青色申告の基礎知識

確定申告を税理士に頼んだ場合、費用の相場はいくらくらいか

お金

毎年、確定申告の時期が来ると、税理士への依頼が頭をよぎる人もいるのではないでしょうか。確定申告を税理士に依頼したら負担は軽減される反面、費用面が気になるところです。そこで、青色申告を税理士に頼んだ場合の費用の相場や、税理士へ依頼するメリットやデメリットなどをまとめました。

楽に確定申告ができる会計freeeのサイトバナー

仕訳と申告書の作成を税理士に任せた場合のコスト感

税理士に確定申告を依頼する場合、帳簿つけは行っていて、確定申告書の作成だけを依頼するケースと、帳簿つけをしておらず、仕訳から依頼するケースに分かれます。個人事業主が確定申告書の作成だけを依頼する場合の費用は数万円程度です。

ただし、会計ソフトを利用している場合は、帳簿つけをしていれば、確定申告書はほぼ自動で作成できますので、確定申告書の作成だけを依頼することは考えにくいです。また、税理士によっては、帳簿の内容も精査が必要との考えから、確定申告書の作成だけを請け負っていないところもあります。

青色申告のために、税理士に仕訳から依頼する場合の費用は、仕訳を行う取引の数によって異なります。売上ベースでの目安は、500万円未満であれば10万円、500万円以上1000万円未満は15万円、1000万円以上では20万円程度です。顧問契約を結んで月に1回程度の訪問を受ける場合には、30万円から50万円程度が目安となります。

税理士報酬は自由に決められるため、税理士によって差があります。提示された費用内でどこまでの範囲を頼めるのか確認し、安い場合には、なぜ安いのか理由を見極めることが大切です。税理士に委託した費用は必要経費として計上することができます。

税理士に任せるメリットとデメリット

日頃の仕訳や確定申告などの税務処理を税理士に依頼することには多くのメリットがある反面、デメリットもあります。

税理士に任せるメリット

税理士に記帳や確定申告書の作成を依頼することで、記帳や申告書の作成に掛ける作業時間を本業にあてられることがメリットです。簿記や確定申告に対する知識が全くない人の場合、確定申告に関する作業に相当な時間を必要とします。税理士に依頼することで、徹夜で確定申告書の作成作業を行い、本業に支障をきたすことといった事態を避けられます。

さらに忙しさのあまり、申告期限を過ぎてしまい、延滞税などが生じたりするといったリスクを抑えられることもメリットです。

また、自分で仕訳をして記帳を行っていると、仕訳があっているのか不安になることもあるかもしれません。必要経費に当たらないものを計上していたときには、税務処理で発覚した際などに修正申告を行う必要があり、過少申告税や延滞税などが発生します。税理士に依頼することで、正確な申告ができますし、税務調査が入った場合には、申告内容の説明などのサポートを受けられることが期待できるでしょう。

所得税や消費税の特例はほとんどが申告によるものですので、特例の存在を知らなければ、適用の対象となっていても、気づかないことも起こり得ます。税理士と顧問契約を結んでいると、節税対策などのアドバイスを受けられることも可能です。

売上が増えてきて法人化を考えるタイミングでは、税理士へ確定申告などの税務処理を委託しておいた方が、移行がスムーズに行えます。

税理士に任せるデメリット

一方、税理士に依頼すると、先に挙げたように委託費用が掛かることがデメリットです。ただし、自分で確定申告を行う場合にも、青色申告をするのであれば、会計ソフト購入やクラウドサービスの利用のための費用は必要となります。

税理士へ依頼する場合にも、領収書や請求書など仕訳に必要な書類や、確定申告で提出する社会保険料控除などの証明書類まとめて渡す作業は必要です。税理士と約束した期限までに渡さなければ、期限内の申告は難しくなります。税理士に依頼すれば、確定申告に関連することを何もしなくてよいというわけではないことを理解しておきましょう。

