社会保険の定時改定・
算定基礎届の作成をかんたんに

人事労務 freee (フリー) なら
社会保険の定時改定に必要な算定基礎届を簡単に作成できます。

算定基礎届の作成が freee なら簡単に

定時決定に必要な算定基礎届を簡単に作成。定時決定の対象者に絞って、算定基礎届を出力できます。
年金事務所用と健康保険組合用の両形式に対応。

社会保険の計算も月額変更届の計算も
まとめて 人事労務 freeeで

社会保険料を自動計算

給与額や従業員の年齢などにもとづいて健康保険料や厚生年金保険料、介護保険料を自動で計算できます。

>> 関連ページ: 社会保険料の計算

保険料率改定も自動対応

毎年変わる保険料率にも自動で対応(平成29年4月からの雇用保険料率引き下げにも対応)。料率改定のためのインストールや追加料金などは発生しません。

算定基礎届に加えて月額変更届も

社会保険料は、料率改定以外にも、定時決定や随時改定などの手続きが必要です。freeeでは、各手続きに必要な算定基礎届や月額変更届、賃金台帳をかんたんに作成できます。

社会保険に加えて、給与計算全体をラクに

freeeなら、社会保険料以外の給与計算や関連業務も効率化。間違いも手間も減らします。

残業代・有給休暇の計算
freeeで勤怠管理を行なうと、自動で欠勤や残業、 有給休暇を給与計算に反映します
給与計算
社会保険料や雇用保険料、所得税や住民税をまとめて自動計算します。
社会保険の計算
社会保険の料率変更や保険料の計算を自動で行います。
月額変更届や算定基礎届の作成も可能です。
社会保険の加入書類の作成
社会保険の加入に必要な健康保険・厚生年金保険被保険者資格取得届を簡単に作成できます。
雇用保険料の計算
雇用保険の料率変更や保険料の計算を自動で行います。
給与明細の作成・共有
給与明細の作成も1クリックで。従業員が明細をオンラインで確認できます。

1 定時決定と算定基礎届とは?

社会保険料は、給与額をもとに定められた「標準報酬月額」にもとづいて計算されます。
実際の給与額と標準報酬月額に大きく差が発生しないよう、
毎年7月にその年の4月〜6月の給与額から、標準報酬月額を定めます。

これを定時決定といい、給与額を知らせるものとして算定基礎届を作成し提出します。
定時決定で定められた標準報酬月額は、原則としてその年の9月から翌年8月まで1年間適用されます。

2 定時決定の対象

定時決定の対象となる従業員
定時決定の対象は、7月1日時点でのすべての被保険者となります。
正社員・アルバイトなどの雇用形態は問わず、
病気で欠勤中や長期休職中、介護休業を取得中の従業員も含みます。
定時決定の対象とならない従業員
以下の従業員は、定時決定の対象とならないことに注意してください。
  • 6月1日以降に被保険者になった従業員 (*)
  • 6月30日以前に退職した従業員
  • 7月随時改定で月額変更届を提出する従業員
(*) 資格取得時に翌年8月までの標準報酬月額が決定されているため

3 算定基礎届の作成・提出

算定基礎届の作成
以下の書類を作成し、7月1日から7月10日までの期間に提出する必要があります。

  • 被保険者報酬月額算定基礎届
  • 被保険者報酬月額算定基礎届 総括表
  • 被保険者報酬月額算定基礎届 総括表附表(雇用に関する調査票)
算定基礎届の提出先
加入する健康保険にあった窓口に提出します。
  • 協会けんぽに加入している場合、年金事務所に提出
  • 健康保険組合にに加入している場合、年金事務所と健康保険組合に提出

社会保険料の計算に関する基礎知識

人事労務 freeeの無料お試し・導入ご相談

人事労務 freeeでは、30日間無料で、給与計算・労務管理の効率化をお試しいただけます。
「何から始めればいいかわからない」や「従業員が増えてきて労務管理の対応を考えたい」
といった場合にも、まずはお気軽にご相談ください。

03-6629-5723

(平日10:00-12:00, 13:00-18:00)