青色申告承認申請書が
無料で作成できます

青色申告に必要な青色申告承認申請書が無料で作成できます。
開業届など、個人事業主の開業に必要な書類の一括作成にも対応。

今すぐ青色申告承認申請書を作成

青色申告承認申請書の基礎知識

青色申告承認申請書とは

所得税の確定申告には、白色申告と青色申告の二種類があります。白色申告は簡易な形式の確定申告であり、青色申告は、帳簿書類などを揃えて詳細な帳簿付けが必要です。青色申告をすることで、節税のメリットを受けることができますが、青色申告をするためには「青色申告承認申請書」を税務署に提出する必要があります。

青色申告承認申請書の提出期限と提出先

青色申告承認申請書は税務署に提出します(郵送での提出も可能です)。提出期限は青色申告をしようと思った事業年の3月15日までとなります。つまり、2017年度の所得税の青色申告をする場合は、2017年3月15日までに青色申告承認申請書の提出が必要となります

青色申告承認申請書の承認

提出された青色申告承認申請書は税務署長によって承認されることになります。却下する場合はその旨を通知されますが、承認する場合は特に通知はありません。つまり、何も通知されない場合は、青色申告承認申請書が受理され、青色申告が承認されたことになります。

開業に必要な書類を無料で一括作成

STEP1 簡単な質問に答える

簡単な質問に答えるだけで、必要書類を自動で作成することができます。
また、初めて開業する方がつまづきがちな、確定申告の種類も簡単に選べます。納税予定額をシュミレーションし、あなたにぴったりの申告方法をご提示します。

STEP2 書類を確認する

STEP1で記入した内容をもとに、必要書類を自動作成。
ご住所から提出先の税務署も地図付きでご案内します。
書類をプリントアウトしたら、マイナンバーを記入して、判子をおすだけ!

STEP3 書類を提出する

書類の準備が整ったら、あとは提出するだけ。
税務署に直接行く場合も、郵送する場合も、必要な情報はすべてご用意します。
さあ、あなたの事業をすぐにスタートしましょう!

経営コンサルタント・ケニーの開業コラム

初めて開業する方々が抱きがちな疑問に、経営コンサルタントのケニー(純日本人)がお答えします!
これから開業する方もすでに準備を進めている方も、ぜひご一読を。

freeeのサービス紹介

ビジネスを始め、運営し、より強く育てていく。
スモールビジネスの各成長段階をサポートするサービスを提供しています。

会計ソフト freee

クラウド会計ソフトシェアNO.1!*個人事業主から500名規模の法人まで対応。会計の専門知識がなくても、経理をまとめて効率化。

2016年8月株式会社デジタルインファクト調べ

人事労務 freee

入社手続きから給与計算、年末調整までワンストップで対応。シンプルな操作で人事労務を完結。

認定アドバイザー

freee ユーザーのサポートを行うためのスキルを持っている税理士・会計士等の士業の方を「freee 認定アドバイザー」として認定しています。freee対応税理士に相談してみよう。

セキュリティ

全ての情報・通信を暗号化
お客様の個人情報・口座情報・入出金データなど、全てのデータを暗号化して保存。また全ての通信に金融機関レベルの 256bit SSL 通信方式を採用しています。
厳重なデータ保管
国内シェア No.1 の AWS を利用し、お客様のデータを厳重に管理。クラウド上でデータが保管されているので、パソコンの紛失など、物理的なデータ破損の心配はもうありません。
国際認証 TRUSTe 取得
freee は個人情報の扱いについて一定の基準を満たす企業が認定される国際的な認証 TRUSTe を取得しています。
TRUSTe