また、税理士に依頼することで、自分では事業のお金の流れを把握しないで済ませがちになることも、デメリットに挙げられます。

税理士に任せるかどうかの基準はどう判断するか

税理士へ依頼するかどうかは、売上が多く、税理士への報酬を無理なく払えることが一番の判断基準です。利益がある程度出て余裕があるのであれば、税務処理はプロに任せた方が、効率よく事業を運営できます。

一方、売上や青色専業専従者になる家族の有無などによっては、税理士に依頼して青色申告するよりも、自分で白色申告をした方が得策というケースもあります。また、売上が多くても、取引件数が少なく、仕訳作業が煩雑でない場合には、会計ソフトがあれば、十分に自分で対応できるケースもあります。

法人に比べると確定申告に関わる業務は比較的平易です。お金の流れを自分自身で把握しておくために、個人事業主のうちは自分でやり、会社を起こしたら税理士に依頼するという考え方もあります。

確定申告(青色申告)を簡単に終わらせる方法

大きな節税メリットがある青色申告。お得であることは分かっていても、「確定申告書の作成は難しいのでは?」という意見も少なくありません。
そこでお勧めしたいのは、確定申告ソフトfreeeの活用です。

ステップに沿って入力するだけ

ステップに沿って入力するだけで、簡単に確定申告が完了します。

STEP1: 基本情報の入力

まずは基本情報の入力です。あなたの事業、事業主であるあなた自身の情報について入力後、青色申告・白色申告のいずれかを選択。提出方法も選択しましょう。

基本情報の入力

事業の基本情報を入力!

STEP2: 申告書作成に必要な情報の入力

次に、確定申告書を作成する際に必要な情報を入力していきます。年度の取引の最終確認を行った後、◯✕形式で22個質問に答えていきます。

まるばつ形式で回答

有料のスタータープラン(月額980円)、スタンダードプラン(月額1980円)は
チャットで確定申告についての質問が可能。
さらに、オプションサービスに申し込むと電話で質問も可能です。

STEP3: 完成!

STEP2で入力した内容を元に確定申告書が完成!


有料のスタータープラン(月額980円)とスタンダードプラン(月額1980円)では作成した書類の確認や出力が可能です。
マイナンバーカードとカードリーダをご用意いただけば、ご自宅からでもすぐに提出が完了するので、税務署に行く手間がかかりません!

※無料プランでは、申告書作成まで可能です。

会計freeeを使うとどれくらいお得?

確定申告ソフトのfreeeは、会計初心者の方からも「本当に簡単に終わった!」との声も多く寄せられています。

また、税理士さんなどに経理を依頼した場合、経理の月額費用は最低でも1万円、確定申告書類の作成は最低でも5万円〜10万円ほど必要です。

いかがでしょう?
確定申告ソフトのfreeeは、ステップに沿って質問に答えるだけで簡単に確定申告を完了することができます。
会計に関する知識がゼロの初心者の方から「本当に簡単に終わった!」との声も多数寄せられています。
確定申告を行うためには、日頃から帳簿をつけたり、必要書類をそろえたりしておく必要があります。しかし、確定申告ソフトを活用すれば、「青色申告をしたかったのに、書類不備で手続きできなかった!」「何度も書き直しで大変だった」という思いをすることは少ないでしょう。
余裕を持って確定申告を迎えるためにも、ぜひ確定申告ソフトの活用をご検討ください。

まとめ

確定申告の作業を自分で行っていて、本業に支障をきたしていないのであれば、税理士に依頼するメリットは薄いかもしれません。仕訳や確定申告を税理士に依頼して、本業に注力しることで、委託費用に見合った収入の増加が見込めるのであれば、依頼する価値があるでしょう。

青色申告ソフト freee


青色申告ソフト freee なら、青色申告対応の決算書が自動で作成できます。是非お試しを!

バックオフィス基礎知識