青色申告の基礎知識

確定申告書の記入方法

青色申告をする個人事業主の方は、確定申告書Bを使います。今回の記事では、確定申告書の記入方法について解説していきます。なお、用紙は以下のURLから入手できます。

リンク:確定申告書B(国税庁)

目次

確定申告書の記入方法

確定申告書B(第一表)の書き方

第一表、確定申告書Bの一枚目の書き方から、紹介します。このページは、収入・所得、各種控除をまとめるページです。

確定申告書B-1解説

①:収入と所得

ここは青色申告決算書の「売上(収入)金額」「所得金額」を転機するだけです。記入する場所は、それぞれ「収入金額等」欄の一番上、「所得金額」欄の一番上です。基本的にはこれだけです。 事業所得以外の所得がある場合には、該当するところに記入します。

②:所得控除

所得控除を記入する欄です。所得控除は、色々なものがありますが、記入を忘れると税金が高くなりますので、忘れないようにしましょう。各控除の解説はこちらにあります。

③:税金の計算

ここでは、所得控除を差し引いた所得から税金を計算します。そして、受けられるものがあれば、税額控除も記入します。税額控除も所得控除と同様、忘れると税金が高くなりますので気をつけましょう。

税金の計算方法を以下、解説します。

・まず、所得の合計額から所得控除の合計額を引きます。
それを課税される所得金額㉖の欄に入れます。

・次に、以下の所得税の速算表を使い税額を計算します。
㉖の数字から、図表の控除額を引き、税率をかけます。

・復興特別所得税を計算します。計算方法は、カンタンで所得税額の2.1%です。

・税額は、100円未満を切り捨てします。

所得税の速算表

課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% なし
195万円を超え 330万円以下 10% 9万7500円
330万円を超え 695万円以下 20% 42万7500円
695万円を超え 900万円以下 23% 63万6000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 153万6000円
1,800万円超 40% 279万6000円


これだけでは、わかりにくいと思うので、計算例を示します。
所得の合計が700万円、所得控除の合計が100万円の例を考えます。

・課税される所得金額:700万円ー100万円=600万円
これを㉖の欄に記入します。

・所得税:(600万円ー42万7500円)×0.2=111万4500円
この42万7500円、0.2(20%)は所得税の速算表で確認できます。これを㉗の欄に記入します。

・復興特別所得税:111万4500円×0.021=2万3404円
所得税に2.1%をかけるだけです。これを㊶に記入。

・所得税と復興特別所得税の額:111万4500円+2万3404円=113万7904円
100円未満を切り捨て、113万7900円となります。


④:専従者給与、青色申告特別控除額

家族に支払った専従者給与、青色申告特別控除額(65万円、または10万円)を記入します。青色申告決算書に記入してる数字と同じ数字を転記しましょう。

以上で、確定申告書B(第一表)の1ページ目は終わりです。青色申告決算書が完成していれば、その数字からちょっとした計算をするだけで終わります。自分が受けられる控除を忘れないようにだけ気をつけましょう。

確定申告書B(第二表)の書き方

確定申告書Bの第二表は、第一表の詳細です。
確定申告書B-2解説

①:源泉徴収された所得を記入

ここには、源泉徴収された収入(給与所得等)を記入します。源泉徴収票から転記します。なければ空欄にします。

②:雑所得

配当所得、年金以外の雑所得、譲渡所得、一時所得がある場合は、ここに記載します。

③:所得控除

当てはまる所得控除の詳細を記入します。
参考:所得控除まとめ

④:青色専従者給与

青色専従者として家族に給与を払っていれば、ここにその家族の情報、支払った給与を記載します。

まとめ

いかがでしょう。今回の記事では、確定申告書Bの書き方について解説しましたが、会計ソフトのfreeeを活用すれば、日々の経理業務や、確定申告時の必要事項の入力を行うだけで簡単に確定申告書Bを作成することができます。スマートフォンだけで確定申告を完了した方もいるほどですので、ぜひ活用してみてくださいね。

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識