 所得の内訳等

「所得の内訳」と「総合課税の譲渡所得、一時所得に関する事項」欄には、第一表で記入した所得金額・収入金額の内訳のほか、譲渡所得や一時所得を記入します。所得の種類が多くて書き切れない場合は、別紙で「所得の内訳書」を用意して、記入・提出が可能です。

また、「特例適用条文等」欄には、社会保険診療報酬や転廃業助成金などの課税の特例を受ける場合に該当する条文を記入します。

② 各種控除に関する事項

「保険料控除等に関する事項」や「本人に関する事項」「雑損控除に関する事項」「寄附金控除に関する事項」欄では、所得から差し引かれる控除で該当するものを記入します。

控除の種類には、社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寡婦・ひとり親控除、勤労学生控除、障害者控除、雑損控除、寄附金控除等があります。

③ 配偶者や親族に関する事項

「配偶者や親族に関する事項」欄には、配偶者や親族の氏名や続柄、生年月日等を記入するほか、マイナンバー(個人番号)を記入する必要があります。

④ 事業専従者に関する事項

「事業専従者に関する事項」欄には、要件を満たした配偶者や親族の青色事業専従者がいる場合に、氏名や続柄、生年月日、マイナンバーなどを記入します。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

1.銀行口座やクレジットカードは同期すれば自動入力!

freeeは、面倒な1年分の経費の入力も、銀行口座やクレジットカードを同期すれば自動で入力できます。日付や金額だけでなく、勘定科目を推測して自動入力してくれるので大幅に手間を省くことができます。

基本情報の入力

ため込んだ経費も自動入力でカンタン!

2.簿記を知らなくてもカンタンに入力できる!

freeeなら、現金で払った場合でも、いつ・どこで・何に使ったか、家計簿感覚で入力するだけで大丈夫です。自動的に複式簿記の形に変換してくれるので、簿記を覚えなくても迷わず入力することができます。

簿記を知らなくてもカンタンに入力

有料のスタータープラン(月額1,180円)、スタンダードプラン(月額2,380円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

価格・プランについて確認したい方はこちら。最大30日間無料でお試しいただけます。

3.質問に答えるだけで税金は自動計算

○×の質問に答えるだけで税金も計算


保険やふるさと納税、住宅ローンなどを利用している場合は税金が安くなります。難しい税金の計算もfreeeなら、質問に答えるだけで自動で計算してくれます。確定申告をするために、本を買って税金について勉強する必要はありません。

4.あとは確定申告書を税務署に提出するだけ

freeeで確定申告書を自動作成したら、税務署に郵送や電子申告などで提出して、納税をすれば完了です。

マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!
e-Taxでネットで確定申告:PC・スマホでのやり方とメリットまとめ【2019年(令和元年)10月最新情報】
あとは確定申告書を提出するだけ

あとは完成した確定申告書を提出して納税するだけ

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。
【初めての向けにオススメ】そもそも確定申告とは?スマホ申告の活用など
税務署に行かずに確定申告を終わらせるなら、電子申告(e-Tax)がおすすめです。freee電子申告開始ナビ(無料)について詳しくみる

まとめ

個人事業主の方が青色申告を選択して確定申告する場合の、確定申告書Bの書き方について解説しました。白色申告と比べて記入内容や帳簿の記帳方法などが手間にはなりますが、税制上のメリットがあります。

青色申告に不慣れで自信がないと感じる方には、「クラウド会計ソフトfreee」をおすすめします。専門的な会計知識がなくても、◯✕形式の質問に答えるだけで確定申告に必要な書類を作成することが可能です。

青色申告ソフト freee


確定申告

青色申告ソフト freeeなら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

確定申告freee
バックオフィス基礎知識