青色申告の基礎知識

青色申告者が提出すべき書類一覧

青色申告をするためには事前に届出が必要です。今回の記事では、青色申告者が提出すべき書類とその期限、さらにこれらの書類を簡単に作成する方法をご紹介します。

目次

青色申告者が提出すべき書類一覧

青色申告者が提出すべき書類一覧

青色申告者が出しておくべき書類をまとめました。

青色申告者が出しておく書類は、主に下記の5つがあります。
特に、開業届と青色申告承認申請書は、事前に提出しなければ青色申告を選択することができません。絶対に提出しておきましょう。

書類名 提出期限 対象者 目的
個人事業の開業・廃業等届出書 開業日から1ヶ月以内 新たに個人事業主として開業したい人 青色申告をするため
所得税の青色申告承認申請書 ・新規開業の場合→開業日から2ヶ月以内
・白色申告から切り替える人→青色申告をしようとする都市の3月15日
青色申告をしたい人 青色申告をするため
青色事業専従者給与に関する届出書 ・家族が働き始めた日から2ヶ月以内
・給与を経費にする年の3月15日まで
家族に給与を支払う予定のある人 家族への給与を経費にするため
給与支払事務所等の開設届出書 開設の事実があった日から一ヶ月以内 従業員を雇う 源泉徴収をするため
源泉所得の納期の特例の承認に関する申請書 なし 従業員を雇う人 源泉徴収を毎月から年2回にするため

書類を簡単に準備する方法

上記でご紹介した書類はすべて、無料の開業freeeを活用することで、驚くほど簡単に、速く作成することができます。ステップに沿って必要情報を入力すれば、あなたに必要な書類のみ完成し、印刷することができます。
開業当初は「どの書類が必要かわからない」「どこで書類を入手すればいいの?」「どうやって書けば…」など疑問がたくさんです。開業freeeを活用して素早く終わらせてしまいましょう。

また、書類の提出が完了したら、青色申告に向けての準備が大切です。会計freeeを活用して日々の経理作業も、確定申告作業も効率よく進めてはいかがでしょう。驚くほど簡単に青色申告を終えることができた、という声や、スマートフォンからの作業のみで確定申告を完了したかたもいらっしゃるほどです。

青色申告ソフト freee

青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識