人事労務トラブルに効率的に備える

クラウド給与計算ソフトシェアNo.1* freee で

人事労務トラブルへの
備えを効率的に

*2016年3月MM総研調べ

導入のご相談はこちら

03-6629-5723

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)

労務トラブルに備えた人事労務体制を整備

会社が成長すると、残業代未払いやメンタルヘルス不調などの労務トラブルが発生しやすくなります。
freeeでは、トラブルを予防しながら、発生時の対応時間を生み出せるよう、効率的に人事労務管理を整えられます。

残業時間や有給休暇管理

残業時間や有給休暇の消化などの管理もリアルタイムに行えるので、労働環境の確認・改善を行いやすくなります。

給与計算を正しく

間違えやすい残業代や社会保険料、所得税など、自動で計算されるのでミスが起こりにくい設計です。

細かい労務管理までカバー

労働基準監督署による調査は、10人以上の企業になると6割の企業が経験 (*) します。freeeは 労務管理全般で穴のない体制の整備をサポートします。
2017年2月 freee実施のインターネット調査より

残業時間・有給休暇管理をリアルタイムに

従業員のメンタルヘルス不調の芽に気づくためにも、残業時間や有給休暇の消化などの管理は重要です。

残業時間・有給休暇管理をサポート

残業時間の管理

登録された勤怠情報は、クラウド上でリアルタイムに反映。残業時間を含む労働時間の管理を月中でも確認できるため、労働環境の改善を行いやすくなります。

有給休暇の付与や残有給日数の管理もできる

有給休暇の付与はもちろん、従業員別の残日数管理も簡単に行えます。
従業員側でも、有給休暇の登録や残日数の確認を行えます。

無料でお試し

給与計算を正しく行なう

正しい給与計算は、正しい人事労務管理に不可欠です。

給与計算を正しく行なう

給与計算と給与明細の作成を自動で

入力された勤怠情報を自動で集計し、給与計算を自動で行います。給与計算後は、給与明細の作成や従業員への共有も簡単です。労働時間や保険料・税額などを含め給与明細をデバイスを問わず確認できます。

標準報酬月額の変更

標準報酬月額の変更

社会保険料の計算のよくある間違いに、標準報酬月額の間違いが挙げられます。一定以上の昇給・降給などがあった際に標準報酬月額を変更する必要があるものです。freeeでは、標準報酬月額の変更に必要な「月額変更届」の作成から、届け出後の給与計算への反映も簡単に行えます。

保険料率・税率の変更

保険料率・税率の変更

毎年のように発生する保険料率や税率の変更は、情報収集にも計算への反映にもコストがかかります。freeeは、保険料率・税率の変更を自動で反映するので、計算ミスを減らします。

労務管理体制を整える

給与計算以外にも必要な労務管理業務を、freeeでカバーできます。

法定三帳簿の作成

賃金台帳・労働者名簿・出勤簿からなる法定三帳簿は、法律で作成・保存が義務づけられています。freeeでは、普段の給与計算を行なうだけで、法定三帳簿を自動で作成・更新することができます。

就業規則の作成・周知

従業員10名以上の事業所では、就業規則を作成し、届け出を行った上で事業所に備え付け・周知を行なう必要があります。
freeeでは、社労士監修の就業規則テンプレートと作成マニュアルを提供しています。freeeと一緒に使用することでより一層効果的に労務管理を行えます。

迷ったらすぐに聞ける、万全のサポート

相談しにくい人事労務の相談も、freeeにおまかせ。
人事労務 freee の使い方から、基本的な人事労務に関する質問まで親身にお答えします。

チャットサポート

疑問はチャットですぐに解決

メールサポート

大量の質問も丁寧に回答

ヘルプページ

使い方や給与知識をご紹介。ヘルプページはこちら

無料でお試し

給与計算の基礎知識

人事労務 freeeの無料お試し・導入ご相談

人事労務 freeeでは、30日間無料で、給与計算・労務管理の効率化をお試しいただけます。
「何から始めればいいかわからない」や「従業員が増えてきて労務管理の対応を考えたい」
といった場合にも、まずはお気軽にご相談ください。

03-6629-5723

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)